博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

小雨が降る中、長浜界隈のキビレやシーバスを狙ってみた!

投稿日:

昼過ぎにK君から連絡があり、今日は小潮で夕方の5時半ぐらいが満潮なので、上げ潮狙いで須崎の長浜市場の対岸で竿を出すとのことで、私も一緒に竿を出すこととしました。

ご存知な方も多いと思いますが、ここは夜のウキ釣りでのシーバスの特級ポイントです。

ルアーマンも多い場所です。

私も40代の頃に、毎年GWぐらいの時期に通った釣り場で、最近ここではウキ釣りをしなくなりました。

というより、ウキ釣りそのものをしなくなりました。

過日K君が45センチのキビレを掛けたのはこの先の船が停泊して、トラックがかなりの数止まっている場所付近だったとのこと。

私は、この辺りの場所でヘチを探ったのは随分昔のことで、モエビをエサにしてデカいナルトビエイをかけてタモで掬いあげて、ナルトビエイをマジマジと初めて見た釣り場でもあるのです。

シーバスは何度も釣りましたが、それ以外の魚が釣れた記憶はあまりない釣り場です。

スポンサードリンク



明るいうちに珍しくアオムシでセイゴがハリに掛かった!

先行するK君は岩ガニをエサにしての基本チヌ狙い。

私はいつも通りアオムシをエサにしての基本メバルなどのロックフィッシュ狙い。

丁度満潮の頃にアオムシをエサにして海底から仕掛けをしゃくりあげていた時にガツン!というアタリがあり、すかさずアワセを入れますと、明らかにセイゴと分かる引き具合。

ニッシンの細めの落とし込み用のロッドをかなりひん曲げてアチコチに泳ぎ回る姿が、まだ明るいのでよく見えます。

35センチぐらいのサイズのセイゴですが、面倒くさがってミチイトを持ってブリ上げようとしてバラすと、幸先が悪いのでタモで掬いました。

しかしアタリは私が釣ったセイゴのみで、私にもこのセイゴ以外のアタリは全くなく、K君もアタリがないまま二人で暗くなるのを待つこととしていると、久留米在住のH君も登場して、釣りの近況報告などなど。

H君が長浜のネコちゃんポイントに行ったことがないというので、薄暗くなり始めて3人でネコちゃんポイントに向かうこととしました。

スポンサードリンク



ネコちゃんポイントでK君がいきなり35センチぐらいのキビレを釣り上げました!

ネコちゃんポイントに着くや否や例の好奇心旺盛なネコが挨拶がてら顔を見せてくれました。

このブログのヘッダー画像のクルマの前輪からチョコンと顔を出している写真はこのネコが子猫の時のモノです。

相変らずアチコチにネコがいます。

ネコちゃんポイントに着くや否や、K君がここの鉄板ポイントにカニを付けたハリを落とし込むと、浅いタナでガツン!とアタリがあったそうです。

海面に浮いてきたのはセイゴではない魚です。

タモ入れまで自分一人でスムースにできて一人前です。

K君がタモ入れして掬い上げたのがこちらのキビレ。

35センチぐらいでしたが、キビレらしい引き具合で竿を絞り込んでいる様を傍を見ることが出来ました。

ところが、ここもまたK君が1枚のキビレを掛けただけで、その後3人ともアタリは皆無。

セイゴも、タケノコメバルも、メバルも全くアタリがないので、場所をパレスベイ付近に移動することにしました。

私はここで20センチオーバーのメバルが2~3匹釣れれば!!と思っていたので、アテが外れてしまいました。

スポンサードリンク



パレスベイ付近で3匹のセイゴが釣れました!

パレスベイ付近にクルマを止めると、3人ともバラバラの場所で竿出し。

私はパレスベイの裏側の白く短いガードレールがあるポイントで、エサのアオムシのついたハリを底まで沈めますと、竿先にアタリがあり、慎重にアワセを入れるとかなり引く魚がハリに掛かりました。

しかし、引き具合からチヌやキビレではなく、またしてもセイゴであることが分かりましたし、サイズもたいしたことがない魚であることも分かりました。

30センチぐらいのセイゴでもベタ底で掛かると、それなりの引きをすることに驚きました。

少し場所を替えたときにK君と合流し、時折セイゴらしいアタリがあるのですが、垂らしが長いせいか、アオムシを半分ぐらい食っては逃げるんです。

何度かアワセ損なっているうちにハリに掛かったのがこちらです。

タモで掬うほどのサイズではありませんが、ハリスを全くチェックしていませんので、とりあえずタモで掬いました。

暗闇の中ではタモの柄に付けた折りたたみ式のジョイントをスムーズに操作しづらいのです。

これも練習とばかり、タモの柄を起こしてセイゴを掬いました。

更に歩き進みますとまたしてもセイゴのアタリがあり、今回はいきなりエサを食っている感じのアタリです。

断続的にヘタクソにエサを突く例のアタリではありません。

すかさずアワセを入れますとまたしても同じぐらいのサイズのセイゴ。

丁度近くにH君もいましたし、8時半ぐらいになったので私は納竿としましたが、K君とH君はまだ釣り場に残っていました。

マリンメッセ横の広場や東浜の砂山では全くアタリすらなかったことを考えますと、30センチ~35センチぐらいのセイゴ4匹ですが、釣れないよりはマシと云ったところです。

あと1~2週間ぐらいすると、大型のシーバスが廻ってくるような感じがします。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.