博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

箱崎埠頭のポートオブ博多でチョキチョキ釣りを試してみました!

投稿日:

中央埠頭の御笠川沿いは、基本的に河口ということもあり、ハゼとシーバスや、キビレ、チヌが多いのですが、メバルに関しては昔からそれほど多いポイントではありませんでした。

海上保安庁の船が停泊しているところは、数年前の夏の高水温までは、晩秋と春先は案外型の良いメバルが散発的に釣れていたんですが、例の夏の高水温以来、メバルが見事に全くと言って良いほどいなくなりました。(涙)

なので、今日は箱崎埠頭のポートオフ博多で、「博多チョキチョキ釣りの試し釣り」をすることといたしました。

まだ、クルマを積み込む船が停泊していますので、徐に仕掛けを作りました。

前回と少し仕掛けを変えました。

仕掛けをナイロンのミチイトと直結し、そのすぐ下から枝バリを出しました。

枝スの長さも若干短めの12センチぐらい。

タルカンに結んだハリの長さは15センチぐらいで、どちらもフロロの2号です。

ハリは、どちらも丸セイゴの11号。

スポンサードリンク



博多チョキチョキ釣りでポートオブ博多のヘチを探りました!

今日もベタ凪過ぎるぐらいベタ凪です。

エサのアオムシをハリに刺して沈めていきますが、薄暗くなるまで無反応。

と云っても、すぐに暗くなり、最初に釣れたのは、お約束通りのこの方。

御笠川の河口に比べると、随分と小さな18センチ程度のハゼです。

しばらくアタリがなく、どんどん移動していると、竿先に小さなアタリがあり、全く手応えを感じないままリールを巻きますと、ハリにぶら下がっていたのが、この方。

オモリから20センチぐらい上の、枝スに掛かっていました。

それから、ハゼとチビメバルが交互に掛かり、小さなアタリにアワセを入れますと、首をコクリコクリと振って、案外引く魚が掛かっています。

これまでとは違い、もしかして…型のメバルだといいなぁ~と思いつつ上げてみると、釣れた途端にガッカリなウミタナゴでした。

私は手を広げて、そこから尻尾があるぐらいですので、23センチぐらいです。

これがメバルだと、良かったのですが、そうは問屋が卸しません。

このウミタナゴが釣れた釣れた時点で、ハゼ3匹、チビメバル3匹、ウミタナゴ1匹ですので、バケツをひっくり返して、一旦リリース。

釣れる魚も非常に冷たいです。

仕切り直しに一息ついてから、移動しながら釣りを再開しましたが、同じメンバーばかりが釣れます。^^;

この時に、小さな車に乗ってきたルアーシーバスをしている青年と移動場所が同じとなり、挨拶がてらいろいろなことを伺いました。

そして、私の心のノートに書き留めるべきことをイケメンのルアーマンの方から教わりました。

スポンサードリンク



イケメンのルアーマンの青年が教えて下さって「心のノート」に書き留めたこと

180センチぐらいはありそうなイケメンのルアーマンの青年が言うには、先週例のクルマを積み込む船が離岸した後に、ジグヘッド+ワームの仕掛けて、テクトロをやって、83センチと81センチのシーバスをゲットしたとのこと。

今日は、アタリが少なく、45センチぐらいのシーバスを2本ゲットしたそうです。

寒くなって、水温が下がってレスポンスがイマイチ・・みたいなことを、言われてました。

で、私が心のノートに書き留めたことは、

・12月の中旬ぐらいまで
・車を積み込む船がいなくなった後に、
・ジグヘッド+ワームの仕掛けで、中層でテクトロをすると、
・80センチオーバーのシーバスがヒットした!!

・・ということです。

イケメンの青年は誰かに80センチオーバーのシーバスを釣ったことを話したかったんでしょうか、私に詳しく教えて下さりました。^^;

「初めて80センチオーバーのシーバスを釣ったんですよ~!!」と、喜んでおられました。

その気持ち、・・・・・・分かります!!

だから、釣りが辞められんのです!!

自分で考えて、こうしたら、釣れるかも?と思った仕掛けが、極々稀にドンピシャでナイスマッチすることがあるんです。

多分彼も、今でも「嬉しさの余韻」が残っているはずです。

自慢したいわけではなく、「自分の嬉しさ」を分かってほしいと!!

彼が使っているワームやジグヘッドまで、何も言わないのに見せて下さって、ワームのブランド名まで教えて下さいました。^^;

・・・・、その気持ち、分かるぜ!!

イケメンの青年お話を聞きながら、すっと竿を持ったままでしたので、何かがハリに掛かっています。

それはこちら。

「保安官のバッチ」ではなくて、ヒトデなしです!!(爆)

イケメンの青年の話に傾聴して、ヒトデがハリに掛かっていました。^^;

再び釣り再開!!

彼と話し終わるまで、10分ぐらいだったでしょうか?

それまで釣れたお魚さんたちを再びリリース。

それから釣りを再開しましたが、相変らずハゼとチビメバルしか釣れません。

極めつけは、この方。

写真では分かりにくいのですが、5センチぐらいの本日最小のメバル。^^;

・・・・・・・・・・・・!!

JAZZのスタンダードナンバーに「バラードとブルースの夜」という曲がありますが、今夜は「ハゼとチビメバルの夜」でした。^^;

でも、私にとっては49センチのチヌと5センチのチビメバルの価値観は同じなんです。

どちらも、記憶にも記録にも私にとって無関係。

ただ今日は、退屈しない程度に博多チョキチョキ釣りの仕掛けで遊べたことが、楽しかった。

型の良い魚が釣れなくても、楽しいかどうかは、個人の価値観です。

私は小さくても、何かがハリに掛かれば楽しい!

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.