博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

博多では憲法記念日というよりもどんたくの初日の方が分かりやすい5月3日の竿出し

投稿日:

5月3日は、全国的には憲法記念日で祝日です。

でも、博多では、どんたくの初日と云った方が分かりやすいかもしれません。


「提供:福岡市」

しかも、今年は3年ぶりのコロナ禍でのどんたくということもあり、博多どんたくパレードには14000人が歌や踊りを披露したそうです。

また、「どんたくには雨が降る」とのジンクスも今年はハズレみたいで、3日、4日ともに晴れみたいでよかったです。

スポンサードリンク



残念ながらGWの時の半夜釣りは潮がよろしくありません!

5月3日の博多湾の夕方の潮は、下り中潮で干潮が17時11分で、満潮が23時36分。

18時半ぐらいに前回の残りのアオムシを持って自宅を出ました。

日が長くなり、夕方の7時前でもこの明るさです。

確かに太陽は沈みつつある時間帯です。

東浜の船溜まり入り口の逆L字型の波止を見る限り、18時30分ぐらいがド干潮みたいな感じです。

博多湾の潮見表で注意しないといけないのが、場所によってズレがあること。

箱崎埠頭と姪浜漁港では明らかに違うということです。

ド干潮からの上げ潮で、私の経験上この潮に乗ってシーバスが漁港内に入ってきますので、このタイミングでモエビをエサにしたウキ釣りだと、シーバスが釣れるような気がしました。

スポンサードリンク



東浜の砂山ポイントは激渋でした!

東浜の砂山ポイントに行きますと、違う船、違う砂山のレイアウトでした。

埠頭先端の2隻の船の係留の仕方が違うのか、これまでにないボラードへのロープの張り方です。

前回使ったタックルで、仕掛はハリスを10センチぐらい切って針を結びなおしました。

前回34センチのメイタが釣れてハリから5センチぐらいのハリスがザラザラとして劣化しているためです。

丁度19時ぐらいのまだ少し明るい時間帯に、仕掛を海底まで少しづつ落とし込んでいると、かなり深いタナでアタリがあり、アワセを入れるとそれなりに引く魚が掛かりました。

20センチぐらいのアラカブです。

この場所でアラカブが釣れるときは、潮が効いて魚の活性が良いと思っていましたが、今日はまるで違いました。

いつものピンポイントを探つても、メバルがまるでアタリません。

しばらくして釣れたのがこちら。

18センチぐらいのちっせ~タケノコメバルです。

にしても、今日はメバルがさっぱり釣れません。

というか、全般的にアタリがほとんどありません。

同じポイントでも、このような時もたまにあります。

と、思いきや海面から2人ぐらいでかなりトルクフルなアタリがあり、竿を立てて応戦しましたが、魚に穴の中に入られてしまいました。

こういうケースでは、ミチイトのテンションをなくして、しばらく時間をおいてから一気に勝負するのが常套手段ですが、今日は上手くいきませんでした。

ケミカルライトのすぐ下の部分から仕掛けが飛ばされました。

おそらく30センチ前後のアラカブかタケノコメバルではないかと思います。

この場所では、たまに尺アラカブも釣れますから。

スポンサードリンク



箱崎バナナを覗いてみた!

場所を少し移動して探りますと、やっとメバルのアタリがありました。

今日は全般的にメバルのご機嫌が良くないみたいです。

こういう時があるのです。

その後何匹かメバルを追加して、8時過ぎに納竿。

かなり激渋のアタリの日でしたが、こんな日もチョクチョクあります。

少し早いので、箱崎バナナに行きました。

さすがにGWの夜とあってか、10台以上の車が止まっていて、中にはオールナイトで釣りをしそうな方もいました。

一人でかなりの竿を出して、シーバスを狙っている方もいました。

ウキ釣りや置き竿にシーバスが掛かると良いな~!と思いつつ、箱崎バナナから自宅に向かいました。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.