博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

在宅勤務疲れで須崎埠頭で夕方からの単独釣行のメバル狙い

投稿日:

不要不急の自粛ということで、近くのスーパーやドラッグストアーに食品や生活用品を買いに行く以外は極力外出をしないようにしています。

コンビニなんかも、1か月ぐらい行っていません。

勤務時間中はパソコンと睨めっこしていろいろな契約書を作成したり、臨時の株主総会議事録などを作成したりしたりしているので座りっぱなしが多く、1時間おきぐらいにベランダに出ては背伸びなんかをしています。

で、普段は夕方から近所をマスクをして散歩しているのですが、「目的もない散歩」なんて言うのも疲れるだけです。

それに、きょそきょそ、きょろきょろしていると、変質者あるいは不審な爺さんに間違われる恐れがあります。^^;

土曜日に買った香椎のポイントで買ったアオムシが余っていることもあり、風も穏やかなので夕方から須崎埠頭でメバルでも狙ってみようとまずは須崎埠頭の西側に向かいました。

夕方の6時半ぐらいですが、旧3号線のクルマの数は心なしか少ないのですが、マリンメッセからトンネルをくぐって須崎埠頭に抜ける道は相変わらずの渋滞です。

須崎埠頭の西側に行ってみますと、かなりの強風ですし、排水溝回りが「立ち入り禁止」になっています。

車から降りると、冷たい風がかなり強いですし、波がかなり高いのでここでの竿出しはパスしました。

スポンサードリンク



強風のために風裏の須崎埠頭の東側で竿出し

西側のほうがメバルやセイゴを狙うには良いのですが、白波が砕けるような状態ではアタリがあるとは思えません。

すぐに東側の排水溝回りの角地周辺部に向かいました。

例年ここはメバルやセイゴ、タケノコメバルがソコソコ付く場所ですので、丁度満ち込みですし、何か釣れるだろうと竿を出してみました。

角からそれぞれ15メートルぐらいのゾーンは何かが当たるはずですが、アタリすらありません。(驚!!)

仕方なく、那珂川の河口があるところまで探りながら行きますと、途中海底でアタリがあり、なかなかの引きをして釣れたのはこちらの25センチぐらいのタケノコメバルでした。

更に釣り進めて行きますと、またしても同じくらいのサイズのタケノコメバル。

河口のところにはチャリでやってきた青年のルアーマンがいて、「こんばんわ~!」と挨拶をしても完全にシカトされました。

・・・・・・・・・・!!??

人と話すと感染するとでも思っているのかも??と思いつつその場を探り、角地まで戻りました。

スポンサードリンク



須崎の鉄板ポイントでも全くアタリなし!

角地に戻った私は今度は立ち入り禁止の柵がある排水溝がある側を探りながら、その場所に向かいました。

こちらの側もまるっきりアタリなしです。

須崎埠頭の鉄板ポイントの一つである排水溝回りを探りましたが、ここもまるっきりアタリなし。(驚!!)

いつもの看板の位置が変わっています。

この場所でアタリがないということはあり得ないぐらい魚が付くポイントなのですが、キツネにつままれたような感じがしながらも場所を移動することとしました。

スポンサードリンク



東浜の船だまりもイマイチでした!

7時半ぐらいなので久しぶりに東浜の船だまりでメバルを狙ってみることとしました。

潮位が高く時間的にはグッドタイミングでしたが、メバルがいる場所で竿を出しても、全くアタリがありません。

探り続けると強烈に竿を曲げる引きがあり、アワセを入れると壁伝いに逃げてロープにからんで動かなくなってしまいました。

暫く待ってからミチイトを直接持って手繰り上げると、またしてもタケノコメバルでした。

メバルがいないのか?と思いつつ、ヘチから少し離れた場所にエサの付いたハリを入れると、やっとメバルが釣れました。

ですがメバルはこれ1匹のみで、ヘチから離れた場所に竿を出しているにもかかわらず釣れたのがこちら。

タケノコメバルがヘチから離れた中層で釣れる?と思いつつ、仕掛けが何かに絡んで切れたところで納竿としました。

タケノコメバル4匹とメバル1匹。(涙!)

使ったアオムシは1匹と半分。

またしてもエサが減りませんでしたので、持って帰ることにしました。

帰り支度をしていると、先ほど那珂川沿いで挨拶したのに返事もしなかった青年が、チャリンコに乗って私の方に向かってきました。

自転車の前のカゴにはビニールに入った魚が暴れています。

青年が、「50センチのシーバス、要らないか?」などと尋ねてきたのですが、イントネーションから察するにどうやら中国人の青年みたいです。

私が、「すまんけど、いらんバイ!」と云うと、「そうか!!」と元気よくチャリンコを漕いで暗闇に消えて行きました。

4月も後半になろうかとしているのにうすら寒くて、どこのポイントも、まだ魚が少ないようです。

この時期はメバルがガンガン釣れて、それにタケノコメバルやセイゴやたまにアラカブがもっと釣れてもいいんですけど・・、魚が少ないようです。

多々良川の河口ではセイゴやキビレが釣れているみたいですけど・・・。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.