博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

忘備録 福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識

春の冷たい強風が吹き荒れる博多湾でエサ釣りをしている釣り人は皆無

投稿日:

天気が良いのに冷たい強風が午前中から吹き荒れていました。

夕方になれば、冷たい強風もおさまるだろうと思っていましたが、さにあらず。

竿を出せるかどうかも分からないので、エサも改めて買いなおすことはせずに、夕方5時過ぎから箱崎埠頭に向かいました。

1091号のフロントガラスが何かしら汚れていると思いきや、今日の福岡では今年初の黄砂の飛来を観測したとのことです。

古来からとはいえ、中国からは昨今PM2.5などロクでもないものしか飛んでこないが事実です。

スポンサードリンク



釣り人が誰もいない箱崎バナナ

まずは、箱崎バナナに行きました。

土曜日だというのに、釣り人は誰一人いません。

画像では分かりにくいのですが、白波が立っていて、波がうねっています。

今日は、中潮で17時32分がド干潮で、その後上げ潮に転じます。

根魚狙いには悪くはない潮回りですが、この強風では釣りになりません。

しかも、先週と同じく、一番のポイントになぜか2隻の船が連なるように停泊しています。

スポンサードリンク



ポートオブハカタや東洋水産前の護岸も釣り人は皆無

箱崎バナナからポートオブハカタに向かいました。

さすがに冷たい強風が吹き荒れる海辺では、釣り人どころか海を眺めに来ている方もいません。

旧はやと丸岸壁こと東洋水産前の護岸も釣り人が皆無。

博多湾きっての釣り人が多い所で、釣り人が誰一人いないというのがすべてを物語っています。

たいして釣れもしないし、この強風では竿を出すだけアホらしいと・・・。

スポンサードリンク



中央埠頭のチップヤード前にはルアーマンがいました!

中央埠頭のチップヤード付近に行くこととしました。

ド干潮ぐらいで、橋の橋脚めがけてルアーを投げているルアーマンがおられました。

自転車で来られて、ルアーを投げている私と年齢が変わらないルアーマンもおられました。

さらに、橋脚を狙いやすいいつもの場所にもルアーマンがいました。

ルアーはロストしない限り、生き餌のように腐って使い物にならなくなることはないため、このような悪天候でも竿を出している方が案外いるものです。

ルアーフィッシングはいつでも、どこでもすぐにリサーチできるのが魅力ではありますが、その分難易度が非常に高くなります。

スポンサードリンク



タックルベリーも私一人でした!

驚いたことに、夕方の7時ぐらいにタックルベリーに寄ったのですが、駐車場に車は1台もなく、私がお店を出るまでは貸し切り状態でした。

今日も福岡ではコロナの新規感染者が2654人出ていますが、まんえん防止措置は3月6日で終了とのこと。

いま現在、多くの国民の一番の関心事は、ウクライナ情勢ではないかと思います。

常軌を逸したプーチン大統領の言動に世界中からの非難と経済制裁が拡大していますが、このような中、ロシアに賛同したり、ロケットを打ったりする国もあるのです。

ロシアにも中国にも北朝鮮にも地政学的にも近い日本は、ヨーロッパに近いウクライナのような支援は皆無だと思った場合、今のような国防でよいのかどうかを考え直す機会なのではないかと思います。

良いワケないのに、「平和ボケ」を貫こうとする連中がたくさんいます。

さらには、国連は一度廃止してある国たち抜きで新たに組織を作らないと、SDGSなんて謳ったところで常任理事国であるロシアが今回こんな大惨事を起こしていることを鑑みると、まるで整合性のかけらすらありません。

「強制的な退場」が当たり前でしょうし、このような平気で武力行使をする国を支援する国も「退場」が当たり前ではないかと思います。

これまでこんなことすらできなかった組織の存在意義にも、大いに問題があるのではないかと思います。

今回のロシアのウクライナ侵攻を見る限り、国連なんていると?と思った方は多いのではないでしょうか?

国連憲章の有名無実化を実践している国の指導者には、もう一度国連憲章をよくよく読んでいただきたいと思います。

100%読まないと思いますし、読んだところで舌打ちして終わりでしょうけど。

スポンサードリンク






-忘備録, 福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.