博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

2020年11月半ばの福岡市近郊のミニマムな釣り情報

更新日:

11月の半ば過ぎだというのにメチャ暑くて、朝早く目が覚めてしまいます。

通勤もたいした厚着はしていないのに、汗ばむほどです。

こんなに暑けりゃ、海水温も下がりにくく、博多湾の湾奥がクサフグ天国になっているのもある意味納得です。

どこで竿を出しても、半夜釣りにも結構いますから、日中は虫エサやモエビやオキアミを使った釣りは、フグに餌とハリをやりに行っているような悲惨な目に遭いそうです。

私と同じ年の小郡市在住のKさんは岩ガニを20匹持って行って、19匹はフグにやられ、1匹だけ本命のチヌが釣れたそうです。

黒々とした精悍なチヌですが、この1匹が釣れずに20匹全部の岩ガニがフグに齧られて試合終了になったと考えただけでも、身の毛がよだつスリリングさです。

天を見上げて・・・タックルを海に投げ込んで、「二度と釣りなんか・・するもんか!!」と吠えてしまいそうです。

しかも翌日は、チヌキチ三平の西戸崎のK君のレクチャーの下、志賀島でウキフカセでチヌを見事にゲット!

同級生のKさんは、冬場のヘチ釣りの好餌として知られるフジツボに異常な興味を示し、自分で採取して試し釣りをするみたいです。

Kさんがフジツボを餌にチヌをゲットする日は、遠くないはずです。

スポンサードリンク



G君がメバルとアラカブをゲット!

定年まで勤めた職場の後輩Gは、つい先日私がクロばかりでウンザリした釣り場で、クロとメバルとアラカブをゲットしています。

メバルが19センチと21センチ、クロが24センチでアラカブが23センチだったそうです。

今年名門の修猷館高校にうかったG君の息子は、父ちゃんが変な魚を釣ってきて料理するから、グレるかもしれません。(笑)

・・・と云うのは冗談で、息子と嫁さんに「美味しい釣り人料理」を作っているんだと思います。

マジで、イイ父親だと思います。

いやはや、G君もフグの多さに呆れていましたけど…!!

スポンサードリンク



大量のカマスをゲットしたH君

H君も定年退職まで勤めた前の職場の後輩ですが、須崎埠頭のシーバス釣りの名人でもあり、クロ釣りとキス釣りを愛する釣り人です。

水産高校がある津屋崎漁港です。

そんなH君が何故ここでこんな魚を釣っているのかが不思議ですが、誰から「直近の釣り情報」を仕入れたのだと思います。

私がよく云う「1場所、2エサ 3仕掛け」のうち、釣り場の釣り情報は「鮮度と精度」が非常に重要です。

釣り情報の精度とは、テスターだとかメチャクチャ腕利きが釣れる情報はアテにしないことです。

釣り場情報の鮮度とは、海釣りでは私は最低でも3日以内が命だと思っています。

釣り情報の鮮度に関しては、翌日行っても、釣れないことがあっても不思議ではないのが海釣りです。

釣り情報の精度に関しては、ビギナーでも釣れるぐらいのレベルが基準だと、私は思っています。

話が横道に反れましたが、H君は30センチぐらいのカマスを22匹釣ったそうです。

仕掛けは、サビキ仕掛けでマキエをしない釣り方なのだそうです。

普通通りカゴにマキエを詰めてサビキをすると、バンチャゴ(バリの幼魚)が入れ食いになるとか。

これで3分の1で、塩焼きで食べて、後は干物にするそうです。

釣り場で若いアベックの男女がいて、10匹ほどプレゼントしたそうです。

H君がカマスをプレゼントしたことで、釣りが好きになってくれたら、釣り人としては嬉しいお話ですよね?

津屋崎漁港では、朝方に30センチ近いアジも釣れているようで、例によって船が停泊している内側では35センチほどのメイタがウキフカセ釣りで4~5枚釣れているとのことです。

スポンサードリンク



11月は福岡市の海づり公園でヒラメを狙うのも面白い!

福岡市のづり公園でコンスタントに釣果を上げることは、これはこれで難しいと思います。

時期時期に釣れる魚と仕掛けとエサを完全に把握していないと、私が改めて書かずとも、痛い目に遭うこともあるはずです。

で、それを承知で言えることは、11月には海釣り公園でヒラメを狙うのが賢者の釣り方のセオリーだと私思っています。

大変申し訳ないのですが、博多湾の湾奥で年なしのチヌやランカー級のシーバスを釣っても、家族に嫌われている方は天然モノのヒラメを釣って、この際だから家族の前でドヤ顔をしてみませんか?

超レアな事例を除いては、天然ビラメのエンガワの刺身が美味しくない!などと云う方は滅多にいないと思います。

私はチヌ釣り以上におかっぱりヒラメに凝った時期があり、おかっぱりヒラメは間違いなく3桁は釣っています。

泳がせ釣りをしながら、ベイトフィッシュをサビキ釣りで釣るのが面倒で15年以上は真面目にしていないと思います。

ヒラメは運・不運もありますが、セオリー通りの釣り方をしていると、20匹の岩ガニで1枚のチヌ以上の高確率で、釣れやすい魚でもあります。

私は30~40センチのソゲ級を1回の釣行で二桁釣ったことが何度もあります。

難しく考えずに、11月は海づり公園でヒラメを狙う!!というのも一つの選択肢だと思います。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.