博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物 食べもの

尺カサゴ(アラカブ)を目標に少し仕掛けにアドリブを加えて竿を出した博多の釣りバカ

投稿日:

「最近よく行く釣り場」に行くことになった私たちは、いつもの通り現地集合・現地解散で、集まる時間なども全く決めていません。

真っ暗になってからしかアラカブもメバルもほとんどアタリすらないので、それに見合った時間に各々勝手に集まると云う感じです。

私は最近ここに行くときは、昨年の大みそかに吉塚のワークマンplusで買った長靴を履くようにしています。

水が溜まっているところをジャブジャブと歩き回ることが出来るからです。

今日は、ガチで尺カサゴ(アラカブ)を狙おうと思って仕掛けにアドリブを加えました。

いつもはパチンコ玉ぐらいのウォーターグレムリンをハリ上3~4センチぐらいのところに噛ますのですが、今日は少しだけアレンジして3Bぐらいのシンカーをハリから8センチほど離れた場所に噛ませました。

初心者の方は分かりづらいはずですが、たったこの違いは数万円の竿やリールを釣り場で替える以上に効果が違ってきます。

たったこれだけのことですが、ヘチで狙うカサゴ(アラカブ)は、簡単そうで簡単に次々に釣れる魚でもないのです。

しかるべきタックル・しかるべく仕掛けとエサをで適当に釣っても1~2匹は釣れますが、それ以上を望むとなるとひと工夫が必要なのです。

スポンサードリンク



1投目に釣れたのは元気の良い26センチぐらいのアラカブでした!

タックルも持たずに来たK君と喋りながら本日最初に釣り上げたのは、26センチぐらいのお持ち帰りOK!なアラカブでした。

海底付近でいきなりガツン!とアタリ、沖に向かって走るので、クロかメイタかな?と思っていたら、やっぱりアラカブでしたが、こんな引き方をするのは実に珍しいパターンです。

最初の1匹目からお目当てのお持ち帰りできるサイズのアラカブが釣れて、気がラクになりました。

そうこうしていると、次に釣れたのがこちらのムラソイ。

アラカブよりも薄汚い色をしていますが、なかなか可愛いヤツです。

少しづつ移動しながら釣り進みますと、海底付近で竿先がガクンガクン・・するアタリがあり、瞬時待ってアワセを遅らせますと、底付近でグイグイと引く魚が掛かりました。

アラカブが立った状態で撮影しましたが、このアラカブも25センチは超えているお持ち帰りOKサイズです。

その後20センチぐらいのアラカブと15センチほどのムラソイを追加。

海底でかなりの良型の魚を2回ほどバラしました。

そうこうしているうちに、本日これまで一番よく引く魚が掛かりました。

尺はありませんが、後で計ると28センチのアラカブでした。

ここで、これまで釣って水汲みバケツに入れていた魚をバッカンに移しました。

この時点ではアラカブ5匹とムラソイ2匹しか釣れておらず、メバルは全く釣れていませんが、お持ち帰りできるアラカブが3匹釣れたので、上出来と言わざるを得ません。

スポンサードリンク



お持ち帰りの魚が早々釣れたので緊張感がなくなった!

釣り始めてからおよそ1時間ぐらいで、お持ち帰り可能な25センチオーバーのアラカブが3匹釣れたので、一気にテンションが下がりました。(笑)

あとは良型のメバルと、尺超えのアラカブを狙うのみしか目標がありません。

その様な中、本日初めてのメバルが釣れました。

16センチぐらいのリリースサイズのメバルです。

海底付近でガツンというアタリがあり、竿先が曲がったままなのでアワセを入れると、釣れ上がったのがこちら。

23センチぐらいのタケノコメバルで、アベレージ以下のサイズです。

そんな中、H君が小さなイシガニを釣ったと見せに来てくれました。

角度的に腕が1本ないようにも見えますが、チャンと両腕が揃っているマジでチッせ~イシガニでした。

またしてもリリースサイズのメバルが底付近でアタリました。

そうこうしているとまたしても底付近でアタリがあり、アラカブかと思いきや、まさに25センチぐらいのレギュラーサイズのタケノコメバルが釣れました。

大きなアラカブが釣れそうな気配もなく、メバルも小さいサイズばかりで、この時点で気分的に納竿です。

スポンサードリンク



尺カサゴ狙いが上手なKさんは息子さんと後から来ました!

釣りに来ると言って来ていなかった小郡市在住のKさんは、私たち3人より随分遅れて息子さんと来たようです。

メバルと、タケノコメバルを水汲みバケツに入れていた私はバッカンのがあるところに戻りますと、K君がH君のタックルて釣っていました。(笑)

私がバッカンにメバルやタケノコメバルを入れたときにK君が釣っている竿が大きく曲がりました。

28センチの元気なタケノコメバルです。

K君が釣った28センチのタケノコメバルも加えると、バッカンの中が賑やかになりました。

タケノコメバルやムラソイは基本的にリリースですし、メバルも小さいのでリリースです。

遅れて来たKさんのバッカンの中は、尺近いアラカブと35センチぐらいのセイゴなどが入っていました。

必ず大物のアラカブを釣り上げるKさんはアラカブ狙いに関しては、独特の感性があるのではないか?と思ってしまいます。

それはともかく、お持ち帰りの魚がキープできただけでも「来た甲斐」がありました。

スポンサードリンク



持ち帰った2匹のアラカブの我が家での料理

私は28センチと26センチのアラカブを2匹だけ持ち帰ることにしました。

で、翌日の日曜日の夕飯に出てきたのが、こちらのアラカブの刺身とみそ汁です。

刺身は、2匹のうち1匹分を使って作ったそうです。

私はアラカブのみそ汁を作ってもらいました。

頭の部分を食べるのが好きです。

妻はみそ汁ではなく、そのままお湯でゆがいて、ポン酢で食べるそうです。

私のみそ汁にも、柚子胡椒がかなり入っていて風味抜群ですが、妻もポン酢に柚子胡椒を入れて食べると美味しかったとのこと。

自分で釣ったアラカブが食卓に並ぶと嬉しさもひとしおです。

手間暇かけて作ってくれる妻に感謝です。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物, 食べもの
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.