博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

初秋の10目釣りのエサ盗りは20~30センチちょいのクロでした!

投稿日:

9月13日の日曜日。

金曜日と土曜日が天気が悪かったのがウソのようにきれいな晴れ間が見えました。

昨日購入したアオムシの残りを持って釣り場に向かいました。

途中箱崎ふ頭のビートル発着場がある護岸では、ところどころにいろいろなスタイルの釣りをしている方がおられました。

投げ釣りをしている方、ウキ釣りをしている方、ルアーを投げてはリールを巻いている方・・・がおられましたが、私が見ている間に魚が釣れている様子はありませんでした。

東洋水産前の護岸(旧はやと丸岸壁)も天気が良いので、たくさんの釣り人が竿を出していました。

アベックや、ご夫婦と思しき男女のカップルが多いことに驚かされました。

日曜日とあって、お子さんたちとファミリーフィッシングを楽しんでいる方々もたくさんおられました。

ここもまた、私が見ている間は魚が釣れている様子はありませんでした。

サビキ釣りでもアジゴが釣れていないのか?などと思いつつ、私が竿を出す釣り場に向かいました。

スポンサードリンク



待ち合わせをしていないにも関わらず3人で竿を出すこととなった!

釣り場に向かいますと、車を止める場所に見慣れた久留米ナンバーのクルマがありました。

H君が来ているようです。(笑)

仕掛けを作っていますと、K君から電話があり、釣り場に向かっているとのこと。(笑)

私は釣りに関しては、気が向いたときに気が向いた場所に、なるべく約束をしないで行くことを心がけています。

「好きな時に行って、好きな時に勝手に帰る」と云うのが私の中でのルールです。

なので、こうしてH君やK君が待ち合わせをしたわけでもないのに、いつとなくどこからともなく現れるというパターンが好きなのです。

明るいうちはチイチイフグが多いために、限られた餌を温存しておくために、なるべく竿を出さないようにしようとは思っても、海を見れば竿を出したくなるのが釣り人の性と云うものです。

チイチイフグをかわすべく、浅いタナをテクトロするといきなり竿先にガツン!としたアタリがありました。

明るいうちから釣れたのは26センチのクロ

アジングロッドをグイグイと曲げてくれます。

スポンサードリンク



20センチから30センチちょいのクロがエサ盗りと化した!

H君が肌寒いからと車に洋服を取りに行き、K君と一緒に戻って来るまでに、私は既に5匹ぐらいのクロをバッカンに海水を汲んで入れていました。

3人で暗くなるのを待ちながら、竿を出しての釣り談義。

最初はかたまって竿を出していたのですが、そのうち各自距離を置いて竿を出し、バッカンに釣れた魚を入れるのも面倒になり、各自釣れた端から魚をリリースしているのが暗闇の中でも音で分かります。(笑)

周囲が暗くなってからもクロの活性が高く、浅いタナから海底付近までどこを探ってもイヤになるほどクロが釣れます。

尻尾まで入れると30センチを超えるようなサイズも掛かり、アジングロッドのタックルで釣る分は面白いのですが、ハリスをフロロの2・5号にして丸セイゴの12号で釣っているのですが、ハリを飲まれると外すのが大変。

おそらく、30センチをはるかに超えたサイズがいるのか、2・5号のハリスを瞬殺で切るやつもいます。

チイチイフグにハリを飲まれて針ごとなくなるよりはマシですが、クロばかりですと、マジでウンザリです。

しばらくして、クロが釣れないタナばかりを狙うようになり、クロ以外の魚も混じるようになりました。

K君がスミヤキと呼ぶシマイサキは、釣れるとグーグーと鳴きます。

海底付近を探ると怪しいアタリがあり、妙な軽さと引き具合に警戒して地面に落とすとやはりこの方。

明らかにクロやメイタやメバルアラカブのようなアタリと引き具合と違うので、要注意です。

ゴンズイの直後に釣れたのは、同じように嬉しくないこの方。

海底付近を探っていますと、キスやチャリコも混じりました。

H君が過日釣ったキスを塩焼きにしたらすごく好評だったとのことで、しばしキスを専門に狙っていました。

そうこうしているうちにK君は手のひら+尻尾のメイタを釣り上げました。

今日は若潮で満潮が19時30分ぐらいなので、30分ぐらい潮どまりの時はアタリが遠のきました。

スポンサードリンク



最後の最後まで退屈しない釣りが出来ました!

潮どまりの30分ぐらいは少しアタリが遠のいたものの、それ以外の時間はエサが付いた針を落とせば絶対にアタリがあるという高活性に恵まれました。

これは最初の30分ぐらいで3人で釣った魚を入れていたもので、各自それぞれがこれ以上は釣ってはリリースの繰り返しでした。

途中、24センチのメバルも釣れました。

今日のメインターゲットはアラカブだったのですが、K君が27センチを筆頭に3枚、私とH君は1枚ずつという結果でした。

クロがバカみたいに釣れるので、8時半前に私もK君もエサがなくなり、強制納竿。

終わってみれば、3人で5目釣りどころか、メイタ、クロ、チャリコ、キス、メバル、アラカブ、シマイサキ、ゴンズイ、フグ、セイゴの5目釣りならぬ10目釣り

クロを避けて他の魚を釣らねばならない釣りをしたのは初めてです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.