博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

野北漁港でのヘチ釣りでゴンズイとハオコゼのお出迎え!

投稿日:

キジハタグラブをアチコチ投げてヘトヘトになっても、アタリすらありませんでした。

駐車場をうろついていた尻尾がふさふさしたネコは、少しへたり気味の私を見て、チョイと呆れたような表情?

今日は、大波止の内側を探りたかったのですが、あまりの人の多さに断念。

ルアーは前哨戦というか、余興みたいなもので、本番はこれからよ~!とばかり、勝手知ったるポイントを探りました。

潮位が低い明るいうちから、底で当ってきたのがこちら。

明るいうちから小さいながらメバルが釣れるので、少し期待しました。

スポンサードリンク



明るいうちからゴンズイがハリに掛かって外すのに一苦労

1投目に釣れたメバルは12センチぐらいでしたので、もちろんリリースして、エサを付け替えて2投目。

メバルでもない、アラカブでもないような小さなアタリがあり、一呼吸おいてアワセを入れました。

明るいうちから、恐怖のゴンズイです。

漁師さんがゴンズイが釣れて困った表情をしている私を見て、ニヤニヤしています。

「ギギ・・やん!」と。

川にも毒の棘があるギギという魚がいますが、野北の漁師さんはゴンズイのことを「ギギ」と呼ぶようです。

棒を探してゴンズイが動けないように押さえつけて、釣り用のプライヤーでハリを外すまでかなり時間がかかりました。

グニャグニャ…、バタバタ…とゴンズイが暴れるので、アブナイ、アブナイ!!【汗)

1匹釣れるとゴンズイは群れているので、続けて釣れると嫌なので、離れたポイントで竿を出しました。

スポンサードリンク



ロクな魚が釣れない野北漁港の船溜まり

先端部分で竿を出すと、竿先がびくびくする辺りがあり、アワセを入れますと、釣れたのがこちらのクロ。

コッパグロと呼ぶにふさわしい10センチ程度のクロです。(涙)

餌を付け替えて違ったポイントで前打ちをすると、海底から鋭いアタリがあったのですが、釣り上げるとこちら。

水槽で飼いたくなる手乗りアラカブ。(涙)

アタリは少なく、釣れても、小さな魚ばかり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!?

そうこうしていると、久留米在住のH君から電話があり、海釣り公園で釣っていたら、思わぬアクシデントに見舞われたとのこと。

わたしなりの私感を彼に言って電話を切りました。

…それにしても、釣れん!!

スポンサードリンク



潮通しの良い波止の先端で竿を出した!

漁港内がアタリが少ないために、河口の横に伸びている波止の先端のテトラ部分で竿を出してみました。

ここはこれまで何度か竿を出しましたが、アタリすらない4級ポイントです。

案の定アタリがなく、漁港に戻ろうとしていると、どことなく見覚えがあるシュルエットの男性がこちらに近づいてきます。

久留米在住のH君でした。(笑)

にしても、私が竿を出しているポイントが分かるとは!!と、驚きました。

その後、H君と話しながら玉内で竿を出しても釣れるのは、このようなメバルです。

10センチもないような金メバル。

漁港内の一番のポイントの排水溝前で釣れたのがこちらです。

いかにも刺されると痛そうなハオコゼです。

釣れる魚は小さな魚ばかりで、ゴンズイとハオコゼ交じり

糸島くんだりまで片道32キロかけてワザワザ来てこれかい?

私は9時ぐらいに納竿しましたが、そのころからやって来てワイワイ言っている若者たちもいましたし、大波止はまだまだたくさんのLEDのヘッドランプがアチコチで光っていました。

良い思い出があるばかりに、野北の漁港内で竿を出してしまいますが、改めてその価値もないような釣り場に変わり果ててしまっています。

次から次に釣り人が来ているところを勘案しますと、残念ながら、釣り散らかされてしまっている感じがしました。

野北漁港で本当はアコウを釣りたかったのですが、釣れるのは小さな魚とゴンズイとハオコゼでした。(涙)

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.