博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り

中央埠頭でシーバスロッドで胴付き釣りをしてみました!

更新日:

私の自宅から最も近い釣り場が、ベイサイドプレイスがある中央埠頭です。

先端の一帯は、昔からメイタ~チヌやセイゴ~スズキ、メバルの1級ポイントでしたが、今は完全に「立ち入り禁止」となってしまいました。(涙)

インバウンドの受け入れのために開発が進む中央埠頭ですが、20年後や30年後に、このことが吉と出るか、凶と出るかは、昨今の世界情勢からは、全く予想がつきません。

いろいろと米中が対立する中、少子高齢化が進む日本の将来性は微妙ですし、政治的・外交的立ち位置も政治家と官僚にお任せするしかありません。

私のような釣りバカが出る幕は、一切ございません。

スポンサードリンク



誰もいない中央埠頭御笠川沿いの釣り場

自宅にいるときはそんなに感じなかったので、さすがに海辺に立ちますと、白波が所々に立つほどの強風です。

当然ながら、風が強けりゃ、寒さが倍増します。

案の定と言うか、釣り人など・・・・、誰もいません。^^;

こんな風が強くて寒いときに竿を出すバカがいるとかいな?と思いつつも、竿を出すアンポンタンの私がいました。(爆)

珍しく、釣り用の手袋をしました。

こんなに強風では、落とし込み竿で浅いタナを狙い撃ちしても、竿が風に煽られるだけです。

アタリも取り難いので、あえて市販のメバル・カサゴの2本バリの胴つき釣り仕掛けに、オモリの10号を付けて、シーバス用のタックルで底狙いをしてみました。

シーバス用のロッドでも明確なアタリがあることに驚きました!

さすがに風が強いと、廉価品のABUリールに巻いているPEラインが捌きにくく、釣りをする前から穂先がらみ。(涙)

だから、PEラインは嫌いです!!

ナイロンラインではありえないことが、PEラインですとたびたび起こります。

私は、市販の胴つき釣り仕掛けを使うときは、必ずオモリのところからも、もう1本枝バリを出します。

これは堤防からだけではなく、船から根魚を狙うときも、必ずそうしてきました。

根掛かりの確率が高くなりますが、釣れる魚の確率も高くなります。

で、エサを付けて際の海底まで沈めますと、大きなアタリがあり、釣れたのがこちらのハゼ。

20センチは超えています。

それから、いつもの常連さんたちが登場しました。

なんだか、だんだん小さくなっているような気がするチーバス。^^;

今期、博多湾の各所にいる7~9センチのチビメバルも登場。

それから、30分ぐらいは、ハゼと、チーバスと、チビメバルが退屈しない程度にハリに掛かりました。

スポンサードリンク



温かいコーヒーを飲んだ後に妙なアタリがありました!

さすがに寒くなって、近くに出来たファミマに温かいコーヒーを買いに行きました。

中央埠頭の左先端部分に今年オープンしたばかりのファミマに入りますと、店員さんはすべて中国人と思しき方々ばかり。

何となく、違和感を覚えましたよ~!

すぐ近くには、1回に4000人近くを乗せてくるという客船が停泊していますし、ほとんどが中国の方ですから、あえてファミマも中国の方を採用したのか?とも思いました。

再び、釣り場に戻り、車の中で温かいコーヒーをゆっくり飲んでから、仕掛けにエサをつけて海底まで沈めて、探りますと、重苦しいアタリが!

穂先が太いシーバスロッドをグイグイと曲げていく、今日一番のアタリ!!

竿先をいつものように送り込んでから、一呼吸置いてアワセますと、いきなり魚が凄いスピードで、沖に突っ走りました。

すかさず竿を立てましたが、まさかこの時期にこんな大物が掛かるとも思っていませんでしたので、ドラッグを緩めていなかったのがアダとなり、10メートルぐらい沖の海中で、ハリスがいとも簡単に切られました。

これまでの経験上、走り去るスピードからして、45センチオーバーのキビレか、60センチは超えるシーバスのようなアタリと引きでした。

・・・・・・・・・・・・・・・!!??

仕掛けを回収しますと、2本バリ仕掛けの下のエダスがきれいになくなっていました。^^;

寒くて、暗いし、上の枝バリとオモリから出した枝バリが残っているので、それで釣りを続けていると、相変わらず、ハゼやチーバスやチビメバルが釣れる中、ガツンガツン・・と、竿先をたたくようなアタリがあり、この時期まれに釣れる25センチオーバーのアラカブかも??などと期待して、リールを巻きますと、なんだか違います。^^;

正体はこの方でした。

30センチはない、28センチぐらいのメイタ。

胴つき仕掛けで、底オモリ10号の仕掛けにメイタ??

私がオモリから出したエダスに掛かっていました。

この時点で8時となり、エサはたっぷりあまっていますが、納竿としました。

帰宅後の風呂が何よりも有難いと感じる季節になりました。

シーバスタックルで、胴つき仕掛けでも、この寒さの中何かが釣れると言うことがこの年になって分かりました。

私が使った市販の仕掛けは、幹イト2号でハリスが1・5号でしたが、大物を狙うのでしたら、幹イト4号でハリスが3号ぐらいの船釣り用の胴付き仕掛けのほうが良いかもしれません。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.