博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

タチウオテンヤで25センチぐらいのグチを釣った博多の釣りバカ

更新日:

8月12日は夜に東区で用事があり、その前に箱崎埠頭に寄ってどのような魚が釣れているのかを見ていました。

ヘチ釣りをしている釣り人がいましたが、アタリもなさそうなのにあまり動かずにじっとしています。

私よりずいぶん年上と思しきご夫婦が、今からサビキ釣りの準備。

すぐ近くでは、私と同年代ぐらいの釣り人がサビキで豆アジをコンスタントに釣っていました。

ルアーでシーバスを狙っている方もいますが、私が眺めている時間には竿が曲がることはありませんでした。

豆アジが釣れているので、明日はこの並びで夕方からタチウオテンヤを投げてみようと思いつつ東区の知り合い宅に向かいました。

スポンサードリンク



箱崎埠頭で65センチぐらいのシーバスが釣れていました!

今日は重たいモノ・かさばるモノの買い物の日なので、妻からメモを書いてもらってイオン系のBIGに向かいました。

丁度キビナゴが売られていましたので、まだ冷凍庫にはストックがあるのですが、買い足しておくこととしました。

欲しいときにないのがキビナゴですからね~!

夕方6時過ぎに自宅を出て、箱崎埠頭の旧はやと丸岸壁を目指しました。

クルマを止めると、丁度ルアーマンが型の良いシーバスをルアーで釣っていました。

この場所でこのサイズのシーバスが釣れたのを見たのは初めてです。

ルアーマンの方に了承を得て写真を取らさせていただきました。

大きさは65センチぐらいですが、丸々と太ったシーバスです。

このシーバスを釣ったルアーがこちらのメタルバイブ。

私は、おもむろにタチウオテンヤ仕掛けを準備しました。

このポイントにはアジゴはいるし、シーバスもいることが分かりましたので、問題はこのポイントにタチウオがいるかどうかです。

いつののように軽めのタチウオテンヤにキビナゴを巻いてスタンバイOK!としました。

スポンサードリンク



まったくアタリがなくタチウオテンヤまでロスト!

この場所から、立ち入り禁止の金網越しにポートオブハカタを見るとこんな感じです。

近海郵便の船以外にもいつも停泊していない船が停泊しているのが分かります。

「あの船がいなけりゃ~、あそこからタチウオテンヤを投げられるのに!」などと思いつつ、ポートオブハカタ方面を眺めていました。

曇天の夕マズメです。

この時間帯からがタチウオ狙いのゴールデンタイムなんですが、アタリが全くありません。

先ほど65センチぐらいのシーバスを釣った方が、40センチぐらいのシーバスをまた釣りあげました。

多くの釣り人が黙々とルアーを投げる中、薄暗くなると徐々に納竿する釣り人が増えます。

私はかねてより不思議に思っているのが、博多湾でルアーをされる釣り人は、日が沈むと納竿する方が実に多いのです。

日が沈んでも1~2時間はルアー釣りのゴールデンタイムやろう?と、私は思っています。

日没と同時に納竿なんて・・・・・、まったくもって信じられません。

スポンサードリンク



タチウオテンヤに25センチぐらいのグチが釣れました!

結局、旧はやと丸岸壁ではアタリも全くなく、なぜかタチウオテンヤが何かに引っ掛かり、ミチイトのPEライン1号を持って引っ張ると、リーダーから先がなくなりました。(涙)

アタリすらなく、タチウオテンヤロストなんて、最悪のパターンです。

この場所を諦めて箱崎バナナに移動することとしました。

潮井浜橋近くには、ウキ釣りでタチウオを狙っている方が何組かおられました。

私は、野良猫たちがいるいつもの場所に行き、タチウオテンヤを何度、何度も、投げました。

すると、本日初のアタリみたいなものがありました。

泳ぎ回っているボラに、タチウオテンヤがたまたま当たっただけかもしれません。

ひたすら投げ続けました。

すると、水深3ヒロ具合であろうタナで何かがタチウオテンヤに掛かりました。

タチウオとは違う感触です。

リールを巻いて、近くに寄せて、ハリについている魚を抜き上げました。

・・・・・・・・・・・・・・!!??

引き具合から極小のタチウオかな?と思っていたのですが、25センチぐらいのグチでした。

釣り上げると、浮袋を膨らませてグーグーと鳴いていました。

「タチウオテンヤにグチ?」と、ガッカリしましたが、これも釣りです。

その後、近隣にお住いの自転車に乗って来られた方と釣り談義をしながらタチウオテンヤを投げ続けましたがアタリがありません。

箱崎バナナの近況報告をいろいろと聞かせていただきました。

いつもの鼻の部分が黒い野良猫が挨拶がてら登場。

ただし、いつもの常連の野良猫たちは、今日はなぜか不在です。

今日もタチウオには出会えませんでした。

タチウオたちが博多湾のどこに屯しているのかが知りたいものです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.