博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

中央埠頭でワームとジグヘッドをもらった博多の釣りバカ

投稿日:

6時前ぐらいに中央埠頭の御笠川沿いに向かいますと、ほぼ同時に着いたルアーマンの青年がいました。

少し肌寒いのですが、風がないので、それほど体感温度は低くはありませんでした。

まだ、こげん明るいのに、釣れるとかいな?と思いつつも、私にはまだ早い時間なので、おもむろにルアーマンの青年を見ながら、仕掛けを作っていますと、竿がグイッ!と曲がっているではありませんか!!!

50センチぐらいのフッコがフックに掛かっていたんですが、目の前でバレてしまいました。(涙)

「惜しかったね~!!」と私が叫ぶと、彼は苦笑い。

「こげな明るいうちから、バイトするっちゃね~!?」と、言いつつ彼が使っているワームとジグヘッドを見せていただきました。


ルアーマンの青年は、コアマンのナントカカントカ…だと申していましたし、ジグヘッドは9gが良いですよ~!と言って下さったのです。

「いかにも釣れそうな、ジグヘッドとワームやね~!!」と私が、見惚れていると、「使ってみてください!!」と云って、私にジグヘッドとワームを下さいました。

実に有難いのですが、これからヘチ釣りをする私がワームとジグヘッドを頂いても、あまりというか全く意味もないような気もしました。

だからと言って、「こげなと、いらん!!」と彼に突き返すのも、これまた失礼の極み。

「こんど使わせてもらうね~!」と云って、ありがたくワーム+ジグヘッドを頂きました。

スポンサードリンク



ルアーマンの青年が40センチぐらいのセイゴを釣っているのが見えた!

私も仕掛けを作り、まだ釣れないと分かっていながら、することもないのでおもむろに離れた場所で竿を出しました。

ルアーマンの青年も、ランガンを繰り返していました。

ヘチ釣りとは全く違ったスピードで、ドンドン…竿を振るポイントを変えています。

私は、明るい時間帯ですし、6時30分前ですので、まるでアタリなし!!

そうこうしていると、遠くの立ち入り禁止の柵の前で、ルアーマンの青年が、遠目で見ても40センチぐらいのセイゴを釣り上げているのが分かりました。

私のアタリは皆無の中、彼はひたすらランガン!!

彼がいる方へ仕掛けを落としては上げ、少し歩いては仕掛けを落とし込んでいると、いよいよ6時半ぐらいとなりました。

これからやん!!と思っていたら、ルアーマンの青年は、「それでは、失礼します!」とあいさつをして、帰ってしまいました。

スポンサードリンク



ルアーシーバスの良い時間帯とヘチ釣りの良い時間帯は違うのか?

私が不思議だったのが、シーバスにせよこれからやろう???という時間帯に、彼がソソクサと帰ってしまったことです。

何か用事があったのかもしれません。^^;

今日の初めての獲物は、6時45分ぐらい釣れたこちら。

日が長くなり、メバルにスイッチが入る時間帯が徐々に遅くなっています。

しかも、今日はここ数回このポイントで竿出した中でも最低の食い渋り。

急激に寒くなり、雨も降ったせいで、海水温が下がっていることは間違いありません。

たったこれだけのことで、魚の食いが悪くなるから、これまた不思議です。

1ヒロ・・:・・アタリ・・ほとんどなし。
2ヒロ・・・・アタリ・・ほとんどなし。
3ピロ・・・アタリ・・ほぼ皆無。

それにしても、今日は食いが渋すぎます。

終わりに

今日は2時間近く竿を出して、たったのこれだけの釣果です。

浅いタナには、小メバルはほぼいませんでした。

ですが、20センチぐらいのチーバスが2匹釣れたのはここ最近では珍しいこと。

三寒四温と申します。

今日は肌寒くて釣れませんでしたが、次が分からないのが釣りです。

竿を出さないことには、分かることも分かりません。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.