博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

安近短の散歩がてらの釣りは釣果無視のLet It BeだからSDGsなのです

投稿日:

特別に洋楽やロックなどが好きな方でなくても、ザ・ビートルズの「Let It Be」という曲はご存知ではないかと思います。

好きな方も多い曲だと思います。

ところで、「Let It Be」の意味をご存知でしょうか?

答えは、「なるがままに」という意味です。

ある目標を決めて、一心不乱に竿を出す釣り人もいるのかもしれませんし、私にもそういう時期もありましたが、そういう釣りは正直心身ともに疲れます。

数字を決めて目標必達!!みたいなことを趣味でもやっていたら、イヤになって長続きしないのではないかと思います。

スポンサードリンク



とある場所でメイタ~チヌを狙ってみました!

たまに博多湾の湾奥のヘチでもメイタ~チヌが釣れることがありますが、まだまだ本格的に釣れる時期ではありません。

なので、今の時期にメイタ~チヌを何が何でも釣りたい!と思うこと自体が、心身ともに疲れる原因にもなります。

ですが、可能性の問題でもあるので、今にお時期でもメイタ~チヌが狙える場所で散歩がてらの拾い釣りをすることとしました。

いつものように、ハリから1ヒロぐらいのところにケミカルライトをミチイトに装着。

夜釣りや半夜釣りでは、多くの魚が浅い場所に浮いて捕食していることが多く、狙う水深は1・5メートルから3メートルぐらいのレンジが多いのが特徴です。

夜釣りや半夜釣りでは、この深さでほぼほぼ決め打ちしても構わないと云っても過言ではないほど、このタナにアタリが集中します。

それを無視してあえて深いタナを狙うか、1ヒロ~2ヒロのレンジを歩く距離で稼ぐかは、竿を出す人それぞれだと思います。

私は基本的に安近短の散歩がてらの釣りをしているので、深いタナを狙うことはあまりありません。

深いタナを狙う時は、浅いタナで絶望的なまでにアタリがないとき・・ぐらいで、基本的には深いタナはヘチ・落とし込み釣りではオミットすることが多いのです。

もちろんこれが良いか悪いかは、別次元のお話だと思います。

スポンサードリンク



メバルとシーバスがチヌ狙いを邪魔する!

アオムシをハリに刺して、メイタ~チヌがいそうなピンポイントに落とし込みます。

ところが釣れるのは、やはりこちら。

今年の博多湾奥のレギュラーサイズの15センチぐらいのメバル。

こちらがチヌ狙いの障壁となります。

さらにチヌ狙いの障壁となるのがこちら。

31センチぐらいのシーバス。

たまに20センチぐらいはあるプリプリの良型のメバルも混じります。

ですが、メイタ~チヌ狙いでは、メバルもシーバスもエサ盗りでしかありません。

狙う魚種を特定しないと、すべて釣れる魚がwelcomeになります。

ここが重要です。

スポンサードリンク



「Let It Be」はSDGsでおある!

魚種に特にこだわらないと、釣りは楽しさか倍増します。

メイタ~チヌを狙っているときに、超浅いタナで43センチぐらいのシーバスが釣れても、所詮外道だから嬉しくもなんともないと思うかどうかは釣り人の価値観です。

結局、5月15日の日曜日の釣りはメイタ~チヌ狙いと云いつつも、実際は何でもよいパターンです。

バッカンに入れておいた魚たちです。

バッカンに入れておいた魚を記念撮影した後にリリース。

釣りを長く楽しむ安近短の釣りSDGsは、釣果や魚種にもあまりこだわらないことに尽きると思います。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.