博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

夏メバルを狙って完膚なきまで撃沈した博多の釣りバカ

投稿日:

博多湾の湾奥では、夏の7~8月に25センチを超える夏メバルが釣れるポイントがいくつかあります。

その一つが東浜の砂山ポイント。

昨年も丁度今の時期に東浜で25センチオーバーのメバルをゲットしています。

「博多湾の湾奥でヘチ・落とし込み釣りで尺メバルを釣る」というのが十数年来の私の目標ですが、いまだに達成されていません。

実は私が博多湾の湾奥で釣ったこれまでの最大のメバルは27・5センチ。

このメバルは、箱崎漁港の中で釣ったメバルですが、こちらもかなり暖かい時期に釣った記憶があります。

春告魚と云われるメバルですが、釣りモノが少ない冬場から春先の貴重なターゲットみたいな存在ですが、実は通年釣れる魚でもあるのです。

私のイメージでは、チヌの年なしが釣れる7~8月は、大型の夏メバルが釣れる時期でもあると思っています。

スポンサードリンク



大型の夏メバルを求めて東浜の砂山で竿を出してみた博多の釣りバカ

夕方の6時半過ぎにキャステンングで太目おアオムシを購入して、東浜に向かいました。

サーチライトが照らすコーナーのポイントには船が停泊しており、その先に何組かの釣り人が竿を出しています。

今日は下り中潮の二日目で、18時38分がド干潮です。

勝手知ったるピンポイントで竿を出し続けましたが、ド干潮近辺だからなのか、まるでアタリすらありません。

去年も今の時期のド干潮からの切り返しで、恐ろしいほどアタリがないのを経験したことが蘇りました。

夕マズメに上げ潮の8分ぐらいが理想的ですが、さすがに潮に合わせて仕事を休むわけにはいきません。

いかなる条件をも甘受せざるを得ないのが、夕方から家を出る安近短釣り師の宿命です。

50メートルぐらい探ってアタリすらないので場所を移動することとしました。

こういう潮回りの時は、場所を移動してもロクなことがないことは、過去の経験則からある程度覚悟はしています。

スポンサードリンク



中央埠頭で竿を出してみました!

東浜でダメなときは、中央埠頭の御笠川沿いに移動するのが私の中では距離的にも鉄板コースです。

すっかり暗い中、博多タワーが見れる位置で竿を出しました。

1ヒロ~3ピロをジグザクに攻めながら移動しますが、これまたまったくアタリがありません。

いてもおかしくないチヌやキビレはもちろんのこと、シーバスやアラカブやメバル、タケノコメバルなども、一切姿を現しません。

ヘッドライトで海面を照らすと、ウキているのはゴミとクラゲぐらいです。

恐ろしいことに、ボラやシーバスすら跳ねていない、それはそれは静かな海なんです。

自転車に乗ってきている3人のルアーマンがおられ、話をしますと、まるっきりアタリすらないとのこと。

ヘチでアオムシをエサにして探ってもアタリすらないのですから、さもあらん!と納得。

中央埠頭も諦めました。

スポンサードリンク



箱崎バナナもアタリすらなかった!

箱崎バナナのサーチライトが照らすポイントに行くこととしました。

ルアーマンが3人おられ、自転車に乗ってきた2人のベトナム人が地面に座って酒盛りをしていました。

メバルの鉄板ポイントを探りますが、アタリがありません。

いつもいる野良猫たちが姿を消している中、足を怪我したトラキチがいました。

潮井浜橋近くのポイントにもルアーマンがいますが、眺めていても釣れている気配がありません。

夕方にド干潮が来るような潮回りは、真夏では敬遠したほうが良さそうです。

昨年や一昨年も、昼間に長浜でカニエサでチヌやシーバスが釣れているとの情報を聞いて、夕方から出かけてアタリすらないという経験を幾度かしました。

この時期は、昼間でも満ち込みにがあります。

クロダイやシーバスをカラス貝やカニエサで仕留めたい方は、午前中に釣り場で竿を出すことを心がけてください。

夜釣り・半夜釣りがいつも良いわけではありません。

とんだ夏メバル狙いになってしまいました。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.