博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

昼飯にリンガーハットに行って夕方から中央埠頭にシーバスを狙いに行った博多の釣りバカ

投稿日:

毎週土曜日は、「妻が近所で食べたい昼飯を私が奢る」といういつの間にやらできてしまった我が家のルールがあります。

で、昨日の土曜日は妻に用事があり、やれやれ・・と思いきや、日曜日の今日に二人で昼飯を食べに行くこととなりました。

妻に行きたいところを尋ねますと、「リンガーハットの秋の彩ちゃんぽん」が食べたい・・とのこと。

ネットで調べますと、リンガーハットグループ創業60周年記念メニュー第2弾となる「秋の彩りちゃんぽん(価格:890円)」とありました。

秋の彩ちゃんぽんは、どんな・・ちゃんぽんなのか・・・公式サイトを拝読しました。

酸味と辛みのバランスがよい酸辣湯スープ

酸味と辛みをバランスよく合わせた、リンガーハット自慢の国産野菜を最後まで美味しく食べることができる、旨味たっぷりのとろみのある酸辣湯スープです。程よく食べやすい酸味と辛さですので、卓上の酢やラー油、胡椒を入れ、自分好みの味で楽しんでください。

高栄養価のケールや、彩り豊かな国産野菜をたっぷり使用

通常のちゃんぽんでも使用している野菜に、赤パプリカやカボチャ、ミニトマト、コーン、小松菜と、彩り豊かな野菜を加え、たっぷりの国産野菜を使用しています。カルシウム、β-カロテン、ビタミンCなどを多く含み栄養価の高いケールも使用しています。
※使用する野菜は変更になる場合があります。
※沖縄県の店舗のみケールの代わりにゴーヤを使用します。

酸味と云う時点で、私はいつも通りのちゃんぽんにしました。

秋の彩ちゃんぽんは、スープらしいものもないような不思議なちゃんぽんでした。

妻は、「美味しい!」と喜んで食べていました。

スポンサードリンク



シーバスハンターになるべく岩ガニを多めに準備した博多の釣りバカ

昨日は、岩ガニのエサにシーバスの反応がかなり良かったので、今日は多めに岩ガニを持参することとしました。

これだけの岩ガニがあれば、かなりの数のシーバスが狙えるのでは?と思いつつ3日連続で中央埠頭で竿を出すこととしました。

今日の博多湾の潮は、昨日と同じ大潮で、干潮が15時32分で満潮が21時40分と、ド干潮からの切り返しを狙ってみることとしました。

まだまだ明るい時間帯ですので、ほとんどアタリがなくても、我慢することは簡単でした。

そのうち、チヌのアタリでもあるのでは?と思いつつ、竿を出していましたが、恐ろしくなるほどアタリがありません。

だからと云って他の場所に移動する気にもなれません。

なぜならば、私の経験上、こういう時は、場所を変えても「納得できる釣果」を得ることはかなり難しいのです。

スポンサードリンク



小郡市在住のKさんがチヌを2枚釣った!

そうこうしていると、小郡市在住の私と同じ年のKさんが登場しました。

アタリがない中、しばらくしてKさんは46センチのチヌを釣ったみたいです。

なんでも、かなり深いタナで当たったとのこと。

しばらくして再びKさんの竿が曲がっています。

Kさんが釣った2匹目のチヌは、丁度40センチぐらいだったとのこと。

後から来たKさんがチヌを2枚釣った時点で、私はまだ何も釣れていません。

小郡市から高速道路でやってくるKさんですから、私なりにチヌが釣れるであろう場所には近づきませんでしたし、竿を出すことも今日に限ってはしませんでした。

にしても、今日は、昨日や一昨日と比べると身の毛がよだつほどアタリがありません。

せっかく岩ガニを多めに持ってきた挙句がこの有様です。

海は本当に分からないものです。

スポンサードリンク



53センチのシーバスがやっと釣れてボウズを免れた博多の釣りバカ

だんだん薄暗くなる中、ハリに刺したカニを落とし込みますと、竿先に本日初の魚の反応がありました。

慌てないように、魚にカニエサを十分食べさせたタイミングで竿を跳ね上げました。

竿先が海水面に引き込まれるように曲がって、魚の引きでリールを挟んでいる右手の親指を離してミチイトを出しました。

しばらくやり取りして、タモで掬ったのがこちらです。

タモ枠は55センチですから、限りなく55センチぐらいのシーバスですが、メジャーを当てると、53センチでした。

その後しばらく探りましたが、まるでアタリの「ア」の字もありません。

Kさんは、あまりのアタリの少なさに東浜の砂山に行くと言い始めました。

私はこの場所で、納竿まで竿を出すこととしました。

しかし、全くアタリがありません。

ストリンガーに掛けておいた53センチのシーバスをリリース。

納竿して、東浜で竿を出しているKさんの様子を見に行きました。

やはり、アタリがないそうです。

Kさんが納竿して、岩ガニをもらうこととしました。

にしても、昨日とは全く異なる状況でした。

海はまさに生き物で、昨日と同じことは有り得ないということです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.