博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

激渋の東浜の砂山ポイントで4目釣りしかできなかった博多の釣りバカ

投稿日:

金曜・土曜と竿を出した小郡市のKさんから、金曜日はソコソコアタリがあったのに、土曜日に、「今日は激渋!」と云われた東浜の砂山ポイントで、日曜日に夕方から性懲りもなく、短時間竿を出してみました。

その前に、西側のサーチライトが当たる角地周辺を見て行きますと、緊急事態宣言が解除されたことが原因かどうか分かりませんが、かって見たことがないほど釣り人がいました。

ルアーシーバスの方とサビキ釣りの方がほとんど。

釣れているのかどうかを眺める時間も惜しいので、目的地の砂山ポイントに向かいました。

最近は暗くなるのが早くなりましたので、夕方の6時半から2時間ぐらいで納竿するのが私にとっては都合がよく、9時には帰宅できる時期になりました。

今日は普段竿を出さない御笠川沿いで1時間、いつもの右側の角地で1時間と時間配分まで決めて竿を出すことにしました。

スポンサードリンク



真っ暗になるまでは、フグだらけでアオムシは使えません!

普段竿を出さない入り口から左側の角地には、珍しく船が停泊していません。

御笠川の河口になりますので、コチラでは70センチを超えるシーバスがハリに掛かることもあるので、狙ってみました。

日があるうちは、アオムシをハリに刺すと、フグにすぐにやられてしまいます。

夕マズメも全くと言ってよいほど関係ありません!

真っ暗になってフグがある程度いなくなってくれないと、釣りにならないのです。(涙)

暗くなって角地の浅いタナでハリに掛かったのがこちら。

20センチちょいのキビレです。

フグが去り、まともな魚が釣れるだけでも嬉しく感じます。

しかし、フグが完全にいなくなるわけではなく、調子に乗って太目のアオムシを長めにハリに刺したときほどフグの餌食となります。(涙)

シーバスが食いつくように、2ヒロぐらいにエサの付いたハリを沈めてテクトロをしましたが、フグに齧られるだけ。

作戦変更して、浅いタナを狙うことにしました。

スポンサードリンク



砂山ポイントの左側角地でもいつもの常連さんが釣れました。

浅いタナを狙い撃ちにすると、竿先が少しずつ曲がり、何かがエサを咥えて海中で止まっています。

すかさずアワセを入れますと、壁を這うようなシャープな引き。

22センチぐらいの丸々としたメバル。

そのすぐ直後にモゾ~っとしたアタリがあり、ハリに掛かったのがこちら。

これまた20センチぐらいのアラカブ。

しかし!!

この後、アタリが皆無。

深いタナを探ってもアタリもないですし、1時間近く経ちましたので、この場所を諦めていつもの角地に移動することとしました。

スポンサードリンク



いつもの角地は激渋の極致!!!!

左側角地ではたいして釣れませんでしたが、勝手知ったる右側の角地は期待感を持って竿を出しました。

しかし!!!

いつも必ずアタリがあるポイントでも、まるでアタリすらありません。

角地から、船のロープを掛けるボラード6個ぐらいまでの間にアタリが皆無。

渋い時にも、このような経験をしたことがないほどの激渋!!

結局真ん中近くまで後戻りをして釣れたのがこちら。

これまた20センチぐらいのクロです。

その後に釣れたのがこちら。

これも20センチちょいのメバル

これも20センチぐらいのアラカブ

どれもこれも20センチぐらいの魚ばかりです。

キビレ、メバル、アラカブ、クロの4目釣り。

今日は珍しく、チーバスもハリに掛からずに5目釣り達成ならず4目釣りで終わりました。

超退屈するほど、アタリが少ない東浜の砂山ポイントでした!

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.