博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

強風と寒さの中、散歩がてらの箱崎バナナでの竿出し

投稿日:

昨日は、新たな布袋竹のグリップの竿を購入するともに、仕舞寸法が50センチほどの振り出し式の竿の仕掛けを作り直しました。

ハリは渓流張りの9号に、ガン玉6Bよりもやや大きなウォーターグレムリンをかなり離れたところに付けています。

自分でもなんでこんな間抜けなところにシンカーを打ったのか、理由がよく分かっていないのです。

ボケの始まりですかね~?(笑)

オモリとハリは近いほどアタリがとりやすくなりますが、メバルやセイゴを釣るのにハリにガン玉を打ったりはしません。

ハリから2センチ上ぐらいが適当です。

ハリは勝手知ったる金袖の9号と交換。

金袖の8号ですと、ハリスを1号ぐらいにしないと、すっぽ抜けます。

ここ数年の私は、細いハリスを極力使わないようにしていますので、この先袖型の8号を使うこともあまりないとは思います。

ところで、クローゼット内の釣り具を整理していたら、お気に入りの両軸リールが3つ出てきました。

ボケは最近始まったのではなく、かなり以前から進行していたのかも?(笑)

スポンサードリンク



夕方エサを買ってバナナに向かった博多の釣りバカ

布袋竹のグリップの竿を買った時間は、夕方雨で行けるかどうかわからなかったので、あえてエサのアオムシを買いませんでした。

で、5時前に再度キャスティングでアオムシを購入してバナナに直行。

妻に「猫に会いに行く!」と云いますと、イリコを袋に入れてもらって手渡されました。

バナナに着きますと、ブチ助と真っ黒な猫は不在で、小さなキジトラと鼻が黒いブチ助のブラザーがいました。

鼻が黒いブチ助のブラザーは、鳴きまくっておねだりしますが、手を差し出しますと、「シャー!」と威嚇します。

エサをやって、威嚇されたら、いい気はしませんが、猫だから仕方ありません。

ニューフェイスのキジトラの子猫は、いつも魚を他の猫たちに横取りされるので、優先的にイリコをあげました。

あっという間にイリコはなくなり、風が強いだけでなく、船がぎっしり止まっているバナナでは竿を出さずに移動しました。

スポンサードリンク



ポートオブハカタでは辺りは皆無!

ポートオブハカタの入り口にはシーバス狙いのルアーマンがいまして、少し釣り談義。

ボトムを探って、アイナメでも釣れないかな~?などという願望とは裏腹に、ハゼのアタリすらない有様。

これが、この時期の博多湾の湾奥の非常なまでの実態です。

何もいない!

これが真実の事実です。

こんなところで竿を出すのは、孫氏の兵法ではありませんが、「戦わずして、すでに完敗!」です。

スポンサードリンク



結局箱崎バナナで竿出し

東洋水産の前の護岸つまり、旧はやと丸岸壁にも、釣り人はほとんどいませんでした。

ルアーマンがルアーを投げてはリールのハンドルを巻いていますが、風も強く、波がうねっています。

再び箱崎バナナに戻りました。

貨物船がズラリと停泊していて、竿を出すポイントがないのです。

空いているのはこのスペース。

そうこうしていると、先ほどいなかったブチ助と黒猫が登場。

ですが、北西の風が強く海はうねっています。

最低付近でアタリがあって釣れたのがこちら。

もう1匹は、やはり海底付近で釣れた小さなメバル。

それ以降はアタリすらないのです。

スポンサードリンク



箱崎バナナでアナゴ釣りをしている方との談話

私がヘチ・落とし込み釣りでメバルやセイゴを狙っているときに、投げ竿を2本出してアナゴを狙っている方がいました。

お湯を沸かして、カップ麺を美味しそうに召し上がっていました。

そうしているうちに、お目当てのアナゴが釣れました。

アナゴのてんぷらやお煮つけを職場に持って行くと、喜んでくれるとのこと。

こんな寒くて他の魚がドン引きな活性のときにも、ハリに掛かるアナゴに少し驚きました。

料理云々も含めて、寒い時期の夜釣りの車横付けのアナゴ釣りもアリだと思いました。

改めて、いろいろな釣り人がいることに気づきました。

冬に釣りモノがいない!という前に、脂が乗ったアナゴを釣って、てんぷらやお煮つけにした方が楽しそうです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.