博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

4度目の緊急事態宣言と安近短の釣りの無関係

投稿日:

8月20日の今日から、福岡県は4度目の緊急事態宣言下となりました。

まん防措置と比べてどうなのか?と云うこともほとんどの方は考えることなく、いつも通りの日常生活をするしかするべき手段はないように思えます。

これまでも外出するときはマスクをして、なるべく人が集まるようなところにはいかないようにしましたし、焼き鳥屋や居酒屋すらしばらく行っていない状況です。

巷では懇親会や親睦会などもほぼ自粛気味で、社内での送別会なども、なかなか行われないような中、夏の甲子園を中止もせずに、パラリンピックも100%信用できない「安全・安心」を謳わなくて良いので、即刻中止するのが当たり前だと思うがそれもしない政府。

呆れることに、東京五輪の開催が間接的に今の感染爆発を引き起こしたのは、誰が見ても明らかなのに、まるたま五輪相は、テレビの視聴率が上がったので、コロナの感染拡大と東京五輪開催は無関係だと言い張る始末。

こんな方が政府の大臣している様では、助かる命も助からないのを覚悟するべきだと思う。

と云うか、今の内閣を支持している方が本当にいることが不思議でなりません。

私は一貫して東京五輪中止を望んでいたので、意地でも東京五輪のニュースは、新聞もテレビもネット内のニュースでも、ほとんど見ることもしませんでした。

メダルの獲得数などは基本的にどうでもよく、五輪終了後にパンデミックが起こることなど、誰もが考え得ることだったが、コロナ禍で沈んだ気持ちを憂さ晴らしするかの如くマスコミが連日五輪の報道バッカリ流したことに嫌悪感を抱きました。

だが、これも想定内。

五輪をやって良かったと思った国民が増えるのも想定内。

しかしながら、コロナの感染者が爆発的に増えるのも想定内だったはず。

感染しても入院できずに、自宅療養で命を落とす方も増えてきています。

自宅療養と云っても、単に放置=見殺しするだけでしょう?

これは、バッハ会長から功労賞の金章を貰った二人=開会式の天皇陛下のスピーチの際に座っていた不遜にして無礼千万な〇ンポンタンの2人による人災ではないかと私は思う。

長く続いた最悪の安倍政権のモリカケサクラカワイ、黒塗りのままの赤木ファイル、「虚偽・隠ぺい・改ざん・破棄」内閣を承継して、トップがはぐらかす、まともに答えない、だからその下もそれに従うのワンパターン。

私ごときが政治に対する文句を言ってもコロナが終息するわけでもないことは承知していますが、怒りを抑える限界を超えていると思う。

5人で会食しておいて、黙って飯を食った「黙食」だからと言い訳したどこかのクソジジイなどを聞くと、こんな奴らのお願いなど、誰がきくか!!!!!と思う国民が多いのは、これまた想定内ではないでしょうか?

スポンサードリンク



サビキ釣りでもアジゴは入れ食いとは程遠い釣果

性懲りもせずに砂山に向かう前に東浜の西側に寄りますと、ビギナーらしい方がサビキ釣りをしていました。

マキエのアミエビで手が汚れないように、「アミ姫」を使っていましたが、マジで釣ろうと思えば、マキエ用のアミエビを最低でも4分の1角ぐらいは用意して、ガンガンマキエを撒いて寄せないと、釣れるものも釣れんバイ!と思いつつ眺めていました。

臭いニオイがイヤだとか、手が臭くなるのがイヤだから…釣れなくても構わない!!とうのであれば、「アミ姫」は良いかもしれませんが、ガチでサビキ釣りたいなら臭いけど解凍したアミエビを使ったほうが良いのに~!と私は思います。

「常温で置けて臭くない」代償は、たいして釣れないと覚悟したほうが良いと思います。

余談ですが、パワーイソメとアオムシはどちらがよく釣れるか実験をしたことがありますか?

狙う魚にもよりますが、私が試した結果は、圧倒的にアオムシの方が釣れます。

比較するほうがどうにかしています。

アオムシが噛みついたり気持ち悪いからという理由で、パワーイソメを使う方もいますが、私はパワーイソメの方がよほど気持ち悪いです。

スポンサードリンク



砂山ではK君とH君がチヌが釣れてはしゃいでいました!

砂山ポイントに向かいますと、見慣れた二人のクルマが止まっていました。(笑)

挨拶している途中に、K君がチヌを掛けたみたいでした。

しかも、リールを見ればH君のタックルであることが一目瞭然でした。(笑)

ハリに掛かったチヌが穴に潜り込んだみたいですが、暫くすると出てきました。

毎度のことですが、H君のタックルをK君に渡した途端にチヌが来たみたいです。(爆)

H君がタモで掬ってTHE END。

H君がメジャーで計ると38センチ。

遠くを見ますと、昨日もお会いしたSさんが来られていますし、〇〇会のEさんも来られましたし、やはり昨日もこられたSさんも来られました。

夕マズメ狙いでクロダイ師たちが竿を出していました。

スポンサードリンク



一日でこんなに違う釣りモノ

H君とメバルポイントで竿を出しました。

1投目から釣れたのがこちらのクロです。

今日もまた、クロの猛攻に悩まされるのか?と思っていますと、H君がアジゴを釣りました。

私にもアジゴらしきアタリがありましたがハリには掛かりませんでした。

ほどなくすると、20センチオーバーのメバル

K君と世間話などをしながらの竿出しで、クロがほとんど釣れずに、大小のメバルばかりが釣れました。

その後もクロは1匹のみで、あとはメバルばかり。

20センチオーバーのメバルは5匹。

小さなメバルも、今日はソコソコ釣れました。

しかし昨日あれだけ活性が高かったくクロが身を潜めていたのには驚かされました。

たった1日違いで、同じ場所・同じタックル・同じエサ・同じ釣り人でも釣りモノがガラリと変わるんです。

その後納竿しましたが、9時45分ぐらいまでK君H君と災害などについての話をしました。

明日は17時~18時でクルーズセンターでモデルナを打つように予約していますが、たまたまK君も1回目の接種が同じモデルナで、同じ時間帯とのこと。

接種が終わったらそのまま竿を出せるようにこの時間帯を選んだのですが、明日は今のところ夕方は雨みたいです。

それ以前に2回目の副作用が心配ですけど。

どうなることやら。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.