博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

東浜の砂山ポイントで超しょぼい五目釣りをした博多の釣りバカ

投稿日:

土曜は天気予報通り夕方から雨となり、朝方まで降り続いていました。

日曜日の今日も、良い天気とは言い難く、今にも雨が降り出しそうな天気でした。

夕方6時前に、キャステンングで太目のアオイソメを購入。

今日は下り中潮の2日目で、ド干潮が17時51分と、ド干潮からの切り返しを狙うこととなります。

東浜の砂山ポイントに着きますと、ヘチ竿のタックルでヘチを探りながら、投げ竿とウキ釣り用の竿を出している釣り人に挨拶して、釣果を尋ねました。

カニエサででキビレが釣れたが、なくなったので、イガイ取りでカキを採って、チヌを狙っているとのこと。

まだまだ明るいので、慌てて仕掛けを作る必要もなく、20分近く釣り談義をしました。

魚が少ないとぼやいておられましたが、確かに今年の博多湾の湾奥は魚が少なすぎます。

厳冬期の2月でもあるまいし、夜に、アオイソメのエサで何も釣れないなんてことがあること自体不思議です。

スポンサードリンク



明るいうちはアオイソメでも全くアタリすらない釣り場

先客と釣り談義をしていますと、小さな雨が一瞬強まり、クルマに待機してから徐に仕掛けを作り始めました。

いつもと同じ仕掛です。

福岡タワーやドームがある方角の上空には、雨雲が見えます。

いつものポイントに向かいました。

この界隈が私が得意なポイントです。

まずは、いつも通りアオイソメを一度ひっくり返して、余分な砂を取り去ってからハリに付けるのが私の流儀です。

あまりたくさんの砂?が入っていますと、アオイソメの弱りが早いのです。

なので、余分な分を捨てるのです。

来るたびに砂のレイアウトが違うのですが、それを勘案しつつ狙うポイントはあまり変わりません。

エサをハリに刺して30分ぐらい探りましたが、まだ明るいのか、全くアタリすらありません。

湾奥屈指のポイントですらこの有様です。

実を申しますと、本日の私の狙いは良型のメバルです。

北九州在住の弟が、メバリングを始めたみたいで、25センチオーバーのメバルにお目にかかれない!とのことなので、それを狙っての竿出しです。

昨年は、私も25センチオーバーのメバルは1匹も釣れませんでした。

狙わずしても3枚ぐらいは年なしのチヌは釣れたのですが、狙っても25センチオーバーのメバルはゼロでした。(涙)

以前25センチのメバルは、2倍の50センチのチヌ、3倍の75センチのシーバスの価値に匹敵すると書いたことがありますが、少なくとも博多湾の湾奥では、25センチオーバーのメバルは50センチオーバーのチヌよりも圧倒的にお目にかかれない存在だと云えます。

お目にかかれないからこそ、釣りたくなるのが釣り人の性です。

スポンサードリンク



夕方の8時でもまだ明るい中やっと釣れ始めた魚たち

曇天なのに、夕方8時になっても真っ暗にはなりません。

やっと、夕マズメらしい暗さになりました。

本日最初のアタリはこちら。

25センチ程度のシーバスですが、なんと水深5メートルぐらいのタナで釣れました。

本来は写真に撮るような魚でもないのですが、このサイズのシーバスですらほとんど釣れない状況だということです。

釣り進みますと、水深5メートルちょいで海底に付くポイントがありました。

底で釣れたのがこちら。

魚がじっとしていないので分かりにくいのですが、20センチ弱のキスです。

続いて同じサイズのキスが釣れました。

更に太目のアオイソメをハリに刺して釣れたのがこちら。

刺身がとれそうな24センチのマハゼ。

今の時期、このサイズのマハゼは珍しいものです。

それからしばらく、アタリのない時間が続きました。

1ヒロ~2ヒロの浅いタナでは、まったくアタリがありません。

スポンサードリンク



完全に真っ暗になってからメバルが1匹だけ釣れた!

完全に真っ暗になり、一度探ったコースをもう一度探ることにしました。

相変わらずほとんどアタリがありません。

そのような状況の中、水深6メートルぐらいのポイントで、なんとなく魚がアオイソメを咥えてじっとしているような感じの感覚がありました。

使い慣れたタックルだからこそ分かる感覚です。

一瞬送り込んでからアワセを入れると、魚が掛かっています。

魚を抜き上げると、砂まみれになってしまいました。

22センチのボリューミーなメバルです。

たまたまっぽいので、キープせずにリリースしました。

とは言え、さらなる大型のメバルを狙ったのですが、釣れたのはこちら。

ほとんどアタリらしいアタリもないので、納竿としました。

今日は、入り口に聳え立つサーチライトも点灯せず、いつもと違った雰囲気でした。

本日の釣果は、シーバス・キス・ハゼ・メバル・クサフグの超がつくしょぼい五目釣り。(笑)

今年は、25センチオーバーのメバルに逢いたいので、梅雨メバル~夏メバルを可能な限り狙うつもりです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.