博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 野良猫 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

東浜の砂山ポイントでタチウオを狙ってみたが・・・・・!?

投稿日:

今日はいつもの須崎埠頭には直行せずに、東浜の砂山のサーチライトが当たるポイントで、タチウオを狙ってみることとしました。

夕マズ目には間に合いませんでしたので、暗くなってからの竿出し。

いつものように2本の竿を出しまして、暫く電気ウキを眺めていましたが、潮が全く動かず、ウキがじっとしたまんま。

今日は、月夜の大潮で満潮が21時07分。

潮止まりではないはずなのに、投げた電気ウキが同じ場所にあります。

しかも魚の気配がまるでしません。

サーチライトの向こうにあるのは、ほぼほぼ満月のお月さん。

風はないものの、さすがに夜になると冷え込み、釣れそうな気配が全くしないので、いつもの須崎埠頭に移動することにしました。

スポンサードリンク



須崎埠頭でもタチウオ狙いの釣り人はほとんどいませんでした!

須崎埠頭に着きますと、タチウオをウキ釣りで釣っている方が一人。

その方以外に釣り人はいません。

大潮の満ち込みなのに、釣り人がほとんどいません。

何度か竿を出して、釣れなかったので来なくなったのかも?

いつものポイントで竿を出しました。

後ろを見上げると、ほぼほぼ満月のお月さんが・・・。

2本出した電気ウキは、須崎埠頭に移動しても全く沈むことなくそのまんま。

そのうち魚を積んだトラックがドンドンやって来て、フォークリフトで魚を降ろしています。

1時間ぐらい全くアタリなし。(涙)

スポンサードリンク



トラックの運転手からちっせ~イトヨリを頂いた博多の釣りバカ

今日はいつになくトラックが多く、私が投げ竿を立てかけていたボラード付近にもトラックが入ってきましたので、竿を持って移動しました。

運転席から若い方が降りてきて、「竿をどかしてくれて、すみません!」と挨拶していただきました。

そして、決まり文句の質問。

「ここで、何が釣れるんですか?」と。

「タチウオを狙っているんですが、今日はサッパリ・・です。いや、今日もサッパリです!」と私が申しますと、にっこりして積み荷の魚を降ろし始めました。

にしても、ここもまた、まるでアタリがありません。

丁度8時ぐらいに積み荷を降ろし終わった若い運転手の方が、「良かったらこのイトヨリをどうぞ!」と、水汲みバケツを置いている横に3匹並べてくれました。

20センチぐらいのイトヨリです。

妻は最近手に力が入らず痛いと言って、25センチオーバーのメバルやアラカブですら捌きませんので、持って帰るわけにもいきません。

さりとて、せっかく頂いたのに、海の中に蹴落とすのも気が引けます。

あいにく、前の職場の後輩たちもいませんので、迷いました。

スポンサードリンク



野良猫のコロニーにイトヨリを持って行った博多の釣りバカ

須崎埠頭の浜の町病院裏には、ロシアンブルーのネコをはじめとして10匹ぐらいのネコのコロニーがあります。

3匹のイトヨリを小さなレジ袋に入れて、そこに持って行くこととしました。

車から降りて、いつもネコたちが隠れている場所に、袋ごと置いて離れました。

車に戻り、車を移動して魚を置いた場所に行きますと、ネコたちが登場してイトヨリを咥えていました。

帰宅して、風呂に入り、一部始終を妻に話しました。

風呂上がりに、尿酸値を下げるノンアルビールを飲んでいますと、コチラが出てきました。

昨夜釣れたタチウオの刺身の一部です。

脂が乗って、マジでバリウマ。

なかなかタチウオにありつけませんから、余計に美味しく感じるのかもしれません。(笑)

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 野良猫, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.