博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

香椎浜ふ頭からカレイを狙った博多の釣りバカ

投稿日:

今日は東区に用事がありましたので、それを済ませて、香椎の釣具のポイントでエサと小物を購入して、アイランドシティの昨年からよく行く防波堤でメバルの探り釣りをすることにしました。

しかしながら、まだ日が高く、メバルが出没する時間帯まではかなりありますので、アイランドシティの防波堤から対岸に見える香椎浜ふ頭で、ダメもとでカレイを狙ってみることに致しました。

平日に入るのは、初めてです。

近くにトレーラーの頭に部分に乗った方や、博多港湾サービスと書いた作業車が走っていましたが、何も注意されませんでした。

小潮で、ちょうど満潮近辺です。

スポンサードリンク



投げ竿2本と際狙いの胴付き仕掛けの竿を1本出しました!

この香椎浜ふ頭のポイントは、沖防の影響を受けずに、志賀島~大岳~西戸崎~雁ノ巣方面からの海流が入ってくるところなので、もしかしたら、カレイが良いかも?とばかり、竿を出してみました。

2本は投げ釣りの仕掛けで、もう1本は際狙いの胴付き仕掛けのオモリのところからもう1本枝バリを出した仕掛けです。

昔は10本ぐらい投げ竿を出していましたが、今日はリサーチを兼ねての釣りですから2~3本ぐらいで「良し」としときます。^^;

それに、竿数を出すのは簡単ですが、片付けるのが面倒なんです!!

竿先にスズを付けるのもやめて、昔からよくやるように、クルマの中から竿先を眺めていました。

やはり、クルマの中から竿先を見ることに関して言いますと、穂先が白いほうが視認性が良いです。

スポンサードリンク



投げ竿で釣れるのは方の良いハゼばかりでした!

クルマの中から竿先をていますと、竿先に反応が!!

カレイのアタリでもありませんし、アイナメやスズキのアタリでもありません。

犯人はやはり・・・・、この方。

ちっとも嬉しくないハゼです。

リールを巻くときに、少し重たく感じるだけ!(涙)

中には、かなりデカいハゼも釣れました。

大きな方は25センチはありそうです。

でも、冬場のハゼはライオンハゼと云って、頭がデカくて、身が痩せているのが特徴です。

余談ですが、この時期のハゼは卵を持っており、この卵を取り出し、きれいに洗って、タッパーなどに、にんにく醤油の中に漬けておくと、凄く美味しい珍味が出来ます。

妻も歳を重ねて腱鞘炎とリュウマチ気味なので、若い頃みたいに好奇心旺盛に料理をしてくれませんし、綺麗好きなので、私を絶対に台所に立たせてくれません。(涙)

ハゼは、ヌルヌルして捌きにくいですが、秋口のこれぐらいの大きさのハゼは、マダイやヒラメの刺身よりも私は美味しいと思います。

美味しい魚の捌き方や料理法を知ってはいるのですが、妻と別居でもしない限り、私が魚を捌くことはできないと思います。

当然ながら、釣れる端からリリースです。

胴付き仕掛けの竿には、アタリの「ア」の字もありません。(涙)

薄暗くなるにつけ、この場所でとっとと道具を片付けて、アイランドシティの防波堤に向かいべく、落とし込み用の竿に仕掛けを作りました。

最後に

この香椎浜ふ頭はあくまで、メバルの探り釣りまでの「場繋ぎ」でしかありません。

ハゼがトータルで7匹釣れただけで、胴付き釣り仕掛けには、メバルも、シーバスも他の魚のアタリも一切ありませんでした。

まだ日が沈んでないことと、時期が時期だけに、胴付き仕掛けにアタリがないのは、「想定内」でした。

にしても、投げ釣りでは、ハゼ以外に何も釣れなかったことが残念です。

6時を過ぎましたので、投げ竿や胴付き用の竿を片付けて、アイランドシティの防波堤に向かいました。

ここで、狙い通りに20センチを超えるメバルが釣れるといいんですけどね~!!

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.