博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

最悪の潮回りの時間帯でも須崎埠頭で竿を出して撃沈する博多の釣りバカ

投稿日:

晴天が続く週末の金曜日がやってきました。

でも、今日は小潮でド干潮がだいたい夜の9時。

私が竿を出すには、最悪の時間でござる。

そんな事はお構いなしに、どこに行こうかと考えれば、一昨日キビレが釣れた須崎埠頭に行ってみようと思ったんです。

ポイント築港店があったときは、このベイサイドプレイスに向かう道を通って須崎埠頭に良く通いましたが、もはや大昔のような気がいたします。

久しぶりの見慣れた風景。

しかしながら角の排水溝がある付近には、何やら妙なコンクリートの構造物が置かれ、柵で入れないようにしています。

この付近は、山笠からお盆にかけてのシーズンにはメイタ~チヌが良く釣れるスポットですので、ここまで立ち入り禁止になったことが残念。

そのうち、湾奥のすべての箇所が立ち入り禁止になるような気もしないではありません。

スポンサードリンク



いきなりのチヌでハリスが飛んだ!!

もうすぐ7時になるので、暗くならないうちに仕掛けを作り始めました。

先端に向かっては、何人か竿を出して釣りをしている方がいるようです。

私は納竿するときは、ケミホタルをミチイトとハリスの結び目まで移動させて道糸を切断し、竿尻に巻いてある輪ゴムにハリを引っ掛けて、次の釣行で使うようにしています。

そうこうしているうちに、見慣れた釣り人が近づいてきます。

久留米在住のH君です。

H君はたぶん私がここに来ると思っていたそうで、なかなか鋭い勘の持ち主です。

海のコンデションは、見る限り悪くもなさそうです。

そんなこんなで話をしながら、キャスティングで買ったばかりの太めのアオムシを1匹掛けにして、ユラユラと3Bのガン玉で海底まで沈めると、1頭目からいきなり竿先がグイグイ曲がり・・・ます!!??

一呼吸おいてアワセを入れ釣ると竿先がグイっと曲がった瞬間に跳ね上がりました。

・・・・!!??あれれれ・・・・・・??

仕掛を上げますと、ガン玉から下が飛んでいました。

確かに前回30センチのキビレを釣った仕掛けですが、どうやらキズが入っていたようです。

何たる不覚!!

未熟者のいつものパターンです。

逃がした魚は、大きいに決まっているんです。

スポンサードリンク



須崎埠頭の西側の海底を探り続けましたがほとんどアタリなし!

1投目からチヌと思しき魚にハリスを飛ばされても尚、これからよ~!と思いつつエサの付いた仕掛けを海底まで沈めることの繰り返し。

エサの付いたハリが沈む途中で、大きさにかかわらずシーバスがエサを咥えて走り出しても良さそうな雰囲気なんですが、さっぱりです。

またしても見慣れた夜景を見て一呼吸。

そういえば、今年は例年エサ取りのようにウジャウジャいるチ―バスがほとんどいません。

1ヒロで仕掛を止め、2ヒロで仕掛を止め、3ヒロで仕掛を止め・・と止めアタリを誘っても、まるでアタリがありません。

そんな中、海底でアタリがあって釣れたのがこちらの魚。

20センチぐらいのキスです。

20匹ぐらいまとめて釣れれば、それはそれで良いのですが、1匹だけ釣れても・・と、思いすぐにリリース。

8時ぐらいまで須崎埠頭で粘りましたが、今日は妻には10時に帰宅すると伝えていたので、もうすぐド干潮の長浜に向かうこととしました。

スポンサードリンク



チヌらしいアタリはなく、シーバスも凄く食い渋るアタリでハリに掛からない

長浜のマンション裏に向かいますと、いつもの短いガードレール付近には5人ぐらいの釣り人がいました。

なので、長浜市場の近くまで車で行って、そこから先端に向かって探りました。

15メートルぐらい底を探ると、1匹掛けのアオムシを咥えて竿を曲げるアタリがあり、ほとんどアタリすらないので、じっくりと待ってアワセを入れますと、何やら軽い魚がハリに掛かっています。

久しぶりのちょうど20センチぐらいのメバルです。

もう2~3匹このサイズが釣れればラッキーかな?!と思いつつ砂探り進みますが、ほぼほぼアタリがありません。

海底付近で明らかにセイゴらしきアタリがあるのですが、エサを吸い込まずに途中でエサを外して、ハリに掛からないままどこかに行ってしまうのです。

チヌの気配は全くありません。

結局長浜では納竿までに釣れたのは20センチぐらいのメバル1匹のみ。

白いバッカンに入れておくと、メバル自体も白っぽくなります。

納竿の後片付けをしているところに、K君とH君がやってきました。

これから上げ潮を期待して、いろいろな場所で竿を出すみたいです。

釣れる釣れないは別として、若い頃は私もエンドレス?状態で海辺にいましたので、気持ちが良く分かります。

でも、思い通りにならないから、釣りはやめられないのです。

思い通りになってたら、私はとっくに釣りをしていないだろうと思います。

釣りバカは死ぬまで治りません。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.