博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

猛暑続きで閉鎖性海域である博多湾の弱点がもろに露呈した状況となった!?

投稿日:

今日は時折曇りましたが、それでも晴れ間が出てくると、外にいるだけで溶けてしまいそうな暑さです。

博多駅などにも普段より多いのだか少ないのだかよく分かりませんが、人は結構いました。

今日の新型コロナの感染者数は、昨日より100人ぐらい少ない742人

多くの方が働かないといけませんし、生きるためには買い物もしますので、自粛要請が出たところで全く引きこもりになるわけにはいきません。

こんな時期にさえ、東京などに行き来している方も結構いますし、飲食店の時短や酒を提供しないことで、感染拡大が阻止できると思う方がどうかしています。

ちなみに夏休みで、GMSの昼間のフードコートなどは、近づきたくないぐらいの混雑です。

緊急事態宣言も、飲食店の時短も、ほぼほぼ効果がないのは誰もが周知するところ。

人、モノ、カネ、情報が出入りして動かせる国会議員や地方の議員や首長の方がマジで打開策を考えていただきたいと思います。

二度あることは三度あるではないが、緊急事態宣言はまさに「馬鹿の一つ覚え」でしかないように思えます。

童話のピーターと狼ではありませんが、緊急事態宣言に慣れてしまって、自粛はおろか夜に酒を飲んで回っているけしからん輩も多いみたいです。

分析力もなければ、先を見通す先見力も全くなく、ただ「やってます感」を演出するために「深く考えることを放棄したクズ政策」にしか思えません。

この程度のことしかできないので、内閣支持率が低迷し、政治不信につながっているのだと思います。

スポンサードリンク



東浜の砂山では竿を出す気に慣れませんでした!

昨日のエサがほとんど減ってないので、それを持って東浜の砂山に夕方から出かけました。

西側のサーチライトが当たるスポットでは、ルアーマンがお二人ロッドを振っていました。

東浜の砂山に着きますと、チヌ狙いでヘチを探っている先行者の方がおられました。

全く釣れていませんし、海を眺めても、釣れそうな気も致しません。

今日は、砂山ポイントで竿を出すのは辞めました。

スポンサードリンク



ポートオブハカタと箱崎バナナでは恐ろしいぐらいアタリすらなかった!

東浜の砂山ポイントでの竿出しを諦めた私は、久し振りにポートオブハカタで竿を出すことにしました。

夕方の7時ぐらいですが、いつも停泊している大型のフェリーがいません。

近海郵船の船もいません。

船もいませんが、釣り人も誰一人いません。

私なりの鉄板ポイントで竿を出し、1ヒロから3ピロラインを50メートルぐらい探りましたが、全くアタリがありません。

なので、ここは7時半で諦めて箱崎バナナに向かいました。

ポートオブハカタで全くアタリがなくても、箱崎バナナでは何かが釣れるというのが私の中では定石ですが、恐ろしいことに箱崎バナナでも50メートルぐらい探り、全くアタリすらありませんでした。

・・・!!!

ポートオブハカタはともかく、箱崎バナナでコツン…ともアタリがないなど、信じられません。

ですが、これが現実です。

箱崎バナナは8時で諦めました。

スポンサードリンク



東浜の船溜まりでやっとアタリが!

真っ暗になったので、箱崎バナナを諦めて、帰り道の東浜の船溜まりで竿を出してみることにしました。

太めのアオムシをハリに刺してヘチを探りましたが、全くアタリがありません。

思いきってヘチから1メートル以上離れた場所の海底を探ってみると、本日初めてのアタリが竿先にありました。

一呼吸おいてアワセを入れて釣れたのがこちら。

今の時期、どこにでもいる手の平+尻尾サイズのキビレです。

しかし、ヘチから離れた海底にいるとは!!!

同じようにして、海底を探ると釣れたのがこちら。

12センチぐらいのウロハゼではないマハゼです。

それから少し離れたところで、やはりヘチから離れた海底で釣れたのがこちら。

やはり、手のひら+尻尾サイズのキビレです。

それから、船溜まりの知れたるポイントで竿を出したのですが、アタリは皆無。

博多湾は閉鎖性海域であり、潮の通りがよくないために、海水の滞留時間が長く、これだけ猛暑が続きますと海水温が上昇したまんまになります。

しかも、水質汚濁の原因となる窒素やリンなどの栄養塩類が必要以上に蓄積化されて富栄養化になってしまいがちです。

本当のところは分からないまでも、雨が少なく、台風で海水が撹拌されないまま煮えたぎったような状態だと、本来いるべき魚もいませんし、新しい魚の群れも入ってきません。

コロナの新規感染者が増えている中、せめて人と接することなく一人で遊べるはずの博多湾での海釣りが、非常にハードルが高いものになっています。

私としては昨年から今年にかけて釣りを始めたばかりのビギナーが、「海釣りはこんなに釣れなくて面白くない!」と思うことが残念で仕方ありません。

こういう状況下では、リアルタイムで釣れている魚を狙うことをおすすめします。

私は、安近短の釣りを心がけていますので、釣れようと釣れるまいとあまり関係なく休日は同じパターンで竿を出しますが、特殊な釣りバカを除いては、私のマネはしないことをおすすめします。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.