博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

夜のカニエサで中央埠頭でメイタ、キビレ、アラカブを釣った博多の釣りバカ

投稿日:

昨日御笠川の河口で採った岩ガニは、軍手をそのまま放り込んで、海水を少し汲んで、自宅マンション通路の日が当たらないところにバッカンごと置いていました。

中を覗くと、みんな元気よく生きていました。

この岩ガニが入ったバッカンを持って、自宅を出たのが夕方6時45分。

西門橋には既に灯りが灯り、仕掛けを作るにはヘッドライトが必要な時間となりました。

中央埠頭のチップヤードで仕掛けを作っていますと、小郡市在住のKさんが来られました。

ここで一緒に仕掛けを作り、釣り場に移動しました。

スポンサードリンク



岩ガニをエサにして1投目からメイタが釣れました!

Kさんが「先に行ってていいですよ~!」と云われるので、先に釣り場に着いて、ハリに岩ガニを刺して落とすこととしました。

オスの岩ガニが大きな爪で抵抗するために、釣り用のプライヤーで左右のハサミの第一関節を切りました。

ハサミがなくなった岩ガニをそっと落とし込みますと、途中で落ちるのが止まり、何かが岩ガニを咥えているような感じがしました。

岩ガニを餌にしたときに、海底でのアタリは鮮明に出ますが、中層でのアタリ方はこのような「なんとなく咥えている感じ」が多いのです。

竿先にも手元にもアタリが出ません!

一呼吸おいて竿を送り込みますと、やはり何かが岩ガニ咥えている感じがしましたので、竿を跳ね上げてアワセを入れました。

すると、竿先がキュイ~ンと曲がり、沖に走る魚が掛かりましたが、たいしたサイズでないことが即座に分かりました。

35センチぐらいのメイタです。

小さい割に丸々と太っていて綺麗なメイタです。

今日は、ストリンガーに掛けておくこととしました。

1投目からカニエサでメイタが釣れましたので、あとはお気楽に釣りができます。

0匹と1匹の差は大きいのですが、それ以降は、その日の流れと云うか、ある意味慣性の法則みたいなことが多いですから・・・。

スポンサードリンク



キビレを釣ったKさんは東浜の砂山ポイントに向かいました!

Kさんは昨日の私と同じく「普通サイズのアオムシ」と云うか細いアオムシしか買えなかったみたいで、それをエサに28センチぐらいのキビレが釣れたそうですが、それ以降サッパリアタリがないとのことで東浜の砂山ポイントに行かれました。

私も、昨日の残りのアオムシをエサ箱に入れて持ってきましたが、あまりに細くて使う気になれずに海にまき散らしました。

否が応でも岩ガニしか使うエサはない状態にして、退路を断ちました。

小さめの岩ガニをハリに刺して壁際を探りますと、先ほどのメイタとはまるで違うアタリ方があり、ワザと遅れ気味にアワセを入れますと、壁際を走る魚が掛かりました。

数日前に釣れた28センチのアラカブとほぼ変わらないサイズのアラカブです。

カニエサでアラカブを釣ったのは、かれこれ15年以上も前に玄界島の入り口にある切れ波止からカニエサでアラカブを釣って以来のことです。

その後しばらくアタリがなく、一番最初にメイタが釣れたポイント付近に岩ガニを刺して落とし込みますと、明らかに「チヌっぽい止めアタリ」がありました!

手首を跳ね上げてアワセを入れた瞬間にハリスが飛んでしまいました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・!!(涙)

メイタとアラカブが釣れて、ハリスにキズがはいっていたまま、チェックを怠った天罰です。

仕掛けを作り直して、再び付近にカニを付けて落とし込みますと、落ちるはずのカニエサが止まっています。

仕掛けを作り直したばかりなので、問答無用でアワセを入れますと、竿先がキュイ~ンと曲がりましたが、これまたたいした事なさそうです。

撮った写真が写ってなかったのですが、38センチぐらいのキビレです。

キビレも、ストリンガーに掛けました。

9時20分ぐらいまでアチコチ・・・・・岩ガニが付いたハリを落とし込みましたが、アタリがないので今日は納竿です。

バッカンに海水を汲んで、ストリンガー引き上げました。

岩ガニをエサに釣れたのは、38センチのキビレ、35センチのメイタ、27センチのアラカブ。

撮影後みんな海に戻しますと、元気よく泳いで逃げました。

スポンサードリンク



K君もY君も岩ガニをエサにそれなりの釣果を上げていました!

納竿してあと片付けをしていますと、LINEに西戸崎在住のK君から画像が送られてきました。

最近は珍しいヘチ・シーバス

良型のチヌ

K君も岩ガニをエサに、博多湾湾奥某所で釣ったらしく、その後2枚のキビレの画像が送られてきました。

画像は送られてきませんでしたが、博多区在住のY君も、今日は岩ガニをエサに長浜界隈で53センチのシーバスとメイタ3枚を釣ったとのことです。

クロダイ師は、カラス貝にハリを埋め込んでスライダー釣法で狙う方が多いので、クロダイやキビレにとっては今の時期は岩ガニが目新しく見えるのかもしれません。

夜の岩ガニのエサは威力あります!!

クロダイやキビレを釣りたい方は、夜の岩ガニのエサも視野に入れると、釣果に恵まれるような気がしました。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.