博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

悪天候続きの週末でもいつも通りに竿を出す博多の釣りバカ

投稿日:

先週に引き続き今週も週末は悪天候です。

ネットで今日の天気を見る限り「くもり」となっていますが、どう見てもひと雨降りそうな空模様です。

昨日私やKさん東浜の砂山で竿を出していた時に、久留米のH君とK君は博多湾某所に赴き、最初の1時間はボウズを覚悟しながらも、なんとか魚を釣ったみたいです。

K君がH君の竿を借りて、釣り上げたのがこちらの28センチのアラカブ

その後H君が45センチのチヌを釣ったそうです。

H君は精力的にアチコチのポイントで竿を出し長浜界隈はチーバス乱舞で、それ以外が釣れないとのこと。

須崎埠頭も、あるポイントでアラカブやメバルが釣れることを確認したようです。

本来であれば、昨日K君とH君が竿を出したポイントに行くつもりでしたが、天気予報では「くもり」でも雨が降りそうなので、昨日と同じ東浜の砂山に行くこととしました。

私なりの釣り人としての勘です。

スポンサードリンク



東浜では週末らしくルアーマンが濁った海水にもかかわらずルアーを投げていました!

東浜の西側を除きますと、凄く海水が濁っています。

まさに泥水と云った状態です。

こんなに海水が濁るほど雨が降った??などと思ってしまいました。

ルアーマンが数名ルアーを投げていました。

こんな泥水みたいな海水では、どのようなルアーをチョイスするのかがイマイチ私にはよくわかりません。

パールホワイトだとか、イエローの目立つ配色でないとシーバスにアピールできないのでは?などと思ったりもしました。

砂山に移動しました。

船が一隻しかいません。

しかも昨日とは違う船です。

風が非常に強く、海水は泥水の様に濁り、多少のうねりすら見られます。

船で風裏になっている場所付近で仕掛けを作り、竿を出すことにしました。

スポンサードリンク



うねりと風のために仕掛けのコントロールが難しい!

今日も風が強いので、アジングロッドにヘチリールです。

すぐに釣れたのがキビレの2歳魚。

こんなに小さいくせに丸セイゴの12号を飲み込んでいて、おおじょうしましたバイ!

それから2歳のキビレが入れ食い状態!!(涙)

エサ盗りとしか思えない2歳のキビレが入れ食いでも、全く嬉しくありません。

そうしていると、少しマシなアタリがありました。

手の平+尻尾サイズのメイタです。

こんなに波がうねっている時にもいるのはさすがメイタ~チヌです。

スポンサードリンク



釣りバカの勘通り6時半ぐらいに大雨が降り始めました!

キビレとメイタが釣れている中、昨日もお会いした顔見知りの常連さんもやってきました。

少し深いタナを探ると釣れたのがこちら。

そうこうしていると、大粒の雨が降り始めて、竿を置いて、クルマの中に逃げ込みました。

分かりにくいのですが、かなりの雨が降っています。

10分ぐらいで雨が止みましたが、その後が良くありません。

かろうじて釣れるのがやはりキビレの2歳魚。

雨が止んで、入れ代わり立ち代わり4台ぐらいのクルマが来て、竿を出してはすぐにいなくなりました。

7時過ぎには常連さんもいなくなり、釣り場には私しかいませんでした。

結局、粘ってもキビレしか釣れないと判断して、約8時に納竿しました。

でも天気予報をアテにせずに、雨が降るであろうことを予想して東浜の砂山で竿を出したのは正解でした。

竿先を絞り込むような魚は釣れませんでしたが、竿を出してボウズでなかっただけでも幸いでした。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.