博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識

閑散期の釣りバカの視点と現代に生きる「仕事人」

投稿日:

仕事で博多区をクルマでウロウロしていると、その昔宮田釣具店があったところに近い那珂川沿いに、夏場は絶対にメイタ~チヌが釣れそうなポイントを発見。

 

この構造物のヘチには、絶対にメイタ~チヌが付くはずです。

 

6月から11月ぐらいの中潮や大潮の満潮近辺でしょうが!!

 

向こうに見えるのは、9月に中洲ジャズがあるリバレイン博多ですよ~!!

たいていの釣り人が、恐らくは竿を出さないところで竿を出すのが、数と型を釣るコツです。

スポンサードリンク



釣りは仮説と検証の繰り返しです!

このポイントは、もしかしたら‥‥!?とイメージするのが面白いのです。

この場所で、お目当ての魚を釣るには、どういうタックルと仕掛けやエサで…などと考えるだけで面白くないですか?

人が釣ったから行くというのではなく、誰も竿を出してないからこそ、出してみたくないですか?

少し、違った観点を持てば、釣りのポイントはいくらでもあります。

香椎浜で現代に生きる「仕事人」を発見!

午後から東区に用事があり、香椎浜イオンに車を止めて少し休憩しました。

いつもの見慣れたタワーがあります。

海を眺めながら歩道を歩いていますと、カゴに興味深い文言を書いた自転車が止まっていました。

よ~く、見て見ますと、

・・・・・・・・・・・・!!??

近くには、こちらの看板が!

誰の自転車?・・・・と、キョロキョロしていると、かなり離れたところで、干上がった砂浜を熊手で掘っている方がいました。

遠くで誰かが砂浜を掘っているのですが、男女の区別さえ分かりません。

暫くすると、以前私が勤務していた会社の役員と似たような風貌で、ヒゲを生やしてワケの分からん事を言うのもそっくりな男性でした。

しかも、年齢も同じぐらいです。(笑)

似たような風貌の方は、似たような志向性を持つのでしょうか?

で、その方が歩道に置いたカゴがこちら。

小ぶりなアサリがたくさん・・です。

それはともかく、このアサリを掘っていた「仕事人」の方は、自転車のクーラーにアサリを入れて、売りに行くとのこと。

通りがかりの3人のおばちゃんたちが、かなりこの「仕事人」をからかっていました。

カゴの文言とアサリ掘りの因果関係と整合性に私は頭を抱えました。(爆)

誰の恨みを晴らすために、アサリを掘っているのでしょうか?

スポンサードリンク



最後に

人違いかもしれませんが、こちらの「仕事人」は過日、福岡市役所の前で拡声器でワケの分からないことを演説していた方にも似ているような気が致しました。

 

人違いであってほしいものです。

 

これ以上書くと、逆恨みに遭うかもしれませんから、「仕事人」のことについてはこれ以上言及は致しません。^^;

ひらがなで、「うらみはらします 仕事人」と書かれたカゴの文言は、私の胸を貫きました。(爆)

「仕事人」恐るべし!!

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.