博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

釣りバカは仕事が忙しくてもヒマでもそれを口実に海辺に立つものです!

投稿日:

3月に入りなぜか仕事が随分と忙しくなりました。

契約書各種、株主総会議事録、取締役会議事録、定款変更、取締役の変更登記申請書の作成、株式譲渡にかかわるもろもろの書類作成、会社の解散・清算にかかわる書類作成等々、面倒で、取り寄せしないといけない添付書類などが必要な煩わしい書類作成がメジロ押しなのです。 ^^;

更に、4月1日より猶予期間が切れる食品表示法についての従業員の方がすぐにわかる「分かりやすい意見書」などを求められました。

世に言う食品の「裏シール」のことなのですが、そもそも食品表示法が食品衛生法・JAS法・健康増進法の食品にかかわる表示を一元化した法律ですので、簡単なワケがないのです。

実は、本日ある行政機関に赴いて、いろいろと相談しましたが、失礼ですが担当者がこの法律を理解していないようで交通費と時間のムダでした。(涙)

つまり、行政機関の担当者ですら理解しにくい内容を食品を扱う業者すべてに終始徹底理解を求めるのは非常に難しいのでは?と、思いました。

消費者庁のサイトを熟読して、どこまでタイトに削りながら3月の9日までに必要事項をまとめて簡便に伝えることが出来るかどうかが目下の私の課題です。

沈む夕陽を眺めていると、明日は夕方から天気が崩れるとの予報ですし、先週買ったアオムシが冷蔵庫に入れっぱなしですし、7時過ぎに現地に到着すればよいとばかり、急いで帰宅し釣りの支度を済ませました。^^;

スポンサードリンク



東浜の砂山に着いたのは夕方の7時過ぎ

東浜の砂山に着いたのは夕方の7時過ぎです。

既に何人かの方が竿を出されているようでした。

車を止めて眺めていると、小郡市在住のKさんが丁度何か魚を釣っている所でしたので、ご挨拶。

23センチぐらいのタケノコメバルでした。

私も仕掛けを作って竿を出しますと、更に見かけたような背格好の釣り人が近くにいて、久留米在住のH君でした。

それからも次々にクルマが来て、かなりの釣り人がいます。

私は前回、前々回釣れたところで竿を出しましたが、アタリがないので、今日は車を止めたところからかなり離れた場所で竿を出すこととしました。

スポンサードリンク



思ったよりもアタリが少なく苦戦を強いられました!

どこの場所でもエサの付いたハリを落としてもアタリがありません。(涙)

途中途中で、エサがないのでは?と思いつつも、仕掛けを上げて見てみると、しっかりとエサは付いています。

釣り人が結構いるためか、既に探られた感じがしていつもの場所を諦めて、離れた場所に行くこととしました。

その途中に、短めの竿を2~3本ところどころに置きっぱなしにしている釣り人がおられました。

竿を置きっぱなしで大丈夫??と思いつつ、クルマから100メートルぐらい離れた場所に着きますと、ヘッドランプを付けっぱなしで海面を照らしながら釣りをしている方がいます。

ビギナーには見えないので、何を釣っているのかが気になっりましたが、照らされた海面よりさらに離れた場所で竿を出すことにしました。

堤防の継ぎ目のような場所を発見し、水深6メートルぐらいのところで本日初のアタリがあり、釣れたのがこちらのメバルです。

18センチぐらいで、例年ですと持って帰れるサイズですが、今年は20センチオーバーのメバルをかなり釣っているために、妻から「ちっさい!」と云われるのが分かっているので、リリースです。

その後も同じポイントで2匹全く同じぐらいのサイズのメバルが釣れ、更にタナを1メートルぐらい深くして探っていると、ガツン!と竿先が響くようなアタリがありましたが、それっきり…!

結局遠く離れたところで竿を出したわりには、メバルが3枚しか釣れずに、クルマを止めてある場所に戻るようにしました。

途中、竿を置きっぱなしの釣り人とお話をすると、どうやら置き竿でテナガダコを狙っているようで、「2匹釣れたバイ!!」とドヤ顔をされていました。^^;

スポンサードリンク



東浜の砂山付近の木曜日の夜は清掃と道路の補修の日なのだそうです

車を止めてある場所に戻りますと、回転灯を付けた清掃をするクルマや関係車両が次々とやって来て、釣りなんかしてていいの?というような状況になりましたが、特に何も言われませんでした。

そうしていると、浅いタナでアタリがあり、20センチぐらいのアラカブが釣れました。

その近辺で、7メートルぐらいのタナでメバルが何匹か釣れましたが、どれも15センチぐらいのサイズです。

Kさんもこの付近で20センチぐらいのアラカブを釣られてみたいで、私のためにビニールバケツに入れておいてくださったようです。

周囲も騒がしいし、イマイチどころかイマサンぐらいアタリが少ないので、9時過ぎに納竿。

驚いたことに、帰りがけに御笠川沿いの先端部分を通ってみると、5台以上のクルマがあり、中には見かけたことがある車も止まっていました。

金曜日の夜に清掃があるのを知っていて、こちらで竿を出すというのは、かなりこの周辺のことを熟知している方々です。

それにしても、明日の夕方から雨ということで、金曜日の夜の東浜は釣り人がアチコチに点在していました。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.