博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

箱崎の貯木場で「貯木場モンスター」のことを聴いた博多の釣りバカ

更新日:

西戸崎在住のKさんから、過日20センチオーバーのメバルが箱崎の貯木場で釣れたというコメントを頂き、天気になった今日、潮が悪いのを覚悟で貯木場に向かいました。

今日は大潮で、夕方があいにくのド干潮。

このタイプの潮回りで良い思いをしたことがほとんどないにもかかわらず、天気が良いのと時間がとれるのが一致したので、貯木場目指してまっしぐら!

潮が澄んで、海底が丸見えのように浅い潮位です。

マジで、このような潮回りは最低のことが多いのです。

スポンサードリンク



強風と大潮のド干潮でアタリすらありませんバイ!

北東の風が腹立たしいほど強く、しかも大潮のド干潮で、アタリの「ア」の字もありません。

勝手知ったる貯木場のポイントを探る

メバルはもちろん、チヌやスズキがよく当たるのがこちらのポイント。

もちろんですが、内側ではなく、多々良川沿いがこの貯木場随一のポイントだと言えます。

ここ及びこの周辺で、それなりに反応がないときはややブルーな気分になります。

もちろんですが、逆L字型の防波堤の先端まで探りました。

ですが、何のアタリもありません。

スポンサードリンク



貯木場の情報を教えて下さったKさんが登場して「貯木場モンスター」の話を聞きましたバイ!

天気が良いとはいえ、2月の夕方の大潮のド干潮なんて、魚を釣ろうとする方がどうにかしています。

そんな「アンポンタンの様な時間に竿を出す」のが、私です。^^;

元々今日は釣れるなんて思わず、貯木場に竿出しに来たんです。

しかも、この釣り場でありポイントである貯木場と私の相性は、それほどよくはありません。

何も釣れずに、暗くなってからが勝負!と自分に言い聞かせていた時に、ココの昨今の釣り情報を教えて下さった西戸崎在住のK君が登場しました。

20センチオーバーのメバルを釣ったポイントと、その攻略法もうかがいました。

それよりも興味深かったのが、「貯木場モンスター」のことです。

K君は12月よりこっち、貯木場で何度も何度も得体の知れぬ大物にハリスやミチイトをブチ切られているらしいのです。

ミチイトがPEの2号ぐらいに、ハリスがフロロの3号を使っても、どうにも姿すら見られない大物がたまにハリに掛かるのだそうです。

昨年私が長浜で何度も経験した「長浜モンスター」と同じ現象です。

「狙う時間や仕掛けや探る場所」は、上手く表現できませんが、他の人が体験しないのに自分だけがこのような体験をするということに意味があると思うのです。

誰もが経験できそうで、実は「限られた釣り人」しか経験できないのです。

最後に

今日は実を言いますと、このチビメバル1匹しか釣れませんでした。

私にとっては、相変らず相性がよろしくない釣り場です。

ここ一番、狙った釣りモノが釣れない残念な釣り場です。^^;

ですが、あえてKさんには叱られるかもしれませんが、この釣り場での「貯木場モンスター」のことを書かさせていただきました。

昨年の12月に記事に致しましたが、この貯木場の存在自体が長くないのです。

早晩、この釣り場はすべて埋め立てられることになっているのです。(涙)

福岡市はこの貯木場の埋め立てを切り出しに、博多湾の埋め立てを実施する予定です。

箱崎埠頭の埋め立てと博多沖防と博多湾の釣り場の関係

チンタラ・・・チンタラ・・していると、そのうち立ち入り禁止になり、内側が全部埋め立てられて、先に見える沖防までも埋め立てられるのです。

なので、この貯木場に潜んで、Kさんが辛酸を舐めている「貯木場モンスター」を誰かが釣り上げて欲しいと思います。

もちろん個人的には、Kさんが最有力候補であることには変わりないと思っていますし、彼が釣るのが整合性があります。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.