博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物 食べもの

近くのスーパーで見たクロとメイタの値段に驚く博多の釣りバカ

投稿日:

魚釣りが好きな方は、奥さんと買い物に行った際は必ず鮮魚コーナーを覗くのではないかと察します。

私は近くのスーパーに行っても必ず鮮魚コーナーを覗きますし、博多駅の阪神デパートや天神の岩田屋などのデパ地下に寄った時も真っ先に鮮魚コーナーを覗く習性があります。

ちょいとドライブがてら伊都菜彩などに行くときも、手前にあるおさかな天国には必ず寄るようにしています。

さすがによく売れる立派な魚屋さんは、季節季節の「華」になる魚が必ずあり、その周囲に四季折々の魚が入れ代わり立ち代わり並べられ、その時々の珍しい魚介類なども仕入れてきて目を楽しませてくれるんです。

まあその時々の魚の値段を見ては、あまりの高さに驚くことも多々ありますし、高級魚だと思っていた魚が結構安く売られていて、これまた驚くこともあります。

私も妻もどちらかというと肉よりも魚が好きですし、加工された味醂干しだとかみそ漬けなどよりも、刺身や塩焼きが好きなので、魚が売っているところは必ず覗く習性が身についてしまいました。^^;

腕時計の電池交換でサンセルコの中のお店にわざわざ行くのも、柳橋の連合市場を覗く楽しみがあるからに他なりません。

私だけではなく、釣りをする方だったら、鮮魚コーナーや魚介類を見て回るのが好きな方は多いのではないかと思います。

スポンサードリンク



金曜日の夜は雷鳴とゲリラ豪雨で釣り中止!

金曜日は5時で仕事を終え、6時前に自宅を出て築港のポイントでアオムシを購入して東浜に向かいました。

ここで竿を出すのではないのですが、いつもの場所で仕掛けを作り、薄暗くなってから「メバルが釣れるポイント」に行くつもりでした。

ところが、薄暗くなって「メバルが釣れるポイント」に行きますと、船がバッチリ狙うべきポイントに嫌がらせのように停泊しており、この釣り場を断念せざるを得ませんでした。

中央埠頭の海上保安庁のところのメバルが釣れるポイントに移動し、エサを付けたハリを落としますと、すぐに釣れたのはこの方。

尻尾まで入れて丁度手の平ぐらいの2~3歳のキビレ。

その後も同じサイズのキビレがバタバタ・・と釣れるのですが、ゆめタウン博多の方角から稲妻が走り、時折稲光が夜空で点滅する上に、気分がブルーになる雷鳴がときおり響いているのです。

気のせいかもしれませんが、その稲光がこちらにだんだん近づいているような嫌な気分で竿を出していますと、ポツン・・ポツン・・と大粒の雨が顔に当りました。

「こりゃ~、ヤバイいぞ~!」とばかり、仕掛けを切って道具を1091号にしまったと同時に、大粒のゲリラ豪雨が!!

ゲリラ豪雨は通り雨かもしれませんが、あの稲光がなんとも不気味なので、釣りを断念しました。

「大気が不安定の中、無謀にもカーボンロッドを振り回していた釣り人に落雷!!」などと言うニュース記事はご遠慮したいですから・・ね!

スポンサードリンク



土曜日は義弟のお見舞いにももち浜にある福岡山王病院にお見舞い

昨夜の稲光やゲリラ豪雨がウソのようのように晴れた中、田川在住の義弟がももち浜の福岡山王病院に入院しているので、妻と一緒にお見舞いに行きました。

ももち浜にほとんど来たことがない妻は、助手席でかなりハイテンションになって福岡タワーを見入っていました。^^;

福岡山王病院には妻の妹や義弟の嫁さんも田川から来ており、久しぶりにいろいろな話をしました。

福岡山王病院は高級ホテルの様な雰囲気があり、実際にお値段も高いようですし、超高い部屋は政治家や芸能人や会社役員などが入院されているそうです。

義弟も飯塚市で飲食店を家族でやりつつ、老人介護施設の給食を出す会社の代表取締役をしているので、こういうお高い病院に入院しているんです。

せっかくももち浜まで来たので、井手チャンポンに行ったことがないという妻と一緒に小戸まで車を走らせました。

どちらも普通サイズのチャンポンをオーダーしましたが、妻はきくらげをトッピング。

食いしん坊のくせに、妻は胃が小さいのか一度の食事ではそれほど食べれずに、私が1・5杯分のチャンポンを食べたような結果となりました。^^;

スポンサードリンク



またしても夕方からの雷とゲリラ豪雨で釣りを断念し近くのスーパーに行って魚の値段に驚いた私!

帰宅して本を読んでいると睡魔が襲い、そのまま昼寝をしてしまいました。

目が覚めると、あれだけ天気が良かったのに、落雷とゲリラ豪雨!!

・・・・・・・・・・・・・!!??

グラグラこいて、今日も夕方からの釣りを断念!

妻から「お遣い」を頼まれて近くのスーパーに行ってみると、大きな活きたワタリガニが売られていました。

スマホで妻に画像を転送して、1パイ1270円の大きなワタリガニが売られているので2つぐらい買ってもいい??と連絡すると、ダメ!との返事が。

闇夜だし、トングでワタリガニを挟むと、ずっしりと重いので、食べたかったんですけど…。^^;

で、パックに入っている1匹売りの魚を見てビックリ。

アイランドシティでよく釣れるサイズの25センチもない程度のクロが870円。

塩焼きには丁度よいサイズの30センチもない程度のメイタが黒鯛(チヌ)と書かれて780円で売られているではありませんか!

私が100%リリースするサイズの魚が結構いい値段で売られている旨を妻に言いますと、「だからと言って、調子に乗って持って帰ってこんでいいけんね~!」と先にくぎを刺されました。(涙)

更に、「この前の20センチぐらいのメバルよりもう少し大きなメバルが2~3枚釣れたらいいのにね~!」などとダメ出しを食らいました。

・9月末に、
・博多湾の湾奥で、
・25センチ前後のメバルを、
・2~3枚

・・・・・釣ることのハードルの高さを知らない妻ならではの台詞に絶句しました。(笑)

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物, 食べもの
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.