博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

赤潮のせいで予想通りの生命反応すらない博多湾の湾奥での悲惨な釣行

投稿日:

青潮やら赤潮の情報が出回っている博多湾の湾奥です。

だからと云って、志賀島方面や奈多漁港や新宮漁港に行って、湾奥の御三家(メイタ~チヌ、セイゴ~スズキ、メバル)を狙うのもどうなんだか?と思いつつ、いつも通りの場所で竿を出すことにしました。

6時半ぐらいに自宅近所のキャスティングでアオムシを購入して、そのまま須崎埠頭に向かうことにしました。

小郡のKさんと西戸崎のK君が長浜市場の対面の須崎埠頭で、ウキ釣りでシーバスを狙うとのことなので、挨拶がてら少し釣りの話をして、同じ須崎埠頭の他の場所で落とし込み釣りをしようと思ったのです。

スポンサードリンク



釣り談義をしてからの竿出し

須崎埠頭の長浜市場の対岸に顔を出しますと、KさんとK君が既に竿をセットしていました。

Kさんは、磯竿でのウキ仕掛け以外にアジングロッドの置き竿にエサを付けて既に既に釣り開始。

K君は仕掛けは作ってあるものの、まだハリにエサを付けないで、暗くなって時間が来るまで待機状態でした。

ここで私も落とし込み用のタックルで仕掛けを作り、お二人に挨拶して、須崎埠頭の少し離れたポイントで竿を出すことにしました。

スポンサードリンク



フェリー対州のポイントはまるで無反応

フェリー対州の近くに行きますと、奥さんとお子さん連れの方が磯竿を2本と置き竿を2本出して、レジャーシートを敷いて食事をしていました。

行楽地は人が集まるので、こういう場所で三密を避けての夕涼みがてらのファミリーフィッシングみたいです。

ご家族連れの邪魔にならないように、離れたところで竿出し。

海を見る限り、先週の様にワタリガニが泳いでいるということもありませんし、若干期待が持てたのですが、竿を出して探るもののまるでアタリがありません。(涙)

ボラが飛び跳ねているわけでもなく、ベイトフィッシュが泳いでいるわけでもなく、風がないので海面が湖の湖面の様に静かです。

暫く探りましたが、まるっきり生命反応がないために、場所を移動することにしました。

スポンサードリンク



長浜のマンション裏などで竿を出してみました!

長浜のマンション裏で竿を出すことにしました。

ガードレールがあるポイントで竿を出しましたが、アタリが皆無。

しばらくその付近を探りましたがアタリがないために、九州製氷の付近を探りました。

まるっきり生命反応なし。(涙)

海面を見ますと、バチも泳いでいませんし、小魚も全くいません。

丁度9時ぐらいに、仕掛けを切って納竿することにしました。

クルマの中から長浜市場の前で竿を出しているK君に状況を尋ねると、まるでアタリがないのでKさんと中央埠頭に移動しているとのこと。

私がK君と電話をしている時に、Kさんが置き竿でメイタが釣れたというので、帰り道に中央埠頭に寄ることにしました。

スポンサードリンク



中央埠頭ではY君も竿出ししていました!

私が中央埠頭に着いた頃にはメイタはとっくにリリースされ、釣れたメイタの写真が帰宅後にLINEで送られてきました。

置き竿で釣れたとは言え、値千金のメイタです。

結局K君は、私と同じく一度もアタリがないままだったようですし、まだ粘ると言って釣り続けていたY君も私がクルマに乗り込むまでは、さっぱりアタリがないとぼやいていました。

ただでさえ例年と比べると釣果がイマイチみたいな博多湾ですので、せめてメイタ~チヌやセイゴ~スズキが散発的なりと釣れる博多湾に回復してほしいものです。

私の中ではボウズを食らうことは「想定内」でしたので、全くアタリがないボウズでも、落胆することはありませんでした。

明日は、博多湾のどこで竿を出そうかなぁ~??などと考えています。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.