博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

気になること 福岡市近郊の海釣り

博多湾奥の釣果が徐々に上向く時期に気合を入れて竿を出しましょう!

更新日:

GWが終わり、いつもの日常が戻ってきました。

地下鉄空港線は、僅かに通勤客が少ないような気もしないではありませんが、夕方はさすがに混みます。

私はエッセンシャルワーカーではありませんが、やはり期日に迫られている仕事はどんどん済ませねばならないので、今日は福岡法務局にある会社の履行事項全部証明書と閉鎖事項全部証明書を取りに行きまして、月曜日にとある銀行に予約を取っていて行かねばなりません。

この2種類の書類以外に代表取締役の印鑑証明などが必要なので、福岡市役所に取りに行きました。

さすがに法務局にはバスで行きますが、帰りは天神3丁目のバス停で降りて、福岡市役所まで途中寄り道をして歩きます。

机に座ってパソコンと睨めっこすることが多いので、散歩がてら川端商店街を抜けてお櫛田さんに行くことが多いのです。

普段でも、昼休みは週に2回ぐらいお櫛田さんに行きます。(笑)

川端商店街の野菜や果物を販売しているお店で、妻からのリクエストの野菜や果物を買うのもある意味日課になっています。

最近妻が好んで食べるのがこちら。

能古島の夏ミカンです。

かなり大きくて2個入りで398円ですが、「今日は2パック買ってきて~!」などと云われたのですが、結構重いのです。

4月の29日の金曜日は、マンションの同じ階に住む奥さんが妻が買い物をしていると足が悪いので運んでくれたりするので、「プレゼントするから3パック買ってきて~!」などと云われ、TUMIのリュックサックが能古島の夏ミカンでパンパンに膨れて非常に重かったのです。

運動と思えば、この程度はどうということはないのですけどね~。

夏ミカンを好んで食べない私ですが、能古島の夏ミカンは私が食べても美味しい!と思います。

我が家でちょっとブームになっています。

スポンサードリンク



気持ちよさそうな大岳海岸でのキス釣り

定年退職まで勤めた職場の後輩H君が。5月6日の月曜日に大岳海岸に行ってキス釣りをしたそうです。

私は小学校に行く前に、この大岳海岸の近辺で生まれ育ったので、この界隈は詳しいです。

ですが、50年前と現在では全く違っています。

変わらないのは、亡母やいとこたちが卒業した志賀中学校が、今だにそのままの位置にあることぐらいです。

H君は23センチのキスを釣ったそうですが、根っからの博多の人たちはキスのことを大きさにかかわらず、「キスゴ」と呼ぶ方が多いのです。

ピンギスのことをキスゴと呼ぶのではなく、25センチオーバーのキスでも、「ふとか、キスゴばい!」と云うよな言い回しをします。

H君からその後の画像は送られてきませんでしたが、天気が良くて風がないときの大岳海岸は、真ん前にある能古島を見ながら今の時期気持ちいいはずです。

スポンサードリンク



5月8日~9日の土日はカニ獲り日和ですね!

5月8日~9日の土日は、大潮の前の上り中潮で、ド干潮が昼間の2時と2時半ぐらいです。

絶好の岩ガニ採り日和なはずです。

ベランダでバケツの中に活かしている前回採った岩ガニは小さいものが多いので、一度リリースして、新たに捕獲しようと思っています。

前回は採り過ぎましたので、明日はある程度セーブしながらカニ採り爺さんになるつもりです。(笑)

これから、博多湾の湾奥も日増しに魚たちが寄ってきますので、今まで辛酸を舐めてきた方たちも本腰を入れて竿を出しましょう!

スポンサードリンク



福岡県の緊急事態宣言とオリンピック中止の署名活動

2度あることは3度あるとは、よく言ったもので、福岡県は、5月11日の聖火リレーの翌日の5月12日から緊急事態宣言となるようです。

ただ、これまで2回も緊急事態宣言をやって効果がなかったから今があるのに、他に良い策が見当たらないみたいです。

それはともかく、一昨日の記事で紹介したオリンピックを中止する署名活動は、私が紹介したときは3万5千人ぐらいでしたが、今日現在で既に20万人を突破したみたいです。
人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます

平和の祭典どころか、全世界がコロナと戦っている時に、「オリンピック開催は可能です!」などと言っている方たちがいます。

「可能」・「不可能」が問題ではないと思います。

これまで通りの時短や自粛では、凡夫の私ですら効果があるとも思えません。

スポンサードリンク



海づり公園での釣りモノが例年と少し違うような気がします!

能古島と博多沖防に阻まれて、海づり公園の釣りものがそのまま博多湾の湾奥に反映するということはほとんどありませんが、今年の海づり公園の釣りものは例年と少し違うような気がします。

やっと豆アジがチラほら釣れ始めており、サビキ釣りで例年になく型の良いメバルやクロが釣れているような気がします。

更に、型は凄く小さいのですがクエ(アラ)も良く釣れており、アコウはほとんど釣れていません。

段々魚が集まって来ている感じです。

珍しく海づり公園でキスを専門に狙った方が、ソコソコ数を釣っているのも興味深いことです。

もうすぐ、博多湾の湾奥のヘチにもチヌやシーバスやキビレなどが付くようになり、こんなところで??!!と云うような場所で釣れるようになるのも時間の問題です。

これまでボウズを何度も食らったビギナーも、大きな魚に出会える時期がいよいよやってきます。

スポンサードリンク






-気になること, 福岡市近郊の海釣り
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.