博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 野良猫 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

令和3年は11月20日でタチウオ釣りを辞めます宣言をした博多の釣りバカ

投稿日:

冷凍庫に過日購入したキビナゴが残っているし、妻が「タチウオ釣ってきて~!」とうるさいので、ウキが沈まず退屈で仕方ないタチウオ釣りに行くことにしました。

先日、バッチリハリに掛かってフロロカーボンの6号を切られた荒津オイルセンターで、リベンジ戦を目論んで向かいました。

しかし、状況はこうでした。

先端角地には、ルアーを投げている青年が4人もいました。

すぐに諦めて須崎埠頭のいつものポイントに戻ることにしました。

途中、長浜の九州製氷近くの角地に、マジェスタが止まっていました。

たくさんの竿を出して、ご夫婦でシーバスを釣りに来られる方です。

最近釣れているから、来られているのでしょうか?

スポンサードリンク



須崎埠頭はファミリーフィッシングの方たちで賑わっていました!

須崎埠頭に着きました。

ですが、釣り場はこんな感じでファミリーフィッシングの方たちで賑わっていました。

アベックでサビキ釣りをしている二人の横で竿を出すこととしました。

個人的には、このポイントでは夕マズメから1時間以内がチャンスだと思っています。

隣のアベックが、サビキ釣りでコノシロを掛けて二人ではしゃいでいます。

タモを出して掬ってやろうかとも思いましたが、二人で楽しそうに水汲みバケツでコノシロを掬おうとしているところに、釣りバカのジジイがタモを持ち出すのは無粋と云うものです。

結局、水汲みバケツでコノシロをゲットしていました。

冷凍のキビナゴも少なくなり、さっぱりウキも沈まないのに、買い足す気すら起こりません。

今日もウキに全くアタリもなく6時半になったので、キビナゴを捨てて、仕掛けを回収してタチウオ釣りの道具を回収しました。

11月20日。
今日をもちまして令和3年のタチウオ釣りは辞めます。

惜しむべきは、もう少し早い時期から狙うべきだったと!

道具を片付けて、浜の町病院前でへチ釣りをすることにしました。

スポンサードリンク



魚がいるかいないのかがすぐに分かるへチ・落とし込み釣り釣り

ヘチ・落とし込み釣りの良いところは、エサが付いたハリを壁際(へチ)に落としていけば、たいてい魚信があることです。

アタリがないということは、魚がいないか、食い気がないかです。

白黒はっきりしやすい釣り方と云えます。

ウキを流して2~3時間アタリすらないということは考えられませんし、私は慣れたポイントでは15分どころか10分探ってアタリがないときは,躊躇することなく場所を移動します。

魚がいないところで、あれこれ考えたり、工夫を凝らしたりするのは時間のロスでしかありません。

食い気のある魚がいるところに、私が行けばよいだけです。

須崎埠頭の浜の町病院裏も、かなり通ったおかげで、鉄板ポイントが何となく分かってきました。

今日もそこへエサの付いたハリを落とし込んでいきますと、いきなり竿先をはじくようなアタリがあり、魚がエサを追いかけまわしているのが分かります。

竿先に魚がエサのアオムシを食い込んでいるのが分かり、少し送り込んでアワセを入れました。

30センチぐらいのシーバスが、元気よく釣れ上がりました。

なんか、暗闇で私をじっと監視しているのが分かりました。

前回はデジカメが違っていたので撮れませんでしたが、この場所で私が魚を釣ると必ず登場する茶トラの猫です。

これで3回目です。

その後、なかなか釣れませんでしたが、海底で竿先を曲げるアタリがあり、釣れ上がったのがこちら。

23センチぐらいのキビレ。

その後10分ぐらいアタリがないので、この場所を諦めて、西側の排水溝のところに向かいました。

写真が上手く撮れませんでしたが、車がズラリで釣り人もたくさん。

当然この場は諦めざるを得ませんでした。

カメラを替えて博多タワーを撮影しました。

立ち入り禁止のフェンスがある排水溝のポイントにも釣り人が4~5人いました。

仕方ないので、先端部分の東側の角地で竿を出しました。

海面から海底まで10分ぐらい探りましたが、まるでアタリなし!

途中、砂山の付近行きますと、タチウオ釣りの釣り人がズラリ。

海には、たくさんの電気ウキが浮かんでいました。

スポンサードリンク



須崎埠頭全体が絶不調でした!

西側の排水溝のところも15分ぐらい探りましたがアタリが1度もありませんので、フェリー対州のとこで竿を出すことにしました。

丁度8時ぐらいです。

ですが、ここでもアタリは皆無。

よほど魚たちの食い気がない日なのでしょう。

8時半近くになったので、納竿としました。

さて、次回はどこで何を狙おうかと思案しながらハンドルを握っていました。

鉄板の釣りは、東浜の砂山での小物五目ですが、数が最近出ないので、やや退屈します。

久しく、魚を握る左手がふやけるほどの入れ食い状態を味わっておりません。

1時間以内にいろいろな魚が30匹以上入り混じって釣れますと、左手で魚を掴んで右手でハリを外して、エサを付け替えますが、左手の指がふやけてきます。

風呂に長い時間入ったときみたいに指先がふやけるのです。

今年もあとわずかですが、こういう釣りができるかどうか?

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 野良猫, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.