博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物 食べもの

後輩からいただいた春の博多湾の風物詩たる味覚に舌鼓

投稿日:

朝の6時半ぐらいに元の勤務先の後輩のG君からLINEで嬉しい画像が送られてきました。

能古島で、ナイスサイズの春の風物詩のタケノコメバルを釣ったみたいです。

スポンサードリンク



G君が能古島で釣ったタケノコメバルは何と35センチ!

G君がLINEで6時半ぐらいに画像を送ってくるということは、いったい何時から能古島に渡って釣っているのかと、苦笑いしてしまいました。

私も随分昔はこのようなことばかりしていましたが、さすがにこの歳になりますと、朝の6時半に能古島で釣れた魚の画像をLINEで送るようなシチュエーションは考えたくありません。(笑)

G君が釣ったタケノコメバルは、私の博多湾レコードよりも1センチ大きい35センチ

さすがに、画像を見る限りはずっしりとした重量感のあるタケノコメバルですが、私が気になったのは後ろの背景です。

少なくとも私が良くいく東波止ではありません。

すぐにG君に尋ねますと、キャンプ場のところで釣れたようです。

エステルラインの0.3号を巻いたリールのタックルで、ジグヘッドにアオムシを付けた仕掛けでボトム付近で、ガツン!!とアタってきて、スプールからラインを出しては巻きの動作を繰り返しながら、スリリングなやり取りをしたそうです。

30センチを超えるタケノコメバルはなかなかのファイターで、専門に狙うんでしたらハリスは3号ぐらいでもガンガン食ってくるのですが、まさかの細仕掛けにこのサイズのタケノコメバルが掛かると、難易度がグンとUPします。

昼からG君は室見川に潮干狩りに行ったようでした

能古島で記録サイズのタケノコメバルを釣ったG君は、帰宅後になんと室見川に行って春の風物詩である潮干狩りをしたみたいなのです。

G君は、相変わらず元気がいいです!

また、アサリの量が半端ではありません。

もはや、アサリ取り職人の域に達したかのように毎回凄い量のアサリを掘ってきます。

今回は8キロ。

で、G君に連絡を取って長浜で待ち合わせをして室見川で獲れたアサリを貰う約束をしたんです。

ところが、長浜まで行けなくなって室見のアサリを網羅うことが出来なくなってしまいました。

スポンサードリンク



姪浜から私の自宅まで室見川のアサリを届けてくれたG君に感謝・感激

私の私用で長浜まで行けなくなったことをG君に伝えました。

するとその30分後ぐらいに、姪浜からわざわざバイクで私の自宅まで、今日室見川で獲れたばかりのアサリを届けに来てくれたG君からの連絡がありました。

暫くG君と立ち話をして、そのご自宅に持って帰ったかなり多いアサリに妻はビックリ仰天。

大きな鍋を他の料理に使っているので、フライパンと鍋に分けて潮向きをするようです。

画像を見る限りは、料理をしたかのようにも見えなくはありませんが、これから潮抜きをするところの画像です。^^;

妻が速攻で作ってくれた室見川で獲れたアサリの酒蒸し

妻は何と5分足らずで一部のアサリの塩抜きをして、更に速攻でアサリの酒蒸しを少し作ってくれました。

ほんの少しというところがミソです。

たったのこれだけ!!??というのがまた食べたくなるんです。

今年は、メバルやアイナメの刺身やお煮つけも食べれましたし、室見川のアサリも食べれました。

博多湾の春の風物詩の味覚を堪能することが出来ているのでは?とも思います。

ワザワザ自宅まで室見川での採れたてのアサリを持ってきてくれたG君に家族ぐるみで感謝している次第です。

これもそれも、博多湾が近くにあるおかげです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物, 食べもの
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.