博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

長雨の後の長浜界隈で50センチオーバーのフッコとタケノコメバルやキビレが釣れましたバイ!

更新日:

連日の嫌になる長雨も今日はどうにかおさまって、時折暑い夏を思わせるような日差しでした。

明日、明後日は仕事は休みですし、今日は大潮で夜の10時ぐらいが満潮だったと記憶していましたので、仕事が終わってから帰宅することなく、そのままポイント築港店でアオムシを買って長浜に向かいました。、

ヤフーの天気予報は「晴れ」なのですが、時折フロントガラスに雨足が!

エサを買った以上、今更引き返すこともできずに、長浜のいつもの場所へ!

先週は釣りに行けなかったので、ちょいと「新鮮な気分」で竿を出すことが出来ました。^^;

今日は釣れても釣れなくても構わないので、とにかく海辺に立ちたかったのです。

この気持ち・・・・、釣りが好きな方なら・・・お分かりいただけますよね??

スポンサードリンク



エサを付けて1投目から釣れたのはタケノコメバル

エサを付けて1投目から釣れたのはタケノコメバルでした。

今年はホント、20センチぐらいがレギュラーサイズで、それ以上大きなものも小さいのも少ないのが特徴です。

更に2匹目もタケノコメバル。

コレも、先ほどとほぼ同じサイズのタケノコメバルです。

中途半端なサイズです。

もう1匹釣れましたが、すべてヘチの海底でアタリました。

スポンサードリンク



2歳魚のキビレが当たる!

更にもう1匹のタケノコメバルを追加して、少しブルーになっていますと、浅いタナで明確なアタリがありました。

正体はこちらです。

手の平+尻尾の大きさもないぐらいの2歳魚のキビレ

真面目に釣る気もしませんが、避けてもハリに掛かります。^^;

このようなサイズのキビレを次々に釣っても、何の価値も見いだせない私は場所を移し、九州製氷の前に行くこととしました。

長雨のことはさておき、大潮で上げ潮なので、もしかしたら‥‥長浜モンスターがハリに掛かるかも???などと思いつつ竿を出しました。

ところが、アタリの「ア」の字もありません。

ホント、この釣り場は時合がまるで分りません。

昨年の6月以来、この場所でハズレくじばかりを引いています。

帰り際に寄ったポイントで50センチオーバーのフッコを2匹釣りました

今日も長浜モンスターどころかアタリがないまま九州製氷の釣り場を引き返し、クルマに向かう途中に、こちらのポイントに行ってみました。

こちらの先端部部を探っていますと、25センチぐらいのセイゴが釣れ、ハリを外してすぐリリース。

エサを付け替えて、浅いタナから3ピロぐらいを探りますと、微かなアタリがあり、エサだけ取られました。

・・・・・・・・・・・・!!??

エサを付け替えて同じ3ピロぐらいを探りますと竿先に僅かなアタリがあり、適当にアワセを入れると、竿が大きく弓なりになりました。

釣れ上がったのが、こちら55センチぐらいのフッコです。

最後の最後で来ました。!

リリースして再びその付近を探りますと、またしても微かなアタリがあり、アワセを入れてタモで掬いますと、52センチぐらいのフッコ。

最後の最後で、連続してフッコが2匹釣れました。

もっと探ればまだまだ釣れたのかもしれませんが、2匹目のフッコをリリースしたときが8時15分。

ここで納竿としました。

釣れる気もせずに、釣れなくても構わないと思って釣り場に立ちましたが、最後の最後で竿が海面まで入る引きを楽しめました。

長雨は、博多湾の湾奥に、甚大な爪痕を残さなかったように思えました。

土日の釣りはOK!じゃないでしょうか?

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.