博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

福岡船溜まり(博多漁港)でメイタ2枚とキビレを2枚釣った博多の釣りバカ

投稿日:

福岡船溜まり(博多漁港)と云いますと、福岡市内在住の釣りが好きな方でもピンとこない方もたくさんおられると思います。

カモメ広場や九州製氷がある港と云えば、お分かりいただけるはずです。

今年の4月11日に、カニエサで今年初のクロダイが釣れたところで、そのクロダイは51・5センチの年なしのチヌでした。

しかし、その後はあまり良い釣果に恵まれず、たまに行っても25センチぐらいのキビレしか釣れないので、私にとっては今年は行く機会が激減している釣り場です。

ところが、博多区在住のY君が、昨夜得意のカニエサで九州製氷の付近を探ったら、メイタやフッコが釣れたとの情報が入りましたので、久し振りに行ってみることとしました。

スポンサードリンク



久しぶりに岩ガニを20匹購入しました!

今日は下り中潮4日目で、明日から小潮になる潮で、ド干潮が18時33分。

夕方5時過ぎにいつもの御笠川の河口に行きましたが、全く潮が引いていませんし、風が強く波がうねっています。

チップヤード前では、かなり高齢の釣り人がヘチ釣りをしていますが、見ている間は何も釣れませんでした。

ド干潮まで待っていても岩ガニが採れそうにもないので、名島の香月釣具に向かいました。

岩ガニは1匹30円で、20匹買いました。

アオムシは、あえて買いませんでした。

アタリが少ないと、ついついアオムシを使ってしまいますからね~!

岩ガニを買うこと自体が実に久しぶりです。

香月釣具の御主人は今年80歳になられるそうで、「この歳になっても働かんといけんけん、きつかバイ!」と苦笑いしながらアオムシを仕分けしていました。

太いのがイイ、細いのがイイ・・などと、釣り人は狙う魚によって太さを指定しますからね~!

いつまでも元気でいていただきたい!と思いつつ、ハンドルを握りました。

スポンサードリンク




九州製氷の付近でキビレとメイタが釣れました!

いつもの道具にいつものタックルです。

九州製氷の横には2隻の漁船が停泊していて、釣りづらいのですが、文句が言える立場ではありませんので、それらをかわして竿を出しました。

カモメ市場に向って2隻目の船尾の近くをカニを付けて落とし込みますと、2ヒロぐらいで凄い引きがありました。

瞬時にアワセを入れますと、竿先が海水に浸かるほどのパワー。

しかしながら使い慣れたタックルなので、主導権はずっと私が握っていました。

浮かせてタモで掬ったのがこちら。

体高がある43センチの丸々としたキビレです。

次を狙っているとK君がやってきました。

更に小郡市在住のKさんもやってきました。

彼らが私の前を探る中、私はキビレが釣れた付近を狙っていますと、アタリがあるのですが、エサだけ取られます。

恐らく20~25センチぐらいのキビレだと思いますが、アタリがあるのにアワセを入れてもハリに掛かりません。

そうこうしていると、中層で何かが岩ガニを咥えているような感じ・・・。

少し時間を置いてアワセを入れますと、30センチぐらいのメイタです。

K君がカモメ広場の方を探りませんか?と云うので、1091号に岩ガニを補充しに行き、キビレとメイタはリリースしました。

スポンサードリンク



カモメ広場でもメイタ~チヌ、キビレが当たりました!

カモメ広場に3人で行きますと、K君が魚を掛けました。

画像で見ると小さく見えますが、実際は全然違います。

ダイソーで買ったばかりのメジャーを当てますと、47センチのチヌ

しかも綺麗な黒々としたいぶし銀のようなチヌです。

その後に、私にも魚が掛かりました。

35センチぐらいのメイタです。

すぐにリリース。

その直後にもアタリがあり、釣れたのがこちら。

31センチのキビレです。

Kさんがアタリがないというので、3人で移動することとしました。

スポンサードリンク



私は中央埠頭に、KさんとK君は東浜の船だまりに移動しました!

カモメ市場前の釣り場から移動し、私は中央埠頭で竿を出すこととし、KさんとK君は東浜の船溜まりで竿を出すことにしました。

中央埠頭では、竿を曲げるアタリや、エサを咥えて走るアタリが多発しましたが、ハリに掛かりません。

恐らく20センチ~25センチのキビレがハリに掛かった岩ガニを突いて、足だけ食ったりしているのです。

そんな中、K君からLINEで画像が送られてきました。

フッコは、丁度50センチぐらいとのこと。

9時半になりましたので、私は納竿しました。

中央埠頭のキビレは、アオムシの方が簡単に釣れそうです。

ですが、25センチぐらいのキビレをツヌケしてもどうなんだか?と思います。

中央埠頭では1匹もハリに掛かりませんでしたが、長浜界隈でなんとか釣れましたので、帳尻が合うような合わないような…微妙な気分で納竿しました。

博多湾の湾奥は、全般的に岩ガニパワー全開みたいな雰囲気です。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.