博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

地獄から天国へと転じたポートオブハカタで入れ食い!

投稿日:

1週間前にポートオブハカタで竿を出したときは、私なりの鉄板ポイントを1ヒロから4ヒロのレンジを探りました。

ところが、まるでアタリすらなくて、すぐ近くの箱崎バナナに寄って、どうにかメバルとセイゴをかけてボウズを逃れました。

1週間を経た本日、性懲りもなくポートオブハカタで竿を出してみることにしました。^^;

まだ釣れるか釣れないかもわからず、なるべく小さなメバルがハリに掛からないようにメバルバリの8~9号は使わずに、丸セイゴの12号ジョイナーボスメント1・5号に結び、ハリから3センチぐらい上のところに、ルアー用のウォーターグレムリンを装着。

私は、ガン玉がズレるのが嫌いで、ガン玉の溝が深いモノをぐるりと一周して釣り用のプライヤーである程度ガン玉を潰します。(力いっぱいではありません!)

基本的にポイントでエサのアオムシを買う時は普通サイズ、キャスティングの時は太めのアオムシを買うようにしていて、ハリに刺すときは頭から1センチぐらい下の部分からハリを入れ、垂らしを4センチぐらいにします。

もったいないし、先だけ食われるのがオチのような気がするので、アオムシを1匹掛けしたことはこれまでの釣り人生で一度もありません。

スポンサードリンク



1投目から入れ食いパターンのポートオブハカタ

で、アオムシをハリに付けて仕掛けを落とすと、いきなりのマシンガンのようなアタリ!

中層でこのようなアタリ方をするのは、40センチ前後ぐらいまでのセイゴがほとんどです。

案の定30センチちょいのセイゴですが、今の時期のセイゴはこのサイズでも結構引いてくれます。

それからまあまあのサイズのメバルが釣れ、アオムシが付いたハリをあるタナのラインにスライドさせながら移動すると、90%以上の確率でアタリがあります。

長潮の満潮から下げ潮になった潮目ぐらいなのに、恐ろしく潮が流れています。

例の大型の船が出たからではなく、今日はそもそも既に停泊していませんでした。

そうこうしているうちにゴムの緩衝材の下をくぐらせている時にガツン!と大きなアタリがあり、抜き上げると20センチオーバーのメバル

釣りたてなのに、鮮やかな色をしています。

この20センチオーバーのメバルが釣れた頃から、ひっきりなしにアタリが連続しました。

スポンサードリンク



「中層横打ち+テクトロ」でメバルとセイゴの数釣り

かなり良い具合で左から右に潮が流れています。

なので、1ヒロぐらいのところにケミカルライトの目印をつけ、竿先から3ピロぐらい出したイトを右側に前打ちというより横打ちの様に投げ込み、1ヒロと2ヒロのレンジをジグザグに歩きながらスライドさせるのが、私の得意な釣り方です。

「中層横打ち+テクトロ」のような釣り方です。

チヌやシーバスがメインの時はケミカルライトを2ヒロぐらいのところに止め、竿先から4ヒロぐらいイトを出して2ヒロと3ピロのレンジをジグザグに攻めます。

もちろん竿を垂直に海面に向けてメバルの時も3ピロ、チヌやシーバスの時は4ピロぐらいを探ることも多々あります。

かれこれ5年ほど前に釣り場で知り合った方が私の釣り方を見て、「随分早い速度で釣り場を横に歩くんですね~!」と驚いていましたが、竿を出す場所にもよりますが、自分でも夢中になってトランス状態になっているようなときは、容赦なく早歩きをしているようです。^^;

今日は1ヒロ2ヒロのレンジをジグザクにしていると、前の記事に書いた73センチのシーバスが登場しました。^^;

狙うつもりもないのですが、メバルを狙っていてチヌやシーバスが釣れるということはよくあるパターンです。

メバルとシーバスがパラダイスの様に短時間で釣れました!

先週の金曜日は、新月の下り中潮で、満潮が23時06分。

今週の金曜日は、半月の長潮で、満潮が18時15分。

これ以外に決定的に違うのが、いつものクルマを積み込む船が今日は停泊していませんでした。

先々週の金曜日にやはりメバルやセイゴが入れ食いした金曜日の夜も、初めから船が停泊していませんでした。

この船が停泊していてもたいていは19時過ぎに出港するケースがほとんど

稀に、一晩中いることもありますけど‥‥。

今週はその気になって釣ると束釣り(100匹以上)も夢ではないぐらい釣れそうですが、そこまでするエサも時間もないので、8時過ぎに納竿としました。

メバルとセイゴを分けました。

20センチオーバーのメバルをはじめ、今回はお持ち帰りで切る18センチオーバーのメバルが8枚いました。

ポートオブハカタのまるでアタリがない時と、ほぼ入れ食いで当るときは何が違うのかを更に探りながらメバルを狙っていきます。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.