博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

荒津オイルセンターへのメバル狙いは綺麗な夕陽と猫たちに癒された!

投稿日:

夕方から釣りに行く前に、博多区上牟田の老夫婦がやっている八百屋に寄りました。

この店のお目当ては、野菜や果物やお漬物ではございません。^^;

ズバリ、申し上げますと、店頭にいるネコちゃんたちに逢いに行っているようなものなのです。

猫ちゃんたちをナデナデするだけですと、にゃんとも申し分けないので、今日もミカンを買いましたバイ!

全部で5匹いるそうなんですが、まだ4匹しか確認していません。

また、このお店に行くようになったのは、近くにある100円の飲料水の自販機に釣りに行く際に寄っていたからです。

今どき100円のワンコインで買える自販機はありがたく、中に入っている飲料水はある意味「戦力外通告」を受けたような怪しい飲み物も多いのが逆に魅力なんです。(少し変態ですか?)

今日はこちらを選びました。

上手いか不味いかなんて・・・、書けませんが、「微妙」とだけ謹んで申し上げときます。^^;

スポンサードリンク



荒津オイルセンター釣り場散策

博多湾フェチであれば、荒津オイルセンターのこの場所で竿を出してみたいと思うのが釣り人としての性ではないかと思います。

荒津大橋の橋げたに向かって福岡造船から1本伸びている防波堤です。

たまたま壁際の扉が開いていたので、中を撮影させてもらいますと、こんな感じなのです。

時期が時期なら、メイタ~チヌ、セイゴ~スズキ、メバル、タケノコメバルなどがビシバシ…釣れそうな雰囲気がプンプンですが、いかんせん立ち入り禁止です。

沖防に渡るよりも、こちらの方が釣果が堅いかも?(爆)

先端のストラクチャー回りでは、二人の方がウキ釣りをされていました。

排水溝回りでは、娘さんと思しき女性にサビキ釣りを教えている方がおられました。

更に、先端の角ではヘチ竿で20センチぐらいのクロを釣りに自転車で来られている近隣の方もおられましたし、テトラがある部分では親子連れの方がウキで何かを狙っていました。

後はルアーマンが2名ぐらいいました。

土曜日だというのに、水温が下がり、釣果も芳しくはなく、釣り人も7~10月に比べるとかなり少ないような気が致します。

スポンサードリンク



目指す西側の防波堤にはルアーマンの青年が二人いた!

最近は日が沈むのが早く、5時半ぐらいには薄暗くなりますし、今日はその時間ぐらいがド干潮ですので、切り返しを狙ってみようと荒津オイルセンターの一番西側の小さな波止でメバルを狙うこととしました。

既に二人の青年がルアーを投げています。

お互いバッティングする釣り方でもターゲットでもないので、気にはなりませんが、近くてメタルバイブやメタルジグを振り回されるのは、結構えずいです。

堤防の横の壁際に入れ食い号を止めて仕掛けを作っていると、人に馴れている猫が2匹登場。

黒のやや小さい猫が人懐っこく、尻尾を立てて甘えてきますが、あいにく食い物はミカンしかありません。

「今から魚ば釣るけん、待っときやい!」と声をかけると、本当に波止まで付いてきました。

この時間帯ぐらいからのこの周辺部の景色は実に癒されます。

刻々と暗くなりますし、暗くならないとお目当ての魚たちが出てきません。

猫たちの待ち伏せに驚いた博多の釣りバカ!

だんだん薄暗くなってきたので、もうそろそろメバルかセイゴでも食うのでは?と、エサのついたハリを落としますと、何もアタリません。^^;

夕マズメはダメなのか?と完全に薄暗くなるのを待っていると、私の後ろで待っていた猫たちがいつの間にかいなくなりました。

それから30分ぐらい経った6時15分ぐらいに初のアタリがあり、メバルが釣れました。

すると、私の後ろから猫の声が!!

いなくなったと思っていたら、しっかり私が魚を釣るのを監視していたようなのです。^^;

まずは、体が小さい黒い猫にメバルと1匹。

もう1匹釣って少し体の大きなシャムネコにメバルをプレゼントすると、2匹ともいなくなりました。

3匹目が釣れても猫たちは戻ってきません。

そうこうしているうちに先端でルアーを投げている青年たちに45センチのシーバスが釣れたようで、「2か月ぶりの獲物やけんすごく嬉しいです!」という言葉が印象的でした。

思ったよりはメバルは少なく、もしかしたらと淡い期待をしていたアラカブは気配すらありません。

ゆっくりとテクトロをすると、カスタムメイドの竿を絞り込む引きがあり、反射的にアワセを入れますと、グイグイと鋭角的な引きが!

メバルやアラカブでないのは分かりますが、犯人はこちらでした。

手の平+尻尾のクロです。

散発的にメバルが非常に退屈する程度に釣れまして、この場所を諦めることとしました。

このポイントでの釣果は、こちらの写真プラス猫にあげたメバル2匹の残念な釣果です。

まだエサが余っていますので、早々に釣れない場所を切り上げて他の場所で竿を出したほうが賢明だと考えました。

ですが、荒津オイルセンターへのメバル狙いは綺麗な夕陽と猫たちに癒されました。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, , ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.