博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

20センチオーバーのメバルを求めて博多湾沿岸メバル行脚

更新日:

金曜日の夜はここ最近必ず釣りに出かけるのですが、今週はあいにくの雨でした。

土曜の午前中もどんより曇っていて、天気予報では夕方から晴れるとのことでしたが、予報通り夕方からバッチリ晴れ間が見えました。

朝夕も涼しくなって、メバルが博多湾の湾奥のアチコチに出没するのではないか?と思い、今日はアイランドシティの防波堤でメバルを狙ってみることとしました。

さすがに土曜日の夕方とあってか、釣り人が案外いました。

堤防の真ん中や先端にも釣り人が!

私が見た限りでは、サゴシを狙っているのかシーバス狙いなのかは分かりませんが、メタルバイブレーションやシンキングミノーを投げているルアーマンが多いようでした。

スポンサードリンク



アイランドシティの防波堤はフグパラダイスでした!

まだ少し明るいうちに、急いで仕掛けを作りました。

仕掛けを作れば、ハリにエサを付けて探ってみたくなるのが釣り人の性というものです。

早速竿を出してみますと、釣れるのはこの方々ばかり!!(涙)

やはり、日があるうちはヘチを探るとフグパラダイスです。

少し竿を置いて、周囲の景色を見ながら時間を潰して再び竿を出すも、やはり釣れるのはこの方たち。

11匹連続してフグしか釣れないので、防波堤の付け根を探りますが、ここでもアタリすらありません。

6時半ぐらいにコンテナエリアに停泊していた船の積み込みが終わり、出港するのを見て、暫くしてコンテナエリアで竿を出しました。

しかし!!!

ここでも全くアタリの「ア」の字もありません。

・・・・・・・・!!!???

アイランドシティの防波堤を諦めて、中央埠頭のメバルポイントに移動することとしました。

不幸中の幸いで、今日は不思議とハリを1本もフグに取られませんでした。

中央埠頭の三菱倉庫の前で竿を出した!

アイランドシティから中央埠頭に逆走して、真っ先に竿を出したのが三菱倉庫の前のワンド

前回は、メバル、キビレ、ウミタナゴ、タケノコメバル・・などが釣れたポイントで、ここで竿を出せば何かがハリに掛かるはずです。

潮位が低く、その中で適当にアタリがあるのがメバルです。

大きさは13~15センチ程度。

今日はこのポイントではメバルしかアタリがありませんでした。

潮位が低い中、メバルが当たるだけでも「良し」とせねば!

しかし、ここにいろいろな魚が集まるのは、かなり時間がかかりそうなので、竿を後部座席の窓から入れてすぐ近くに移動。

スポンサードリンク



中央埠頭の海上保安庁の船が停泊する入り口付近で竿を出した!

三菱倉庫前から海上保安庁の船が停泊する入り口付近に移動しました。

オーバーハングになっているところが隠れるぐらいの潮位で、昨日の雨で際には草やゴミがたくさん浮いていて、エサの付いたハリを落とすのが難しいぐらいゴミだらけです。

その間を見定めてエサの付いたハリを落としますと、小気味良いメバル独特のアタリが!

1ヒロぐらいで、竿先を鈍く引き込むアタリ方をします。

ここで釣れるのは、みんな同じように15~16センチぐらいの丸々したメバルばかり。

持っては帰れないサイズです。

アイランドシティではチイチイいフグしか釣れませんでしたが、このポイントは今日はメバルしか釣れませんでした。

アイランドシティの防波堤では、20センチオーバーのメバルが釣れるかと思ったんですが、メバルはおろか、クロもセイゴもメイタも…、何一つアタリがありませんでした。

潮位が悪かったのか、どうなんだか??

海釣りではよくあることですから、気にすることではありません。

博多湾奥メバル行脚は始まったばかりですし!!

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.