博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識

40センチオーバーのアイナメを目指して箱崎埠頭に出かけた博多の釣りバカ

投稿日:

過日お会いしたテクトロでシーバスを狙うルアーマンのMさんが、ボトム付近のテクトロで40センチオーバーのアイナメを掛けたというポイント付近を目指して、夕方から箱崎埠頭のポートオブハカタに出かけました。

ところが、あいにくMさんから伺ったポイントには、前回も停泊していた「近海郵便」と書かれたかなり大きな船が停泊していて竿を出せません。

Mさんからは「近海郵便」の「郵」の字とある付近で掛けたこともうかがっていましたので、竿が出せずに戦意喪失。

お若い男女が磯竿を地面に何本も置きっぱなしにして何かを狙っています。

伺ってないのですが、恐らくコウイカ狙いではないかと思います。

私は、先日20センチオーバーのメバルが釣れたポイント付近で竿を出すこととしました。

すると、お若い方がカニをエサにして落とし込み釣りでチヌを狙っていました。

私がそばで竿を出している時は竿が曲がった気配もなく、チヌが掛かった気配もないのに海を覗き込んでいるので、お尋ねしますと、腰の後ろに提げていたタモが海に落ちてしまったそうなんです。

・・・・・・!!??

いつものお車を積み込む船が出港し、辺りがだんだん暗くなってきました。

スポンサードリンク



テクトロルアーマンのMさんと再会

そうこうしているうちに40センチオーバーのアイナメを釣ったテクトロルアーマンのMさんと再会。

早朝の4時からも、ここで竿を出していたそうです。(驚!)

二人で沖防の方を見ながら、しばし釣り談義。

遠目で見ますと、6~7人の釣り人が沖防にいます。

Mさんが言われるには、朝は10人ぐらい沖防に渡っていたとのこと。

既に沖防では、メイタ~チヌが散発的に釣れているようです。

そうこうしているうちに今度は見慣れた白い車が私の付近に止まり、中にはこのポイントの釣り方を昨年教えて下さったHさんが来られました。

で、またしても近況報告と釣り談義。(爆)

Hさんは立ち入り禁止の柵があるところに車を止めて、その付近を狙ってみるとのこと。

タモを海に落とした青年の後ろ姿が少し寂しい。

実釣開始は7時ぐらいから!

最近は、日が長くなって晴天の日は夕方の7時ぐらいからしかメバルが食いはじめません。

それまでがアイナメ狙いの時間帯でもあるわけです。

で、7時を過ぎますと、今日はベタ凪なのになぜか小メバルの食いがイマイチです。

オマケに、20センチちょいのウミタナゴまで釣れて、撮影後にすぐにリリース。

それから散発的にアタリがあり、食い渋りの中、丁度20センチぐらいのメバルを1匹交えて、最小限のメバルを釣りました。

今日はまだ前回釣ったメバルが家庭の冷蔵庫にあるので、20センチぐらいのメバルもリリースです。

帰り際にHさんと再び、今年はチーバスがいないことと、昨年大発生したテナガダコのことなどをお話して私は帰ることとしました。

Hさんは、久しぶりにバナナで竿を出してみると言われていました。

スポンサードリンク



バナナに行ったHさんの釣果報告

Hさんからラインでバナナでチビメバルとタケノコメバルに混じり20センチのメバルが釣れたとの情報が入りました。

で、鬼ごろしのおっちゃんことKさんが釣れた?!とも書き込みがありました。(笑)

寒くて散歩に出てこなかったKさんが、鬼殺しをチューチューしながらフラフラ・・歩いている姿が目に浮かびました。^^;

実はもう7~8年前に、私がバナナで39・5センチのアイナメを釣った時に、タモで掬って下さったのが鬼殺しのおっちゃんことKさんでした。

この時が、Kさんとの最初の出会いでした。

以来バナナに行くたびに、Kさんと釣り談義をするようになりました。

Hさんが「Kさんも釣れて絡まれました~!」とLINEで送ってこられましたが、様子が目に浮かびます。(苦笑)

バナナに行くときは、私やHさんは変装して行かないと、鬼殺しのおっちゃんのつまみにされてしまいます。(笑)

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.