博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

中央埠頭で22センチのメバル2尾と40センチオーバーのシーバスが3匹釣れた!

投稿日:

天気が良い日の昼休みは、なるべく「お櫛田さん」まで散歩に行くことにしています。

パソコンと睨めっこで机に座りっぱなしで、色々な契約書などを作ったりしていると、明らかに運動不足になりがちですから。

向かう途中にも博多座のところにアジサイが咲いていますが、お櫛田さんの境内にもいろいろな種類のアジサイが咲いています。

どのアジサイも綺麗で、まさにアジサイづくしです。

ヤマメ釣りで有名な白糸の滝周辺の凄い数のアジサイも見事ですが、私は、アジサイはお櫛田さんの様に、アチコチに違う種類が点在したほうが情緒があると思います。

スポンサードリンク



晴れた日のお櫛田さんの境内は気持ち良い!

人それぞれでしょうが、お櫛田さんは、博多湾と並んで私にとって間違いなくパワースポットです。

境内を歩くだけで気が落ち着きます。

見慣れた風景ですが、なぜか気が落ち着きます。

もちろん、好きな狛犬がいるコチラから入り、コチラから出ます。

最近はここの八百屋で、妻からいろいろな買い物を頼まれます。

今回は、新玉ネギ、夏ミカン、キュウリ、ニンジン、ニンニクの茎、三つ葉、白菜の漬物・・などなど。

この八百屋にお遣いに行くのに、仕事で使っているTUMIのリュックではない、超安物のリュックを購入して背中に担いで事務所まで戻っています。

結構重くて大変です。

結婚して35年になりますが、妻はこんな重たいモノを買って部屋まで持ち込んでいたんだなぁ~と思うと、今更ながらに頭が下がります。

スポンサードリンク



日が長くなり8時ぐらいからしか釣れなくなりました。

相変らず真っ暗にならないと釣れませんが、夕方の7時半ぐらいでこの明るさです。

チップヤードや東浜の御笠川沿いに長く伸びた波止には、シーバスとタチウオ狙いのルアーマンがアチコチにいます。

潮は若潮で、満潮が18時43分ですから、既に下げ潮に入っています。

真っ暗になって1ヒロ半ぐらいで掛かった本日最初の魚がこちらのシーバス。

ジャスト40センチぐらいのシーバス
なかなかの引きでしたので、タモで掬ったら、全くたいしたことはありませんでした。^^;

暫くしてヘチから少し離れたところで釣れたのがこちらのメバル。

22センチぐらいですが、体高があり、丸々と分厚いメバルでした。

それからしばらくアタリが遠のき、近くにルアーマンが接近してきました。

スポンサードリンク



パワフルフッコとパワフルメバルが釣れた!

ヘチを探ってもアタリがないので中層前打ちをすると、明らかにシーバスらしいアタリがあり、穂先が硬いヘチ竿なので、わざと糸をたるませてシーバスが食べやすいように竿を送り込みました。

すると、次の瞬間・・竿先が海水の中に吸い込まれるようにまがいましたのでここでアワセを入れますと、魚が海底目がけて猛スピードで沈降します。

シーバスにあちがちな引き方で、ヘチリールから容赦なくラインが出る・・・出る。(笑)

9:1調子の超先調子のBJスナイパーが、竿の7分ぐらいから曲がっていますが、安心して魚の引きをかわせます。

滅多に使わないフィッシュグリップで口を挟みました。

ハリが良いところに掛かっていて、魚にダメージを与えないように外しました。

46センチですが、良く引くシーバスでした。

次に釣れたのは、先ほどと同じようにヘチから少し離れたところで竿先を吸い込むようなアタリかたをしました。

こちらは、先ほどのメバルと同じぐらいの22センチちょいぐらい。

9時を過ぎましたので、もう1匹釣ったら納竿するつもりで太めのアオムシをハリに刺して探っていますと、ラインがヘチリールに絡んで、糸の出方がおかしいのです。

巻けないこともないですが、何となくおかしい・・

ヘッドライトを付けてリールを見ますが、おかしくもなさそうで、何で糸の出し入れにこんなに抵抗があるとかいな?と竿を脇に挟んでリールをいじっていたら、いきなり竿がのされました。

・・・・・・・。

よりによって、こんな時にハリに掛かるか~!?と思うような掛かり方で、魚はすぐにエラ洗いしました。

とりあえず普段通りに竿を持ちますと、魚は海底目がけて逃げようとするのでリールが回転して糸がドンドン・・出ます。

リールが巻きづらい中、どうにかタモに入れました。

本日釣れたシーバスの中では一番デカい47センチ。

このシーバスを釣って納竿としました。

1時間半ぐらいでたった5匹しか釣れませんでしたが、22センチのメバル2匹と40センチ、46センチ、47センチのシーバス3匹。

なぜか小メバルやチーバスは、ハリに掛かりませんでした。

妻に「丸々太ったメバルが2匹釣れたよ~!」と電話をしたのですが、「捌きたくない!」と申しますので、水汲みバケツに活かしておいたメバルもリリースしました。

9:1の超先調子のBJスナイパーにも随分慣れてきました。

あとは年なしのチヌや70センチを超えるシーバスが掛かった時にどのようなレスポンスを見せてくれるのかが気になります。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.