博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

気になること 気になるモノ 福岡市近郊の海釣り

明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレー の威力に驚きました!

投稿日:


今回エギを入れるケースのファスナーが動かなくなり、エギを取り出すためにはカッターで切り裂くしか方法はないのか?と考えました。
ペンチでファスナーを引っ張っても、びくともしないんです。

 
そのような時にクローゼットに入れっぱなしにしておいた明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレー を思い出して使ってみたんです。
 

 
その結果は驚くべきものでした!!
 
永く海釣りをしていますと、釣り道具のファスナーが全く動かなくなることが多いものです。
 
潮風に晒されたり、塩水をかぶったり、それに加えて経年劣化も否めません。^^;
 
私自身もロッドケースやフィッシングバッグはもちろん、バッカン、ウエストバッグ、水汲みバケツ、フローティングベスト・・・等々に至るまで、ファスナーが全く動かなくなった経験が多々あります。
 
最悪なのが、リール付きのロッドが入ったロッドケースのファスナーがニッチモサッチモ動かなくなったり、かなり値がはるウキなどがギッシリ入ったタックルを入れるフィッシングバックなどのファスナーが全く動かなくなった時です。
 
冗談抜きで、カッターでロッドケースを切り裂いたこともあるんです。
 
このような最悪のケースを免れることができるモノのひとつが、明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレーなのです。
 
どうやって使うのかと、その威力について説明させていただきます。
 
 
スポンサードリンク




 
 

明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレー の使い方とその威力

 
ファスナーが使われている釣り周辺部の道具を長期間ほったらかしにしていますと、ファスナーの金具の部分が真っ白になって全く動かなくなることがあります。
 
その状態がいわゆる「塩噛み」と言われる状態です。
 
このような時はファスナー部分に、お湯をかけて爪楊枝で突いてみたり、CRC5-56をスプレーして爪楊枝で突いてみたりするのが通常のパターンです。
 
軽度の場合は、これで「塩噛み」が解消されることもあります。
 
ですが、重症の場合はファスナーが全く動きません。
 
今回は、エギを入れるケースのファスナーが「塩噛み状態」になったので、中に入っているエギを使うためにも、どうにかしてファスナーの塩噛みを解消しないと、エギを入れるケースを大型のカッターで切り裂くしかない状態でした。
 

明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレーの使い方

 
明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレーの使い方はとっても簡単です。
 
解消ムーススプレーをよく振ってから対象物にスプレーするだけ。

 
説明書には、「良く振ってから対象物に直接スプレーしてください。30~60秒後に拭き取り水洗いしてください。」と書かれています。
 
今回はスプレーしただけで、しばらくほったらかしにしていました。
 
しばらくしてから、ティッシュペーパーで拭き取り、ペンチでファスナーを引っ張りますと、ファスナーが動きました。(驚!!)

 
これで、エギを入れるケースをカッターで切り裂く必要がなくなりました。(笑)
 

中に入っているエギと久々にご対面することが出来ました。
 
で、さっそくエギを使って、コウイカが釣れているという須崎埠頭に行ってみました。

 
釣り人は誰もいなくて、今回は定番のピンクのエギを使ってみました。

 
30分ぐらい埠頭の際をしゃくりながら歩きましたが、コウイカの重みを感じることなく納竿しました。
 
時期的にはまだ、コウイカが埠頭の際に寄っていなかったようです。^^;
 

明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレーの威力

 
塩噛みに対する明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレーの威力はお分かりいただけたと思います。
 
実は塩噛み解消以外にも用途があるのです。

・ロッドガイド等の金属小物のサビとり
・金属小物の汚れ落とし
・クーラーなどの下栓の固着の塩分除去

・・・・などにも威力を発揮します。
 
購入したときは、「小さいスプレーの割には、結構いい値段するな~!!」と、思ったんですが、何度か使ってみると、その威力から「すぐに元が取れるスグレモノ」であることがお分かりいただけると思います。
 
お値段が気になる方もおられるでしょうから、参考までにアマゾンや楽天でも販売されていますので、こちらを参考にしてください。

 
まとめ
 
明邦化学工業(MEIHO)の塩噛み解消ムーススプレーの使い方とその威力はお分かりいただけたかと思います。
 
購入するときは、小さいスプレーの割には決して安いとは思わないはずですが、ロッドケースやフィッシングケースなどのファスナーが実際に塩噛みして動かなくなったときの威力を考えますと、決して高いモノではないと思うはずです。
 
釣りに行くたびにロッドを洗って陰干ししたり、いろいろな釣り具の整理・整頓ができる几帳面な方でも、ロッドケースを洗ったり、ましてやファスナー部分にCRC5-56をスプレーするような釣り人はあまりおられないはずです。
 
なので、「塩噛み」は釣り人にとってはある意味仕方ない部分ではないでしょうか?
 
塩噛みに対する対処法さえ知っておけば、以前の私のようにロッドケースを大型のカッターで切り裂くというようなことをしなくてすみます。^^;
 
臭いが臭いために、部屋の中で使うのはやめたほうが良いです。
 
スプレーを使うときは必ず屋外やベランダですることをお勧めします。
 
 
スポンサードリンク







-気になること, 気になるモノ, 福岡市近郊の海釣り
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.