博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

箱崎埠頭でやっと20センチオーバーのメバルが釣れましたバイ!!

投稿日:

今日も例によって一番近場の中央埠頭の御笠川沿いに行ったんです。

しかも、アオムシのエサ以外に今年初のモエビを持って!!

ところが、いつもの釣り場にはJRの車両が積み下ろされて、立ち入り禁止のポールとバーが施されていました。

仕方なく、僅かなスペースで竿を出しましたが、15分ほど海底から浅いタナを探ってもアタリも何もないので、この場所を諦めました。

時間的にも6時半まではとても待てませんし、中に入れないのだったら。ここで暗くなるのを待っていても無意味です。

竿を出せるスペースが限られていますから・・。

スポンサードリンク



迷わずに箱崎埠頭のポートオブハカタに行くことにした私

中央埠頭の御笠川沿いが立ち入り禁止になっているのを見たときから次にく場所を思案していました。

頭の中によぎる釣り場を消去して、最後に残ったのが箱崎埠頭のポートオブハカタです。

時間的にも、地理的にも、この場所がベストではないにせよ、ベターぐらいだと考えたのです。

モエビがありますから、胴付き仕掛けで探ってみようと思ったのです。

だんだん薄暗くなってゆき、夕陽がとても綺麗でした。

まだ明るい時間から、胴付き仕掛けに13センチぐらいのメバルが3匹釣れました。

今日は、予想外より早くクルマを積み込んだフェリーが離岸しました。

釣れたメバルをリリースして、奥の立ち入り禁止の柵があるところに移動しました。

スポンサードリンク



ポートオブハカタもまた6時半にならないと浅いタナでは釣れませんでした!

今の時期は、御笠川の河口では6時半ぐらいにならないと小さいながらメバルは食いはじめません。

それまで、どこに潜んでいるかは不明です。^^;

それと同様にこのポートオブ博多のどん詰まりでも、6時半にならないと浅いタナでヘチ釣りにはアタリませんでした。

退屈する程度にアタリがあり、小メバルをバッカンの中に入れているうちに待望のアタリがありました。

最初はなかなか浮かないので、セイゴかな?と思ったんですが、薄暗い海中の中でも広く光りません。

もしかしたら‥と云の予想通り、釣れたのはこちらのメバル。

22センチありました。

それから数匹のkメバルが釣れ、待望の20センチのメバルをもう1匹追加。

アタリが少なくなってきましたので、ポートオブハカタの釣り場を諦めました。

とりあえずは、トランクにバッカンごと積み込んで、すぐ近くの箱崎バナナに向かいました。

スポンサードリンク



箱崎バナナはかなりの入れ食い!!

金曜の夜なのに、私以外誰も釣り人もいません。

たいして釣れませんし、まだまだ夜は寒いので釣りはしないほうが利口かも??

30分ぐらいで、これぐらい釣れました。

先ほどのポートオブハカタで釣れた連中と合わせたのが、こちらです。

箱崎バナナでは18センチから20センチぐらいのタケノコメバルが3匹釣れました。

とりあえず、今日は2匹持ち帰ることが出来るメバルをキープして、後はリリースしました。

決して爆釣ではありません。

退屈しない程度にアタリがあるのではなく、ポートオブハカタでは、時折アタリがなくて不信感に包み込まれるぐらいのアタリ具合です。^^;

それでも今日は、大晦日以来に20センチオーバーのメバルが釣れて、一安心といったところです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.