博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

2月末日のアイランドシティの防波堤で20センチオーバーのメバルが狙えるのか?

投稿日:

だんだん薄暗くなってきましたので、昨年の6月からちよくちょく通っているアイランドシティの防波堤に移動いたしました。

平日で、釣り人は誰一人いません。

こちら側は、いつものように船が停泊していて、この船が出港すれば竿が出せますが、でないと竿出しは不可能です。

とりあえずは、いつも狙う防波堤の付け根から探ってみることといたしました。

ところが、いつもは小メバルが群れているはずの防波堤の付け根ですら、まるでアタリがないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・????

ここの付け根だけは、何かのアタリがあるはずの鉄板ポイントなのですが‥。

スポンサードリンク



いつもの防波堤ではまるでアタリがありませんでした!

付け根を探り、次に真ん中ぐらいのハシゴがある近辺を探り、先端部分のメバルが多いポイントと順に竿を出しました。

海藻がたくさん生えていますので、
・それより上の浅いタナ
・海藻付近のタナ
・海底近く
を探りましたが、恐ろしいほど、まるでアタリがありません。

この防波堤に通い始めて、ここまでアタリがなかったのも初めてです。

内側を時折探りましたが、内側もダメです。

20センチオーバーのメバルどころか、チビメバルのアタリすら皆無なのです。

先端部分で、周囲を見渡しながら次の策を考えていますと、先ほど荷物を積み込んでいた船が出港していきました。

ダメもとで、そちらで竿を出してみることにしました。

スポンサードリンク



コンテナの裏から奥の角地にかけては小メバルの宝庫でしたバイ!!

せっかくいつもの防波堤と先端まで探ったのに、ここでは今のところボウズなので、オメオメと帰るわけにもいきません。

タナを1ヒロぐらいに合わせて、タナ釣り&テクトロ開始。

すると、1投目から小メバルが釣れました。

1時間ぐらいいつもの防波堤を探ってアタリすらなかったのに、こちらは1投目からアタリがあることに驚かされました。

コンテナが積んである3番ピット付近では、すぐさま小メバルが入れ食い。

20センチオーバーのメバルが釣れんかな~!!などとムシの良いことを考えつつ探りましたが、いませんので、この付近で釣れた小メバルを一度リリースして、奥に向かいました。

梯子が横にある10番ピットは覚えておきましょう!!

ハシゴが横にある10番ピット付近で竿を出しました。

万が一、海に落ちたときはここからも這い上がることが出来ます。

ここも、小メバルの宝庫でした。

特にこのポイントは小メバルが入れ食い!!

でも、不思議なことに、こちら側沿いには小メバルすらいません。(涙)

いや~不思議です。

スポンサードリンク



2月末日のアイランドシティの防波堤の総評

チヌやシーバス、クロなどが釣れ盛ったいつもの防波堤は海藻が生えて、魚が全くいないような状態でした。

海藻が生えても、魚はかえって身を隠しやすくていそうなのにです。

で、反対側の明るい場所の際には小メバルがたくさんいました。

しかし、狙うような20センチオーバーのメバルはいませんでしたし、シーバスすら皆無。

年間を通じて一番海水温が下がる時期ですから、海の春はもう少し先になりそうです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.