博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り

福岡市近郊のゴールデンウィークにおすすめの釣り場2018

投稿日:

ゴールデンウィーク期間中に、福岡市近郊で、ご家族連れあるいは友達や彼女とワイワイ・・と釣りに行けるところはないの?と思っている方もおられるはずです。
 
単独釣行で、狙った魚を本格的に釣りたい方もおられるでしょうが、みんなが楽しめる釣りを最優先したい!という方のために、2018年の福岡市近郊でみんなで楽しめる釣り場を私なりに考えてみました。
 
去年釣れたところではダメなのか?と思う方もおられるはずですが、釣れる魚や釣れる時期は魚によって微妙にズレることが多いのです。
 
しかも、海釣りを長くしていますと、年によって釣れる釣りものが大きく違うことが多々あります。
 

去年、ここで夜釣りでセイゴがたくさん釣れたんだけど・・・・という経験則が全くアテにならないことも多々あるんです。
 
なので、数年前の釣りの記事だとか、昔はよく釣りをしたけれど今現在たいして釣りもしない方が過去の残像を引きずった想い出などで、あそこが良い、あっちも良い・・・などと過去の経験を語られても、ほぼほぼアテにもならないことが多いのです。^^;
 
釣りに限らず、昔話と自慢話は嫌われます!!
 
自分がたまたまある場所で大きなチヌを釣ったからと言って、「あそこはチヌの宝庫!」みたいな言い方をする釣り人の情報などを真に受けて釣りに行くと、とんでもないハメになること請け合い。
 
海は刻々と変化していますし、昨年今の時期に釣れたのに、今年は全く釣れないなどと言うことがザラにあるのです。
 
例えば、2017年(去年)の今頃は博多湾の湾奥でも25センチオーバーのアジがサビキ釣りでもアジングでも結構釣れていました。
 
その記憶を頼りに同じ釣り場に行ったとしても、今年はおそらくボウズになるはずです。^^;
 
回遊魚のアジの回遊先など「気まぐれそのもの」でしかありません。
 
だから、過去の記事などアテにもならないのです。
 
しかも、2018年の今年は特別なのです。
なぜならば2月に大寒波が2度もやってきて海水温を下げまくりました。
 
海水温が1℃違っただけで、来る魚と来ない魚がいるようですし、来る時期がズレるのです。
 
なので、今年の海水温の状況・釣果等々を勘案して「みんなが楽しめる釣り場」を考えてみました。
 
お断りしておきますが、この情報は来年には全く役に立たないかもしれませんし、もしかしたら役に立つかもしれません。
 
それほど、海は毎年どころか刻々と変化しているのです。
 
 
スポンサードリンク




 
 

2018年のゴールデンウィークにおすすめの釣り場

 

第1位 福岡市海づり公園

 

 
家族連れだろうと、釣り仲間だろうと、恋人同士で釣りに行ってもトイレや飲み物や手を洗う場所に不自由しないのが、福岡市の海づり公園の良いところです。
 
今現在14センチから17センチのアジゴがサビキで釣れています。
 
ベテランの方は「アジゴのサビキ釣りなんで、したくなかバイ!」とい思うかもしれませんが、だったらダメもとでアジゴをエサにして、シーバスやヒラメやミズイカを狙うのも一興です。
(ルアー釣りやエギングは禁止されていますので、要注意です。)
 
アジゴがヒラメに化けたりすると、あなたは一躍ヒーローになれる可能性をも秘めています。
 

第2位 姪浜渡船場の防波堤

 

今現在唐津に近い福吉漁港だとか、二丈海岸でキスが釣れていますが、そんなに遠くまで行きたくなかバイ!という方は姪浜漁港がおすすめです。
 
この釣り場も近くにトイレや手洗い場もあり、女性がいてもエスコートできる釣り場です。
 
満ち込みを岩デコをエサにしてキスを狙えば、数も型も結構釣れる釣り場です。
 

第3位 須崎漁港のテナガダコ釣り

 

今年は博多湾の湾奥の各埠頭で大きなテナガダコが良く釣れます。

 

本来釣れねばならない魚は釣れませんが、テナガダコが良く釣れますし、型も大きなものが多いです。
 
アオムシをエサにしたヘチ釣りでも良く釣れますが、虫エサが苦手な女性やお子さんもいますので、そういう方はこちらの釣り具のポイントオリジナルのタコエギでもテナガダコが良く釣れています。

 
まとめ
 
今回は、あくまでビギナーや釣りをしたことがない方でも楽しめる釣り場とターゲットを紹介させていただきました。
 
釣り歴が長い方やベテラン釣り師、腕利き釣り師には物足りない釣り場と釣れる魚だったかもしれません。^^;
 
更に、キスは大岳海岸だとか、芥屋漁港の近くの砂浜なども結構釣れています。
 
アジゴに関しましても小戸公園などでも釣れているので、すぐに姪浜界隈でも釣れるようになるはずです。
 
テナガダコをご紹介した理由は、近年世界中でタコを食べる人が増えて、日本に輸入されるタコが高騰しているのです。
 
スーパーで売られているモロッコ産のタコなども高くなっています。
 
もちろんですが、地ダコと呼ばれるマダコは高値で1杯1500円~2000円ぐらいはします。
 
テナガダコも買えばこれぐらいはするんです。

 
マダコほどではありませんが、茹でて刺身で食べても美味しいですし、テナガダコの炊き込みご飯がとても美味しいのです。
(もちろんたこ焼きもできます!)
 
楽しく釣れて、楽しく食べれる釣りものを紹介させていただきました。
 
これを参考にして、ゴールデンウィークの楽しいひと時を過ごしてくだされば幸いです。
 
 
スポンサードリンク







-福岡市近郊の海釣り
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.