博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

3連続ボウズの後にやっと釣れた48センチと43センチのクロダイ

更新日:

実は昨日も釣りに行ったのですが、3カ所探ってボウズ

先週の土曜日は東浜の砂山でボウズ、日曜日はマリンメッセ横でボウズ、そして昨日のボウズと3連発のボウズでした。

特に昨日は悲惨で、K君と長浜で一緒に竿を出す約束をしていたんですが、6時に仕事が終わり近くのキャスティンに向かいますと、エサが売り切れ状態

名島の馬場釣具までエサのアオムシを買いに行くハメになりました。

しかも、しかもも緊急事態宣言が解除されたとあって、金曜日の夕方の3号線はかなりの渋滞。

馬場釣具でアオムシを1000円分買って逆走して長浜に向かいました。

長浜に向かったのは良いのですが、アタリがまるでありません。

K君と須崎に行きましたが、ここでもアタリはなく、中央埠頭に向かいましたが、ここでもピクリともしません。

中央埠頭では小郡市在住のKさんも来られましたが、最近はアタリがほとんどないと言われていました。

3人で釣り談義をしながらの納竿。

そのうち何とかなるだろう!!と、ボウズ続きでもまったく落ち込まない博多の釣りバカでした。

スポンサードリンク



昼過ぎにK君から送信されてくる画像でカニ採りを決意!

昼過ぎに本を読んでいますと、昨日長浜に行くと言っていたK君から次々に画像が送られてきました。

(48センチのキビレ)

(立派なチヌ)

(やや小さいキビレ)

(またしても良型のキビレ)

K君からは「長浜確変中!」のとLINEでの文言があり、下げ潮でキビレやチヌが釣れているとのこと。

今日は大潮で16時16分がド干潮なので、珍しく3時過ぎに自宅を出て、中央埠頭でカニを採ることとしました。

岩ガニを採るのは案外面白く、チヌやキビレを釣るよりも確実ですし、ついつい夢中になってしまいます。(爆)

チヌやキビレを釣るためのエサ採りなのに、岩ガニを採っただけで、なぜか満足してしまいがちな自分が恐ろしくなります。

半ばトランス状態で40匹ぐらい岩ガニを捕まえたところで我に戻り、岩ガニを採るのをやめました。

岩ガニと昨日買ったアオムシを持って長浜に向かいました。

スポンサードリンク



全くアタリがなくても全然平気

K君が48センチのキビレを釣ったという長浜のネコちゃんポイントに向かいました。

まるでアタリがありません。

さすがに大潮のド干潮ぐらいなので、このポイントでは潮位が低すぎるような感じです。

数箇所を探りましたが、アタリの「ア」の字もないので、移動することとしました。

スポンサードリンク



久しぶりにカニでチヌと呼べるサイズのクロダイが釣れた

勝手知ったる長浜界隈ですが、明るい時間帯に、ド干潮近辺で、カニエサでチヌと呼べるクロダイを釣ったことはありません。

クルマを移動して釣り場に付いて暫くすると、K君からスマホに連絡があり、私の居場所がバレたようです。(爆)

久留米在住のH君と須崎にいるとのことでしたが、すぐに私がいるところに2人してやってきました。

K君は今日の釣果に満足してエサのカニも捨てたようで、竿を持っている私と喋りながら同行してくれました。

そうこうしているうちに、底に着いたカニにアタリがあり、アワセを入れますと、久しぶりにチヌらしき引きがありました。

私の両手の掌をいっぱい広げたサイズですので、43センチぐらいです。

カニエサでチヌと呼べるクロダイを釣ったのも久しぶりですし、3連続ボウズの呪縛から逃れることが出来ました。

ド干潮近辺の下げ潮で、このサイズのチヌがベタ底でアタったのは私にとっても貴重な経験でした。

スポンサードリンク



ハリを替えエサをアオムシに替えて釣れた48センチのチヌ

相変らずK君と釣り談義をしながら竿を出していますと、少し離れた場所で、ルアーマンが何やらタモを出して取り込んでいます。

ナルトビエイを見てから、カニエサ様に使っていたチヌバリ3号を袖型9号に替えました。

そうしているうちに、ベタ底でアタリがあり、アワセを入れると、壁際に沿って逃げ纏う大型の魚がハリに掛かりました。

少し手間取りましたが、K君がタモで掬い上げてくれたのがこちらのチヌです。

なかなか威風堂々としたチヌです。

H君がクルマからメジャーを持ってきてくれて、計ると48センチありました。

その後、少し離れた場所でアオムシを一匹掛けしてユラユラ…と落とし込んでいると、ガツンとしたアタリがあり、アワセを入れますと、凄い引きと共にハリスではなくミチイトが飛んでしまいました。

俗にいう高(たか)切れです。

48センチのチヌが釣れても飛ばないミチイトを飛ばす魚とは????

仕掛けを作りなおしましたが、アタリもなくかなり戦意喪失。

妙なアタリがある魚を釣り上げますと、トンマ(ヒイラギ)でした。

トンマを釣って更に戦意喪失。

だんだん薄暗くなり、K君とH君とよもやま話や釣りの話をして、8時半でお開きとしました。

1匹はカニエサ、ム1匹はアオムシのエサで40センチオーバーのチヌと呼べるクロダイが2枚釣れて、どうにかボウズ脱出です。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, , ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.