博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

Y君のチヌ爆釣劇に同伴しただけの博多の釣りバカ

投稿日:

5月28日の土曜日は、博多区在住のY君とマリンメッセ横の湾内を探ることとしていたんですが、マリンメッセのイベントを検索すると、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE コンサート」が5月28日と5月29日に催されるとのことで、マリンメッセでの釣りを断念しとあるポイントに夕方から一緒に行こうということにしていました。

上り中潮で、14時30分ぐらいがド干潮だったので、それに合わせて岩ガニを採りに行きました。

いつもの岩ガニ採集所では真昼間のド干潮で思いっきりルアーを投げているアングラーがいました。

長靴をはいて、手には軍手をして、いつもの蓋つきのバケツを持って行きました。

15分ぐらいで採るのをやめました。

スポンサードリンク



小郡市在住のKさんから恐怖の情報がLINEに届いた

岩ガニを採り終わった頃に、LINEに小郡市在住のKさんから釣ったチヌの画像が送られてきました。

日中のフグの猛攻を回避するために、カラス貝の繊維掛けでチヌを仕留めたようです。

どうやら夕方からY君と一緒に竿を出すことにしていたとあるポイントは、午前中にKさんに釣られてしまった感じです。

おまけに、金曜日にY君が竿を出してダメだったというもう1個所の候補地でもKさんが竿を出したようで、冷静に考えるとチヌが釣れるポイントはおのずと限られてきます。

ヘチ・落とし込み釣りは、チヌがいるところを探りながらトコトコと歩く釣りですので、先行者がよほど下手でもない限り、狙うポイントは似たり寄ったりですので、最盛期ならともかく、まだ数が少ない今の時期は、後から行って釣れる確率はグンと低くなります。

このことはメイタ~チヌに限らず、メバルやシーバスなどのヘチ・落とし込み釣りでも同様のことが言えます。

ただし、とあるポイントはとても広大な釣り場ですので、Kさんが竿を出していない場所も想像がつきますので、Y君とは待ち合わせ場所を変えることなく決行することにしました。

スポンサードリンク



釣れないだろうと覚悟しての竿出しはかなりつらい

今日はバッドが非常に強く、かなりの大物が掛かっても主導権を握れるダイワのBJスナイパーを使うこととしました。

水深も深くありませんし、風もないのでガン玉は2Bとしました。

ヘチに岩ガニが付いたハリを落とし込みますと、竿先から手元にカツカツ・・と小刻みな嫌なアタリ。(涙)

チイチイフグなんて云うようなかわいい代物ではない、でっかいクサフグです。

岩ガニでは、瞬殺されます。

Y君が来るまでに、でっかいクサフグを5匹ぐらい釣っただけ!

しばらくするとY君登場し、どのへんでよく釣れるのかのレクチャーを受けながらの竿出し。

Kさんが午前中釣った場所では二人ともチヌらしきアタリはほとんどなく、Y君がKさんが竿を出してないであろうポイントで仕留めたのがこちら。

45センチぐらいのいぶし銀のようなチヌでした。

Y君からどのへんで釣れるのかを教えてもらい、次の釣行に役立てることが、今日の目的になりました。(笑)

スポンサードリンク



Y君の爆釣劇を後ろから眺めていた博多の釣りバカ

Kさんが竿を出した場所を早々に切り上げて、とあるポイントを移動しながら竿を出しました。

私が竿を出したことがない場所で、Y君からポイントのレクチャーを受けました。

そうこうしていると、Y君が驚くようなポイントでやり取りしています。

Y君がスケールを当てると、52センチの年なしのチヌ

50センチ径のタモ枠から少しはみ出る黒々として精悍な顔つきをしたチヌでした。

驚いたことに、Y君が使っていたエサなんです。

カニを付けるとフグにやられるために、彼が使っていたエサがこちらのイミテーションのイガイ団子

このようなエサで年なしのチヌが釣れるとは!

移動しながらY君から「あそこでも釣れるんですよ~!」だとか、「この辺も釣れるんですよ~!」というレクチャーを受けながら歩きました。

ところがアホな私に釣れるのは、こいつらばかり。

Y君がチヌを釣るのを後ろから見ながらの釣行。

そうしているうちに私にもやっとそれらしいアタリがありました。

Y君がタモで掬ってくれたのが、35センチぐらいのメイタ

その後もY君は何匹かチヌを追加。

暗くなって潮位も上がって来たので期待感が膨らみましたが、カニエサではなかなかアタリが出ません。

私のもガツンをアタリがあったのですが、仕掛を上げるとこちら。

写真のピントが合っていないため分かりずらいのですが、カニ用のチヌバリ3号が内側に曲がってキツネバリのように変形しています。

カニエサの時に結構あるパターンです。

暗くなってカニエサで底を這わせいると、Y君にも私にもこちらが釣れました。

その後私にももう1匹のテナガダコ。

暗くなり、チヌのアタリがなくなって二人でテクテク・・と歩いて帰っていたら、Y君が最初のポイントを時間ぎりぎりまで探ってみたいというのでそれぞれ違うポイントでの竿出し。

私はフグのアタリしかありませんでしたが、Y君は本日最初に45センチのチヌを釣ったポイント近くで、本日2匹目の52センチの年なしのチヌをゲット。

最後の最後までやってくれたY君でしたが、帰り道に私が箱崎バナナに寄って野良猫たちに挨拶してくるといいますと、「今から東浜に行ってみます!」とのこと。

Y君は、とあるポイントで6~7枚チヌを釣ったと思いますが、いはやは、Y君の元気の良さに驚かされました。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.