博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り

人生初チヌの場に居合わせるために釣具を持たずに釣り場に行った博多の釣りバカ

投稿日:

今日の昼過ぎにK君に電話をすると、中央埠頭の岩ガニが採れるポイントに寄った後で、長浜でカラス貝が採れるポイントに来ているとのこと。

 

何でも、明日の昼間にチヌと呼べる黒鯛を釣りたがっているY君と昼間に狙うエサの確保だという。

 

それから二人で、アーデモない・コーデモないという釣り談義を暫く致しました。

 

その結果、チヌと呼べる黒鯛を釣ったことがないY君にカニとカラス貝のエサを使わせるのはあまりに難易度が高いのでは?という意見にK君も賛同してくれました。

 

なので、つい最近40センチぐらいのチヌを4尾釣ったアイランドシティの防波堤で、夜にアオムシのエサで狙うようにY君にLINEで薦めたのです。

 

Y君も快く快諾してくれた旨がLINEに届きました。

 

とは言ったものの、私が釣るより、初めての方にアイランドシティの防波堤なら今日は良さそうと言った手前、何としてもY君にチヌを釣らせるために、今日はエサも持たずにアイランドシティの防波堤に向かうこととしました。

「チヌが釣れる保証」などどこにもないのですが、過日私がコンテナエリアでチヌを4枚釣った日に、入れ違いで私が定年退職した職場の後輩G君が真夜中の12時ぐらいに竿を出して、36センチのチヌ41センチのセイゴを釣っていることも何となくですが、勘案したのです。

G君もド干潮ぐらいで、立て続けに釣れたのには少し驚いていた様子。

 

私はコンテナエリアで釣りましたが、下げ潮でもいつもの防波堤で可能性はあるとふんだのです。

 

スポンサードリンク



寄り道したマルちゃんで有名な東洋水産の前の波止は釣り人がたくさん!

アイランドシティに行くときは、様子見がてらこの旧はやと丸岸壁を通ることが多いのです。

 

クルマが止めやすいのと、釣りやすことが加味して、土日祝日は通年だれかが竿を出しているポイントでもあります。

 

多くの釣り人は、それぞれ狙うターゲットが違っているのも興味深いところです。

 

私は手前でアジングをしている方としばらく釣り談義をしました。

 

今年はサビキ釣りでもまだアジゴが本格的に釣れていない中、アジングでアジが釣れるのかどうかが気になったからです。

 

ですが、数は釣れていないものの、20センチぐらいの美味しそうなアジが釣れていました。

これぐらいの大きさのアジでも、刺身にすると、かなりい美味しいんです。

 

なかなか楽しそうに釣っておられました。

スポンサードリンク



K君とY君は既に竿を出していました!

アイランドシティの防波堤に到着すると、既にK君とY君は既に竿を出していました!

 

明るいうちは、どんなエサを付けてもチイチイフグの餌食になるのが分かってはいても竿を出したくなるのが釣り師の性というものです。

 

 

K君は既にアオムシをハリに刺して探っていました。

 

Y君はカニの形をした人工餌を使っていましたが、やはりチイチイフグに徐々にやられていました。^^;

 

雨が降って、うすら寒くて、海水温が下がっているためか、そばで見ている限りでは、食いがイマイチどころかイマサンぐらいに良くないみたいなのです。

 

腕利きのK君にもそれらしきアタリがなく、時間が刻々と過ぎるだけでした。

 

ついに人生初のチヌを釣り上げたY君のすぐそばで一部始終を凝視!!

防波堤の付け根付近も、真ん中のハシゴがあるところも、アタリが少ないようですし、フグもいますので、3人で突端を目指しましたが、ここもクロすら当たらない始末。

 

K君が小メバルを掛けたぐらいで、他にそれらしきアタリがないままなのです。

 

そんな中、1ヒロ半のタナを探っていたY君がやや深めのタナを探りますと、これまでにない引き具合。

 

すぐそばで一部始終を見ていますと、ハリに掛かっているのは紛れもなくチヌです。

 

それをY君自身がタモで掬って初めてのチヌ釣りが完成します。

どうにか掬えました。

私の自分の手のひらを使った測り方では、凡そ34センチ。

Y君も人生初のチヌに大喜び。

 

側で見ている私も、自分が釣る数倍嬉しい気分になれました。(笑)

 

私はこれまで、いろいろな方にチヌ釣りを有形無形の形で教えてまいりましたが、すぐそばで見たのは今回で2回目なんです。

 

30年近く前に、姪浜漁港でチヌを初めて釣った方も34センチだったと記憶しています。

 

私がカニをエサに東京湾で落とし込み釣りをして一番最初に釣ったチヌも34センチでした。

 

最初から40センチ台後半のチヌを釣る方もいるにはいますが、34センチぐらいがいろいろな意味で丁度良いサイズではないでしょうか?

 

今日、私は竿を出しませんでしたが、自分が釣った以上に楽しい体験をさしてもらいました。

 

と同時に、K君が釣ったメバルや昨年ちょくちょくお会いした小郡市のKさんからもメバルを頂きました。 ^^;

 

9時ぐらいに、まだまだこれからという釣り師たちとお別れして帰宅しました。

 

コンテナエリアでは、土曜日の夜の9時だと云うのに、まだクレーンも動いておりフォークリフトが走り回っていました。

それぞれの釣り人が狙っている獲物が釣れることを切望いたしました。

 

釣りは自分が釣らなくても、知り合いが釣って喜んでいるのを見るだけでもうれしくなれるのです。

 

今日は久しぶりに、ぐっすり寝れそうです。

 

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.