博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

アコウをワームのヘチ釣りで狙ったが全くアタリがなかった博多の釣りバカ

投稿日:

数日前にカラス貝で30センチぐらいのアコウを砂山で釣ったSさんのスマホの写真を見て、二匹目のドジョウならぬ2匹目のアコウを狙ってみることにしました。

私も長浜のマンション裏で、数年前に20センチちょいの小さなアコウをアオムシで釣りました。

ちっせーアコウですが、博多湾の湾奥で釣れるのは珍しいため、水汲みバケツに入れてしばらく見ていました。

弟が北九州で釣るアコウは、なかなかの良型で、このサイズが博多湾の湾奥のヘチで釣れたら!と、心底願ってはいます。

尺メバルやロクマルのチヌと比肩するぐらい、博多湾の湾奥ではお目にかかれないとは、分かってはいますけど…。

いい年こいて、「寝ぼけたような夢」を見るのも一興です。(笑)

スポンサードリンク



東浜の砂山ポイントでワームでアコウを狙ってみた!

で、いつも通り東浜の砂山でヘチ釣りのタックルで、ハリスにパチンコ玉ぐらいのウォーターグレムリンを噛ませ、ハリはチヌバリの4号を付けてこちらのワームを刺しました。

ジャッカルのワームです。

3インチですから、30センチぐらいのアコウやアラカブやタケノコメバルなどのロックフィッシュはもちろん、チヌにも効果があるはずです。

1時間ほどアチコチの浅いタナ・深いタナを探りましたが、全くアタリがありません。

生餌であれ、ルアーであれ、1時間ぐらいいアタリがないと、心が折れてしまいます。

私がカラス貝はもちろん、カニエサもあまり使わないのは、アオムシに比べると圧倒的にアタリの数が少ないからに他なりません。

ワームを使うのをやめて、ハリを丸セイゴの12号に交換し、オモリもガン玉の6Bに交換して、エサをアオムシにして釣ることにしました。

スポンサードリンク



エサをアオムシに替えた途端にアタリがあります!

ハリとガン玉を交換し、エサをアオムシに替えた途端にアタリがあり、釣れたのがこちら。

志賀島でルアーをとっかえひっかえしてもアタリすらなく、砂山ポイントでワームをハリに刺して探ってもアタリがなかったので、25センチぐらいのチーバスでも魚がハリに掛かるだけでも嬉しくなります。(笑)

その後は、次々に小物が入れ食い。

丸々としたクロが、それなりに走って引いて結構楽しませてくれます。

お決まりの20センチぐらいのアラカブ

釣った端からリリースして、ルアー釣りと違って魚がハリに掛かることを楽しんでいますと、薄暗い中2人の釣り人が竿を出しながら近づいてきました。

スポンサードリンク



Y君と後輩のK君がカニエサでチヌ狙い!

薄暗い中、コチラに近づく二人の釣り人の一人が魚を掛けて、タモで掬っています。

「こんばんは~!」と挨拶して下さったのは、博多区在住のY君と同じ職場の後輩のK君でした。

35センチぐらいのメイタを岩ガニで釣り上げたのは、過日岩ガニ採りで一緒になったK君でした。

少し話をしてY君・K君はいつも探らない方向を探り、暫くして、全くアタリがないとぼやきながら戻ってきて、かなり距離がある反対側に2人で向かいました。

私は相変わらず、小物狙い。

ほどなく、Y君からスマホに画像が送られてきました。

41センチのチヌともう1枚メイタをカニで釣ったとのこと。

砂山ポイントのサーチライトがある場所で、戻って来たY君・K君としばらく釣り談義。

K君は、オールナイトで色々な釣り場を探るとのこと。

私も、20代~30代の頃は、ちょくちょくオールナイトで竿を出していました。

オールナイトをしても、あまり良い記憶がありません。

場所は違いますが、ゴンズイばかり釣れて、車で「ふて寝」したこともしばしばありました。

苦い思い出も、今思えば懐かしい想い出です。

若いときのオールナイトの釣りも、いい思い出になります。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.