博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

満潮時にたまたま御笠川で採れたタダのカニエサの代償はいかに?

更新日:

実は明日の8月10日の土曜日に北九州まで出向いて、弟と昨年弟が毎週のように釣りまくった50~68センチのアラを狙いに行く予定にしています。

なので、今日は散歩がてら夕方から御笠川河口の中央埠頭に行って、海を眺めながら釣りをするつもりはありませんでした。

中央埠頭の金網のそばには、スズキ釣りの鉄人がいることに驚きました!

以前はブラックの日産セレナにで釣り場に来られていたんですが、軽自動車に変わったみたいで、背筋を伸ばして余裕で釣り場に立つ姿ですぐに分かりました。

基本的に、年中スズキ狙いというのが潔くて、感心してしまいます。

チップヤードでは、バイトがなかったのか、アングラーがロッドをたたんでいました。

 

このポイントは、河口域でクルマ横付けでルアーが投げられるために、ルアーマンのマストポイントにもなっています。

 

スポンサードリンク



御笠川の河口でウナギを釣っている方がいるかどうか確かめに行きました!

丁度満潮時ですし、明日から3連休なのでウナギ釣りに来ている方がいるのでは?と思い、エサの岩ガニが採れる場所に行きました。

 

釣り人はいませんでしたが、なぜかすばしっこいカニが地面をウロウロしていました。

 

エサを採るつもりではなかったのですが、カニを見ると捕まえてしまいたくなるのです。^^;

 

釣具のポイントなどで「岩ガニ」として売られているヒライソガニとは違い、まるでフナムシの様なスピードで逃げ去るカニを4匹捕まえることが出来ました。

 

キシリトールガムのボトルに入れて、東浜に向かうこととしました。

スポンサードリンク



イチかバチかのカニエサ!!??

何度も記事に書きましたが、私は基本的にチヌを狙っているわけではないので、カニエサやカラス貝を使うことはあまりありません。

理由は、チヌやキビレ以外の魚のアタリがほぼほぼ…ないからです。

ただでさえ気が短いのに、アタリすらないことが我慢ならないのです。

でも今日は、もともと釣りをするつもりもなかったのですが、すばしっこいカニがたまたま採れたので、東浜で竿を出すことにしたんです。

逆L字型の波止の付け根にはウキ釣りをしている釣り人がおられました。

カニのサイズに合わせてハリをチョイス。

すばしっこくて、甲羅が柔らかいカニにハリを刺しました。

丁度夕日がキレイな時間帯で、釣りは二の次です。^^;

こういう時間帯に竿が出せることに感謝です!

タダのエサの代償はアタリすらないことでした!

台風8号が通過して、海もコンデションが上がったかな?と思いきや、そうではありませんでした。

 

どこをどう探っても、アタリは皆無。(笑)

 

 

中国からのフェリーは博多湾の湾奥で夕方から竿を出す釣り人にとっては全く珍しくない存在です。

 

このポイントから、クルマを止めたポイントまで1メートルピッチで攻めましたが、アタリは皆無。

満潮時にタダで採れたすばしっこいカニの効果もなく、アタリすらない完全ボウズで今日は納竿です。

本当はボウズの記事など書きたくないのですが、これもまた必要かと思います。

 

4匹捕まえたカニのうち、結局ハリに刺したのは1匹だけ!

 

アタリがないときは、1匹のカニですらそのまんまなんです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.