博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

博多湾奥拾い釣りとルアーマンたちのあまり気にならない噂などなど

投稿日:

5月14日の土曜日はすっきりと晴れましたので、夕方ゆめタウン博多にいる知人に会いに行ってから、長浜界隈の釣り場に向かうこととしました。

風もなく穏やか天気で、波一つありません。

潮位はいい感じなのですが、こんなに穏やかですと、チヌやシーバスは活性が下がる状況です。

とりあえず岩ガニをエサにして、勝手知ったるポイントに落とし込んでいきましたが、まるで無反応。

15分ぐらいでカニエサを使うのをやめてアオムシのエサに替えました。

すると、中層で仕掛けが止まり竿先が曲がっているので、一呼吸遅れてアワセを入れますと、小さい魚がハリ掛かりしています。

プリプリとした今年の博多湾のレギュラーサイスの小メバルです。

アオムシをエサに2メートル間隔ぐらいで、ストレートに伸びた護岸を探りましたが、今日はまるでアタリもありません。

いつもの場所で、いつものご夫婦が、竿をたくさん出してシーバスを狙う準備をされています。

微笑ましいいほどに夫婦仲が良くて、羨ましい限りです。

スポンサードリンク



長浜を諦めて須崎埠頭に向かった博多の釣りバカ

結局長浜界隈で釣れたのは、アオムシをエサにした小メバル1匹のみ。

釣り場を須崎埠頭の西側に移すこととしました。

フェリー対州の周りを探っていますと、潮の変化のある場所の浅いタナで、竿先にアタリが出ました。

たいした引きではないのですが、小メバルよりはいい引きをする魚が釣れました。

33センチぐらいのシーバスです。

ハリの掛かり具合が良く、上あごに綺麗に掛かっていたので、外すのも簡単で撮影後にすぐリリース。

その後フェリー対州付近の私が進んでいる方向にクーラーBOXとコンパクトロッドとタモを抱えた私よりも年配の釣り人が登場し、仕掛を作っていました。

釣った魚を持って帰るつもりみたいですので、私はこの場所を諦めて、浜の町病院裏のポイントに向かいました。

ところが、街灯があるどん詰まり付近には5人ぐらいのルアーマンがいて、私がヘチを探るようなスペースはありません。

ルアーマンの一人の方に「どうですか?」と尋ねますと、「今年はイマイチです」との返事。

なんでも博多沖防の赤灯台近くに、昨年11月末に衝突したパナマ船籍のレディー・ローズマリー号から流出したオイルの影響で今年は、どの魚種もイマイチ釣れていないとの噂が拡散しているとのこと。

私のような凡夫には、流出して大部分は回収されたオイルの影響なのかどうかの因果関係など調べようもありません。

結局須崎埠頭でも竿をまともに出せずに次は中央埠頭に向かいました。

スポンサードリンク



中央埠頭で拾い釣りをした博多の釣りバカ

中央埠頭に向かいますと、すでに6人のルアーマンがたむろして釣りをされていました。

ルアーマンがいるところを避けて、ヘチを探りますとすぐに釣れたのがこちら。

レギュラーサイズの小メバルです。

こちらも須崎で釣れたのと同じぐらいの33センチぐらいのセイゴ。

その後、次々に小メバルと28センチから33センチぐらいのセイゴが釣れて、小メバルは10匹ぐらい、セイゴは6匹ほど釣り上げたところで9時になり納竿とすることとしました。

スポンサードリンク



紋甲イカを掬ったのは良かったのですが・・・・・

クルマに戻ろうとしていますと、女性にロッドを持たせて、タモを車からとってきた男性がタモを伸ばしている場所に当たりました。

ところが、タモを伸ばしたら、タモの先端部分が外れて掬えなくて困っているので、私が背中に掛けているタモを伸ばして紋甲イカを掬ったまでは良かったのです。

ご夫婦みたいで、そろってありがとうございますとお辞儀をさてていましたが、それからが大変。

エギが私のタモのアミに絡まって、ご主人が10分経っても20分経っても外しきれずに困惑しているため、私の方から、「エギを私が処分してもよろしければ、明日の昼間に私が外しますので、リーダーを切ってもらってよろしいですか?」と提案。

快諾していただきました。

ご夫婦は宗像から天神に食事に来られて、帰り道に中央埠頭でエギングしたら、いきなり紋甲イカが釣れたといわれていました。

タモに絡まったエギを外していると、途中何度か紋甲イカが墨を吐いていました。

15日の日曜日にクルマからエギが掛かったままのタモをベランダに上げて、ぐちゃぐちゃに絡まっているエギを折ってからたも網から外すことができました。

暗闇の中、道具もなくタモのアミに絡まったエギを外すのがこれほど困難だとは思ってもみませんでした。

エギは無傷で外したかったのですが、カンナの部分を折らねばタモ網から外れなかったので、お約束通りこちらで処分させていただくこととします。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.